高校や大学を卒業して会社に勤め、業務内容を覚えていって30代になり、さらにスキルアップを図りたい、年収をアップさせたいと考えて、転職をしたいと考えることがあるかと思います。そこで、30代で転職を成功させるために必要なことについてまとめたいと思います。

20代で経験したものを基に転職先を選ぶ

20代の転職の場合には、未経験のものにチャレンジするときであっても、経験はありませんが最後までやり遂げる熱意があります、というようなアピールをしても採用される場合があります。将来性がまだまだあると採用担当者が考えるからです。

しかし、30代になるとこのようなアピールでは採用されることはまずありません。30代は経験が重要視されるからです。例えば目に留まった人が二人いたとして、どちらとも30代で、片方は熱意があるが経験がなく、もう片方は熱意があり、経験も豊富にあったとしたらどちらを選ぶでしょうか?明らかに後者です。

また、魅力的な人材の未経験の二人がいたとして、20代と30代だったとしたら20代を採用することでしょう。30代の転職は、前職の経験やスキルを生かすことのできる同業種への転職を考えることが基本的な考え方になります。しかし、どうしても未経験の分野にチャレンジしたいと考えることもあるはずです。

そのような場合には、経験してきたことをどのように生かすことができるのかを説得力のある内容で説明する必要があります。ただし、未経験の業種に転職すると、給与面において期待することは避けたほうがいいでしょう。大幅なダウンも覚悟しなければいけません。

業界研究や企業研究をしっかりする

これは転職に限らず、就職活動するに当たって基本のことですが重要なことになります。

転職活動は選考の流れは様々で、書類選考してから面接もあれば、連絡したら直接面接の日程を決めるということもあります。しかし、書類選考にしろ面接にしろ欠かせないのが、この業界研究や企業研究なのです。

ではそもそもその業界研究や企業研究って何って言う話ですがこれは一言で言えば簡単です。業界研究とは、その業界ではどんな仕事をするのか、また、社会にどういった役割のあるものなのか、その仕事についての研究になります。

対して企業研究とは、自分が受けたい企業を事前に調べ、その会社はどんなことをしているのか、中小企業なのか大企業なのか、社員の人数、本社がどこにあるか、少なくとも直近3年の業績はどうなっているのかなど、その企業に関わることを会社の公式サイトで見て事前に頭に入れておき、履歴書の志望動機に盛り込んだり、面接でその会社に関する質問をされてもスムーズに答えれるようにするのです。

会社見学ができるのであれば、サイトなどで調べたことを頭に入れた上で会社見学は活用し、企業研究に役立てるべきです。

会社見学は選考の時に行う企業もありますが、そうでないなら転職活動に慣れるという意味でも、やって損はありません。

ネットだけで見た情報で面接に行くのとネットの情報を鵜呑みにせず、実際の現場を見て選考に臨むのでは、情報量の違いと自分のその企業への思いに大きく変化が起きるでしょう。

会社見学が選考に組まれてなくても受ける前提で服装に気をつけたり、必ず公式サイトや自分のこれまでの企業研究を踏まえ質問を考えていき、1つでも2つでも質問をすると好印象を残せるというのもこの会社見学のいいところです。

また会社見学行くことにより、そこの企業の雰囲気を感じれたり、どんな人が働いているか少しでも見れれば、会社見学の時点で自分に合うかどうか見極めるポイントともなります。

業界研究と企業研究をすることで、自分のやりたい仕事やなりたい自分を見つけることもできるので、面接や選考で重要であると同時に転職をするにはとても大事なことになってきます。

転職するうえで条件面の希望をはっきりしておく

転職を考えるということは、やりたいことがあると頭のなかでは思っていたとしても、一方で今の会社に対して少なからず不満をもっていることがほとんどでしょう。もし何も不満がないのであれば、転職を考えるということはまずないはずです。

転職をすれば、すべてが解決すると思っていないでしょうか?もしそう思っているのであれば、それは危険な考え方です。給与がかなり安いから転職したいと思っていたとして、給与の高いところに転職したとしても、それ相応の残業時間や休みの少なさは覚悟しないといけないでしょう。まだ歴史の浅い企業に転職すれば、福利厚生などがしっかり整っていない可能性もあります。休みが欲しいと転職すれば、それ相応の給与のダウンは避けられません。何かを得たいと思えば、それと同時に何かを失うことになります。100%自分の希望を叶えてくれる会社など存在しません。

希望通りにしたければ起業するしかありません。大事なことは、この条件はどうしても譲れないとか、この条件は大事ではあるけれど場合によったらなくてもいいとか、この条件はなかったとしても特に問題はないとか自分のなかで仕分けをしておくことです。自分のまとめたものを基にして求人情報を探して、企業研究をしていくことが大切になります。

 

前職を辞めた理由を明確に話せること

業界研究と企業研究をしていざ面接に臨む前に整理しとくべきこと、それが前職を辞めた理由です。

転職での面接では必ずと言っていいほど、前職について聞かれます。なぜ前の会社を辞めたんですか、もしくはストレートにそれではなくとも、あなたの自己紹介も含め簡単に経歴を紹介して下さい、というような形で前職に触れなければならないこともあります。

辞めた理由というのは人それぞれです。

しかし、その理由をそのまま言ってしまうと、場合によっては不採用診断をされることもあります。

話す時は簡潔に分かりやすくというのが面接官には伝わりやすいですが、より想像しやすいように短い言葉でもエピソードがあると効果的な場合もあります。

これは前の会社を辞めて新しく技術を学んで、もっと成長したいから退職を決意しましたのようなポジティブな辞め方であれば問題はありません。

ただ、会社を辞めたいと思う人は、人間関係が上手くいかなくてとか、仕事量が多くて容量が悪くてこなせなかったとか、ネガティブな気持ちで辞める人が多いです。

それをそのまま言ってもいいですよ、と転職サイトの企業からのアドバイスで書いてあるところもありますが、真に受けて、自分の思ってることをそのまま同じ言葉にするのは、自滅の可能性の方が高いと言えます。

要は言い方・伝え方の問題です。

ここで少し脳の記憶力についてお話すると人間の脳は、最後に聞いた言葉や思ったことを覚えていると言われています。

誰かと会話したらその会話の最後の言葉を覚えているのです。ですので、ネガティブなエピソードを、ネガティブな言葉そのままに伝えたら、相手にはネガティブな人間という印象のまま残ってしまうのです。

もし、辞めた理由がネガティブであれば、それを伝えても構いません。しかし、話すエピソードや言葉に気をつけて、ネガティブなワードからポジティブに持っていき、その企業で働きたいというワクワクな気持ちを面接官に与えることをオススメします。

 

自分のスキルアップを考えているだけでは成功しない

転職をすれば、今までのスキルを生かして即戦力として会社の事業に貢献することはもちろんですが、今まで得ることができなかったものを手にすることもあるでしょう。20代であれば、自分のことだけを考えて仕事をしていてもよかったかもしれません。

しかし、30代になれば、マネジメント能力やリーダーシップを求められます。自分の得た知識やスキルを独り占めするのではなく、20代の若い人材に対して還元していく必要があります。まわりの人がどのように動いているかをしっかり把握して、会社の職員全員がクリエイティブな仕事をすることができれば、会社は大きな進歩を遂げることでしょう。もし、実績があるのであれば積極的にアピールしていきましょう。

実績がなかったとしても後輩への指導をした経験が必ずあるはずです。その経験のなかからこのようなことを学びましたというようなエピソードでもいいので採用試験で話してみるのもいいでしょう。リーダーシップがあると評価されるかもしれません。

また、30代で転職するということはその先の長期的なプランをぜひ考えていて欲しいと採用担当者は思うものです。目の前のスキルアップだけではなくて、10年後、20年後どうしていたいのかを自分のなかでしっかり考えておく必要があります。ビジョンがしっかりあるのであれば、計画性があると担当者には伝わります。

 

自分がやりたい事やなりたい自分を明確にしてワクワクしよう

将来こうなっていたいとか、自分がやりたいなと思うこと、どんな自分になりたいかも、面接で話せるようにしましょう。

普通の就職活動の時も、将来のビジョンを聞かれることありますが、転職活動は、一度就職して社会を経験してからのことになりますので、新卒の時のような、やんわりと不透明な夢を話すのではありません。

話すのは、これまでの経験からどんなことを得て、何を感じ、だからここに就職したく、入社三ヶ月後、入社して一年後、入社して三年後にはこうなっていたいのような具体的に掘り下げて伝えます。自分のなりたい理想像と、それに向けて達成させるための具体的な小さい目標だったり、動く意志を伝えるのです。

人はなりたい自分を想像するとワクワクします。それは、ポジティブな思考になるからです。面接官は、話してる相手がワクワクしながら話せば話すほど引き込まれます。

どの会社の面接でもそうですが、明るい人やイキイキしてる人を好みます。決して落ちるかもと思いながら、自信なさげに無表情や顔を強張らせて話している人にはいい印象は持たないのです。印象が良くないとなると、その分不採用の可能性が高まってしまいます。

ですので、楽しく夢や理想を伝えましょう。

これを見つけるには、自分の気持ちを全てノートに書き出すと明確になります。

ノートに書く時は、今の自分ならこれならできるかなという気持ちはいりません。とにかく、やりたい事やなりたい理想を書いてみます。

そうするとどうしなければいけないかも考えだし、やがてそれを考えるだけでワクワクし、できるかもと気持ちの高鳴りを抑えれなくなるくらいになります。ここまでいけば時に不安になる転職活動でも、自然と自信を持てるようにもなります。

あとは面接でその気持ちを持ったまま、笑顔で臨むのみです。面接官はその自信に溢れた姿と笑顔に惹かれ、また会いたいと思ってくれるでしょう。

 

まとめ

20代での転職と違って、30代の転職は仕事への熱意だけでは成功せず、長期的なビジョンをもって転職先で具体的に何をしたいのかを自分のなかでしっかり持っていないと成功することはありません。採用担当者は様々な人材を見てきていますので、その中途半端な考えはあっという間に伝わってしまいます。そうならないために目的意識をはっきりして、条件面の譲れないものなどを決めて転職活動をすれば、自分の望む転職先に勤めることがきっとできるはずです。