将来を見据えて転職活動をする

近年では、20代女性の転職率が年々高まっています。

転職する理由としては、「仕事内容が合わない」、「職場の人間関係が悪い」、「別の仕事をしてみたい」などの様々な事由が挙げられます。

以前は、1つの仕事を一生やり遂げることが一般的な考え方でしたが、最近では男性でも何回も転職をすることが普通になってきました。

我慢しながら1つの仕事をすることも精神的に良くないので、踏ん切りをつけて転職をすることも1つの方法なのです。

しかし、20代女性は転職をする際に、将来を見据えた求人活動をする必要があります。

具体的には、「結婚後に仕事を続けるか否か」です。

結婚の時期は関係なく、将来結婚した時に仕事を続けるか専業主婦になるかを考えましょう。

結婚後も仕事を続ける場合は、制度が整っている働きやすい職場を選ばなければなりません。

また、出産をして産休、育休を考える場合は、尚更制度を利用しやすい職場に転職する必要があります。

もしも知らないで転職活動をしてしまい、いざ産休育休を取りたい場合に取得しにくい職場なら仕事を変えざるを得ません。

仕事と家庭を両立しながら転職活動をすることは労力が必要なので、20代の独身の内に考えておかなければなりません。

反対に、結婚後は専業主婦になりたいと思っている人や、結婚願望がない人は、好きな仕事に転職するべきです。

どのような職種でも構いませんが、やりたい仕事を選んで転職するようにしましょう。

しかし、今は結婚後に仕事を続ける気がない人や、結婚願望がなくても、将来ライフサイクルが変わる可能性があるので、結婚を見据えた職種も頭の片隅に入れておくと良いかもしれません。

現在の職種よりも給料は高い方が良い

転職する際の注意点の1つに、給料の問題があります。

職種によってバラツキがありますが、なるべく転職前よりも給料が上がる仕事を選ぶと良いです。

なぜなら、1人でも食べていけるようになるためです。

先程、「結婚を見据えた仕事選びをする必要がある」と述べましたが、現時点では願望が大きいと思います。

いずれ結婚する予定があったとしても、今すぐライフサイクルが変わるという人は少ないでしょう。

そのため、結婚の予定が無くなってしまうことは大いにあり得るのです。

また、今は結婚願望があっても、仕事が楽しくなるにつれて結婚願望が薄くなることも考えられます。

様々なライフサイクルに対応するために、せめて1人で食べていけるだけのお金は稼いでおく必要がありますね。

また、専業主婦志向の人でも、結婚後の貯金をすることをおすすめします。

なぜなら、無収入になってしまうと旦那に生計を頼りっきりになるからです。

自分で自由に使えるお金が少しでもあった方がストレスが溜まらないので、給料の高い会社で沢山稼いでおくと良いでしょう。

結婚願望のない人であれば給料面の意識はしていると思いますが、年齢が上がるにつれて、生活費用がかかるので、転職時には特に給料面に着目しましょう。

同業他社への転職がおすすめ

20代の女性が転職する際には、転職先にも注意が必要です。

可能であれば、今やっている職種の同業他社への転職をおすすめします。

なぜなら、経験者である分待遇が良いからです、

同業他社に就職すると、採用側も前職のイメージがつくので、空きがあれば採用されやすいことがメリットです。

また、前職でのスキルがあるため、経験者手当として給料も高くもらえる可能性が高いです。

転職する側にとっても、新しく覚える仕事が少なく、給料も上がれば苦労が少なくなって良いですよね。

新卒ですと頭が柔らかいので吸収力も高いですが、既卒は前職で培ったキャリアがあるので、新しいことを覚えるには向いていません。

そのため、今の仕事が嫌でなければ同業他社への転職を考えてみてください。

その方が、入社してから楽ですし、即戦力として大事にされます。

しかし、そうは言っても今と同じ仕事に就くのは嫌な人もいるかもしれません。

転職サイトには、未経験OKな求人も沢山あるので、まずはそこから応募していきましょう。

その際に注意をすることは、スキルを要求される仕事はたとえ未経験でも採用確率が低くなることです。

万が一、経験者が応募してきた場合は、そちらが採用時に有利になることがほとんどです。

職種で言うと、事務職、経理職、管理部門などは経験者が優遇されます。

反対に、営業職は未経験者でも採用確率が高い企業が多いです。

なぜなら、社会人経験者を採用して利益を上げることが期待されているのと、単に営業職の入れ替わりが激しいからです。

社会人経験者はそれまでの経験から、新卒よりも打たれ強いと言われているので、営業職に受かりやすいことが挙げられます。

また、営業職は仕事の厳しさから辞める人が多いので、欠員を埋めるための中途採用が頻繁に行われているため、未経験でも採用されるのです。

営業職には悪いイメージを持たれがちですが、対人対応力がつくのと、給料が高いので人生にプラスになることが多いです。

そのため、未経験から営業職を目指すことも1つの方法です。

資格を取って長く働くこともおすすめ

20代で転職を考える人のなかには、「次の仕事は長続きさせたい」と考える人が多いと思います。

また、結婚後も仕事を続けたい人は、産休育休後も困らない仕事に就きたいですよね。

そのような人は、思い切って資格を取ることをおすすめします。

資格を持っておけば、どのような状況になっても使えるので、一生職に困ることはありません。

「今の仕事は長続きしなかったけど一生働きたい」、「結婚後も安定した職業で働きたい」という人は、資格取得を検討してください。

資格取得のための学校に通わなければならないことと、費用と時間がかかる点が人によっては負担になってしまうと思います。

しかし、将来のことを考えると1.2年のブランクは関係ありません。

むしろ、その後安定して働ける方が結果的に良い人生を送れたことになりますね。

資格を取得しようと考える人におすすめなのが、医療、介護系の資格です。

特に看護師、介護士、理学療法士、作業療法士、医療ソーシャルワーカー、医療事務、調剤事務、介護事務といった仕事は、全国どこにいっても求人があるので、結婚後に旦那が転勤になっても職に困りません。

また、医療系職種であっても、事務系であれば通信講座でも資格が取れるので、時間のない人にとってはこちらを利用しても良いでしょう。

事務系の職種は、一般事務の経験者が多く取得しているので、事務職で専門性を高めたい人はぜひ取得してみてください。

医療系職種のなかでも、看護師や介護士はこれからの将来不足することが予想されるので、資格を取得すれば一生安定した生活が送れます。

これらは女性職員が多いので、職場の産休育休を取得する環境も整えられています。

そのため、他の職種に比べると仕事と家庭の両立がしやすく、若い女性が多く資格を取得する傾向があるのです。

看護師や介護士の資格を取るには専門学校に通う必要がありますが、社会人生徒も多いので安心して学べます。

転職時に資格を身につけることは、将来を豊かにするメリットがあると考えます。

将来を見据える上では、一番有効な方法なので、時間と費用が許すのであれば、思い切って学校に通うことも選択肢です。