女性が転職を決意する理由は

多くの女性たちの転職は、結婚や家庭に出産など、生活の様々なバランスが影響するため、転職先の条件がどんどん絞られていきます。

もしも皆さんの中に、現在お勤めの会社に対して、不満や我慢を強いられていたり、将来の不安を抱えたりと、お悩みであれば早めに転職することも、一つの選択肢ではないでしょうか。

女性の転職する理由は、いくつかの代表的な理由があります。

転職する中で最も多い理由が、職場内の人間関係です。

どんなに社交的な方でも、職場の雰囲気や人間関係に不一致や疑問を感じてしまうと、毎日かなりのストレスを抱えることになります。

そして、ただ反りが合わないのではなく、悪質な嫌がらせや誹謗中傷が起こっている場合は、ご自身が被害に遭っていなくても、早めに転職活動を行いましょう。

このような被害は、職場内の環境を悪くしていく原因の一つでもあり、少なからず周囲には不快感や業務への支障が起きているはずです。

毎日そういったイジメを目にすると、周囲の方も「仕方ない」と当たり前に感じて、それなりの対応を被害者にするようになります。

当たり前になってしまう前に、劣悪な環境から抜け出して、健全な職場へ身を置きましょう。

次に多い退職の理由は、女性に役職をつけず平社員のままに仕事量だけ増える場合です。

そういった、古風な体制を変えていない会社に勤務していると、バリバリと働いて実力を正当に評価してもらいたい女性にとって、この会社の体制はストレスとしか言えます。

ワンマン社長が経営している中小企業で、10年前の根性論のようなビジネスの方針を、未だに続けている会社が、女性に役職を付けていないケースが多々見受けられます。

30代の女性は、20代と違い身体を無理をして、働くことができない年代に入るので、時間がもったいないでしょう。

今以上にスキルアップをして、出世をすることで、給料をたくさんもらいたい欲求をお持ちの方も多いはずです。

できるだけ若い間の方が、希望の業種や職種への転職が成功しやすいので、早々に見切りをつけて、ご自身が活躍できる職場を探してください。

最後に女性の退職で多い理由は、プライベートを充実させた生活へ、そろそろ切り替えたい場合です。

現状の会社で難しいのであれば、転職を検討させざる終えません。

20代後半に近づくにつれて、体調の変化に伴い、若い頃には身体を酷使させてできたことでも、徐々に無理が効かなくなるものです。

また、女性の多くは年代が上がるにつれて、「このままで良いのか」と振り返るターニングポイントにもなるので、

手に職を求めるケースも多いでしょう。

今とは全く別の、何か新しいことに挑戦してみたい、好奇心旺盛な意欲もあるはずです。

思い切って以前とは別の業種を求め、新たな転職先を探してみてください。

未経験の職種を選択する場合の注意点は

せっかく転職をするなら、以前とは違う職種や業種で探す方も多いでしょう。
その場合、いくつかの注意すべきポイントがあります。

経験したことのない業種だと、実務経験が無いと判断されてしまう場合があるので、ご自身がアピールできるポイントや実績を、しっかりと把握することが重要です。

採用担当者は、有益な人材かを知ろうと、履歴書や面接などで確認していきます。

もちろん、その時にご自身の経験や実績を、業種や職種が違えど、会社へ貢献できることをアピールできないと、転職を成功させることはできません。

資格などを取得することも、アピールできるポイントになるので、不安な方は一度ご検討してみてください。

書類や面接などの対策も、しっかりと準備していきましょう。

皆さん、新卒当時を思い出してみてください。

新入社員として、コツコツと就職準備をしていた頃に比べて、就活は一度経験したことだからと、油断することで対策が甘くなる方が多いです。

書類の書き方も、できるだけ丁寧に書き終えましょう。

書類選考の段階では、志望者と採用担当者は初対面のため、志望者の情報は履歴書から判断するしかありません。

綺麗な字で記載することで、印象が悪くなることはないので、不要な印象を与えてしまうことのないようにしてください。

面接対策も必ず、しっかりと企業や業種の研究しておく必要があります。

特に未経験の業種の場合は、採用担当者からは、業界事情を理解しているかと質問する場合があるため、具体的で的確に答えれるように準備をしましょう。

また、新卒での面接とは違い、前職を辞めた理由を必ず質問されるので、的確に答えれるように情報の整理をしてください。

例えば、ただ「残業が多くて」というような具体性がない場合、採用担当者は内定を出すと残業を拒否されるかもしれないと、判断する可能性があります。

また、印象も悪くなる可能性があるので、説明する内容は当日詰まらないようにしましょう。

あくまでも事例ですが、「〇〇時まで定時で、それ以降の残業が夜の20時まで続き、残業代も支払われなかったため。」というように、簡潔にハッキリと答えれるようにしてください。

年代別の女性の転職事情

悲しい事実ですが、年齢が若い方が未経験の方でも、その分将来の可能性を考慮されて、全く違う業種や職種でも、転職が成功しやすいです。

30代40代になると、会社は未経験者を採用する可能性は、どんどん低下していき、教育する必要がない即戦力を、会社から求められるようになります。

20代は、まだ第二新卒として扱われ、社会経験もある程度蓄積されているため、社会人としての基礎を教育する手間がありません。

その分、会社にとって基礎学習の時間と人件費のコスト削減にもなるので、重宝されます。

前職の経験も浅いため、転職先の会社に抵抗が少ないのも、メリットの一つです。

若いうちは吸収も早いので、未経験者を採用しても、できることが自然にドンドン増えていくため、会社に有益な人材になる可能性が高いでしょう。

30代の女性は、正規雇用での転職が、残念ながら最後のチャンスとなります。

先ほどお伝えした通り、30代からは即戦力としての人材が求められるので、20代後半までが、教育にかけられるコストも出せる限界の範囲です。

経験と実績も参考にされていく年齢に近づいているので、採用担当者は両方の面を慎重に検討して、志望者へ内定を出します。

厳しいようですが、履歴書の段階で年齢も確認されていくので、30代はギリギリのラインで戦っていることを、頭の片隅に置いて行動しましょう。

転職するにはエージェントを活用することが最短ルート

一人で転職活動をすると、スケジュール管理など、なかなか上手くいきにくいでしょう。

会社に在籍中に転職活動を行う方は、普段から時間が取りにくいにも関わらず、求人検索から全てを行う必要があり、時間と労力が必要になります。

求人を検索する際は、女性が働きやすい職場か、条件は今よりも良い会社かを、慎重に検討することが重要でしょう。

せっかく転職したのに、実は希望の条件と違うとなれば大損です。

こういった面倒なことを、全て皆さんの代わりに行ってくれるのが、転職エージェントです。

大手求人情報サイトは、検索するだけではなく、面倒なことを全て行ってくれるエージェントシステムを用意しています。

転職エージェントとは、専任の担当者が付き、希望する求人の紹介から、面接などのスケジュールの管理をしてもらえるため、かなり便利でおすすめです。

その他にも、履歴書の添削や面接対策の相談もでき、転職にかかる労力やストレスなどの負担が軽減されます。

最近では、女性の転職をサポートするエージェントもあるため、女性ならではの条件を考慮してもらえるので、希望条件を出しやすいのが特徴です。

またエージェントだけで転職活動せず、通常の検索方式の求人サイトも活用しましょう。

転職することが珍しくない昨今、求人サイトの数は多く、転職するためにはまずどの求人サイトにするかを選ぶ必要があります。

求人サイトを検索する場合は、ネットで検索する際にキーワードを組み合わせてみましょう。

例えば、IT業界に特化した求人サイトもあるので、希望する業界に絞って求人サイトを探そうとしている方は、オススメの検索方法です。

もし、リクナビNEXTをすでに活用している方は、リクルートエージェントも併せて登録してください。

リクルートエージェントは、求人情報の9割が非公開求人のため、より多くの求人情報にふれることができます。

転職に関しての相談も、手軽に電話で直接することができます。

働きながら転職活動している方は、企業の研究や面接の対策をする時間も、なかなか確保しにくいでしょう。

リクルートエージェントでは、希望する会社の詳細や面接のポイントを指導してもらえるので、忙しい方にはうってつけです。