現在ブラック企業に勤めていると感じている人のなかには、早くいま働いている企業をやめたいと思っている人もたくさんいるでしょう。また、すでに転職を検討しているが、なかなかうまくいかないという人もいますね。

今回はそうしたブラック企業からの離脱を試みている方に、それぞれの立場にたって成功のコツを説明します。よほど打たれ強い人でない限り、ブラック企業で働いていると心身をいずれダメにしてしまいますので、何とかして離脱する方法を考えていきましょう。

ブラック企業を辞めたい人へ

まず、ブラック企業をいまやめたいと思っている人についてです。大抵の人はやめたいと思いますが、今回は具体的に行動を起こそうと考え始めている人を想定して説明します。

まず大前提となりますが、やめたら無職となるか、フリーで働くか、転職するか方針を固めましょう。どれを軸に考えていくかでそのあとの行動の仕方が変わります。

無職となることに躊躇がない人はあまりいないと思いますが、お金に余裕があるならそれも手です。そして、無職となる状況が整っている場合、辞めるのは最も簡単です。ただ上司に辞める言うだけ、必要なのはその勇気だけです。

ブラック企業なんだから躊躇う必要はありません。もしどうしても言いづらい、上司が怖いなら、そして一ヶ月分の月給を無にしてもいいなら、最悪明日からいくのを辞めるのもOKでしょう。元々ルールを守ってないのは会社なんですから、臆せず強気に「終わらせ」ましょう。

「自分の会社がブラック企業かどうかわからない」と言う人は下記の「ブラック企業の特徴」の記事一覧をご覧ください。

 

「ブラック企業の特徴」記事一覧

 

また、無職は嫌だが企業にも属したくないなら、フリーランスで働くことを軸に考えるのも手です。現在はクラウドソーシングなど、起業までいかずとも企業に属さず働く方法がいくつもあります。

この場合も辞めるその時は強気でいいと思いますが、フリーランスで働くときはもとの企業と関わらない業種、職種を選びましょう。そして最も大事なのは、最低限稼ぐ素地を準備しておきましょう。

本当ならやめてもすぐ案件が回り始めるのでお金の切れ目がない、となるのが最良です。しかし、ブラック企業で忙しいなかそこまでできない人もいるでしょう。

それでもせめてクラウドソーシングなど案件を得られるサイトやアプリ登録、やめたあとに応募するプロジェクトリスト位は作っておき、やめたら直ちに応募をしましょう。辞めた後の仕事の目処がついたのならば無職となる場合と同様、速やかにやめてしまいましょう。

最後に転職の場合です。転職については、基本的には辞める前に先を決めてしまうのが重要です。仕事をやりながら転職サイトに登録して、転職活動を並行して行っていきましょう。

転職サイト・エージェントに関する疑問は下記の「転職サイト・エージェント」の記事一覧を参照ください。

 

「転職サイト・エージェント」の記事一覧

 

ブラック企業をやめてからの転職はリスクが高いといえ、おすすめできません。ブラック企業では転職でのアピール材料が必ずしも多くないため、転職がスムーズにいくとは限りません。

自分のメンタルとの勝負にはなってきますが、可能な限り転職は仕事を続けている内に完了させることをおすすめいたします。それより細かい転職する場合のポイントについては、次章の「転職活動がうまくいかない人」と共通する部分も多いので、そちらを参照しましょう。

転職をする上で役に立つ情報をまとめた「お役立ち情報」の記事一覧は下記よりどうぞ。

 

「お役立ち情報」の記事一覧

 

転職活動が上手くいかない人へ

さて、ブラック企業から転職したいけど、今のところ転職が決まっていないかたについてです。まず大前提として、ブラック企業からの転職はそうスムーズにいかないことが多いです。ブラック企業で自分に役立つスキルをつけることは簡単ではありませんし、労働時間が長い分、準備に時間をとるのも難しいでしょう。

「そう簡単に転職は終わらない」まずこれを理解することが第一歩ですが、その上で、少しでも転職を早く、上手く完了するポイントを以下に説明します。

まず転職する際、可能な限りは現職を続けながら行いましょう。ブラック企業からの転職は長期戦となるリスクがありますが、その間無収入となっては転職活動の継続に支障が出ますし、無収入となることで心の余裕がなくなり、冷静に仕事を選べなくなります。闇雲に決めて次の入社先もブラック企業だったら最悪です。時間を作るのは難しいかもしれませんが、自分の精神力が持つ限りは現職を続けながら転職活動を進めましょう。

次に転職活動においては、一気に「超ホワイト」に拘るのはやめましょう。ブラック企業に勤めていると、なかなか独自性の高いスキルは身に付いていないことが多いです。少し突き放すような言い方にはなってしまいますが、優良企業にすぐにつくには、やはり高いスキルが要求される傾向にあるのは事実です。一方で、ブラック企業に勤めているとなかなか高いスキルを獲得できてないことが多いです。そのような人があまり高望みをすると、転職先が全然決まりません。

まずは、「いまよりはマシな労働環境」を目指すにとどめましょう。物凄くハイスキルがなくとも、今の職場を耐える打たれ強さは形成されているはずですので、それを強みとしてまずは「ブラックまでいかないがきつめの職場」をめざすのが近道です。それでもいまよりは圧倒的に労働環境はよくなるはずですので、その新たな職場で本当のスキルを鍛え、もし可能であればさらに良い職場を探すこととしましょう。まずは「ブラックな環境」から抜け出すことを最優先すべきです。

もう一つポイントですが、転職先は業種か職種は揃えたほうが無難です。正直ブラック企業の就職実績はそれだけで転職市場では不利です。前職というのは転職市場において重要な意味を持ちます。

そして前述の通り「まずブラック企業から抜け出すことを最優先すべき」という観点からすると、いきなり全くの「未経験」にチャレンジするのはリスクが高すぎますし、前でも書いた「スキル不足」がよりネックになってくる恐れが高いです。

まずは同じ業種を検討する方が無難度はより高いと思います。業種が同じですと産業構造も仕事のやり方も似通っていることは多いです。また「その業種にいたこと」自体が未経験者と比較して差別化できるスキルとなりますので、「スキル不足」についても補うことが可能です。

まずは、同じ業種で「ブラックではない」ところはないか探してみましょう。一方で、業種全体がブラック企業だらけという業種も一部あります。その場合は業種内転職を検討しづらいですから、「同職種」転職を試みましょう。営業なら営業(営業は特にほとんどの業種に存在するので転職はしやすいですね)、システム関連ならシステム関連、バックオフィスならバックオフィスといったように、同じような職種を希望しましょう。

これも先と同様「スキル不足」を補うための策です。同職種であれば「同じ職を経験している」ことそれ自体がスキルになります。ただ、例えば営業なら、証券と製造業では全然違うように、同じ職種での「仕事のやり方が結構違う」ということは起こりえます。

業種を揃えることを先に持ってきたのはこうした所が背景にあります。「できれば同業、無理なら同職種」といった順序で検討を進めましょう。

業種・職種ごとにブラック企業の危険性についてまとめた「業種・職種に関する記事」の記事一覧は下記よりどうぞ。

 

「業種・職種に関する記事」の記事一覧

 

面接が苦手でなかなか内定がもらえないという方もいるでしょう。そういう方は、転職エージェントを利用すると良いです。転職エージェントは企業を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方指導や面接の練習にも付き合ってくれます。

また面接辞退や内定辞退などの、自分ではなかなか言い出しづらいような内容もエージェントが代わりに企業と連絡を取ってくれます。転職活動を有利に進めたいのであれば転職エージェントを利用するのは必須であると言えます。

面接での答え方や心構えなどを解説している「面接対策」の記事一覧は下記よりどうぞ。

 

「面接対策」の記事一覧

新たな職場へ入社後の注意点

 

ブラック企業を抜け出し、転職活動を終えいざ入社したら終わりかと言われるとそうではありません。転職先が比較的ホワイトな職場であればそれでよいのですが、当然転職先もまたブラック企業に当たってしまう場合も考えられます。そうなると早めに見切りをつけて退職し、再び転職活動を行う必要があります。

 

 

まとめ

ブラック企業に勤めているといつの間にか「辞めてもいい」ということを忘れそうになってしまう方も多いですが、もちろんそんなことはありません。むしろ、ブラック企業は「耐えるのが難しい」からこそブラック企業なのですから、そこに長居しても心身を毀損するリスクが高くなってしまうだけでしょう。

一歩を踏み出すのは勇気もいりますし、「ブラック企業にいた」という事実はなかなか有利には働きづらいですが、そこを抜け出す方法は絶対にあるはずですので、あきらめずに、根気よく取り組むことが肝要です。

また当サイトでは年代別に転職に成功した体験談、失敗した体験談をまとめております。興味のある方は下記よりご覧ください。

 

20代男性の転職体験

20代女性の転職体験

30代男性の転職体験

30代女性の転職体験

40代以上の転職体験