まず辞める前に、ちょっと冷静に辞めたい原因を考えてみてください。

私自身も職を転々とした経験があるのでわかりますが、一度辞めると辞め癖がつくというのは本当です。また時間は平等に流れるのでその間にどんどん年齢も重ねてしまいます。
出来る事なら辞めずに続けるのがよいとは思うのですが、当然そこで続けるべきではない理由というものもあるかと思います。
冷静に辞めたい原因を見直して、辞めるべきだと判断できたなら辞めるべきでしょう。

 

辞める前にやっておくべきこと

その会社で働いてみて良かったところ、悪かったところを見つけて話せること

入社から3ヶ月というと、働いた中で自分の成長を感じたり、良い意味でも悪い意味でも会社の人間関係も形成されている時期になります。

その中ではやはり良いところだけではなく、今まで先輩や新しい社員には良いところしか見せないようにしていたのを、会社の悪いところ、同期やそのまた先輩や社長の悪口を言い出す人が出てきたりします。

最初の入社の時、この人いいなと思えるいわゆる憧れの先輩に出会う人も多くいるかと思います。その憧れの先輩が沢山いるような会社であれば問題ないかもしれないですが、例えば憧れの先輩が1人で他は全員嫌な先輩だともう居場所がなくなり、辞めようとなる訳です。

そうなると精神的に追い込まれ、ネガティブな事ばかり考えがちになるかもしれないけれど、大事なのはいかに客観的にそこを分析して自分の頭の中を整理できるかということです。

仕事を辞める時なぜ辞めるかを明確にしないとならず、ただ明確にして精神的にきついので辞めたいですだと、すぱっと辞めさせてはくれません。

ドラマだとすぱっと辞めれる場面をよく見ますが、実際は最初に上司に伝えてから早くても1カ月はかかります。ですので大切な事は客観的に自分の心を分析をして、自分の中で働く上でもっと大きくいえば生きてく上で何が大事で、何がいらないのかを見つける事です。

そして自分の軸を決めるのです。そうすることで決意は上司に伝わり、上司も辞めることへ前向きに考えてくれます。

何より次他の仕事に就く時も、そこで行き着いた軸がこれから先の人生を支えてくれることでしょう。

次の転職に繋がるものを見つけて辞めること

軸を見つける時に考える事は改めてどんな仕事をしたいのか、そしてどんな人と関わって働きたいかという事です。

もちろん会社を辞めたいと思う前に、そこに入社する時にも考えて入社を決めたであろうと思います。

しかし会社というのはどの会社も、入社してもらうにあたり良い所の説明しかしてくれません。

もちろん課題と称してデメリットを話してくれる会社はありますが、その内容だけでは実際の中身は不透明で、ベールに包まれたままです。

入社して実際に会社に行き働き始めて、初めて肌で良きも悪きも感じる事が多いのです。辞めて再スタートを切るには、再度自分と向き合わなければなりません。

軸の見つけ方は至ってシンプルです。まずは頭の中の物を、順番問わずノートに書き出します。ノートは何でも大丈夫です。

とにかく、紙に自分の気持ちを書いて今何を考えてて何を感じているのかをはっきりさせる事が軸を見つける最大のポイントになります。

会社に入社して感じたこと入社する前の会社の印象、先輩たちの働き方や考え方、日々の言動に対して自分がどう思うのか、そして自分が今している仕事に対して真に向き合い、そもそもその仕事が好きなのか、一緒に働く仲間が好きなのか、そして最終的に会社が好きなのか、続けるに値するものが会社にあるのか、あげればキリがないですが、軸を見つけるに当たり、頭に出てくる思い全てを書き出します。

そうすることで、ただ辞めたい理由を思いついたのを上司に伝えるよりも、整理された状態で話すので、すんなり受け入れてもらえるのです。

次辞めてからのことも考えてから辞める報告をする。これをすることで辞めてからも自分らしく働くこともできるし、遠回りのようだけど一番近道で、いつ辞めさせてくれるんだという悶々とした時間も過ごさずに辞めれることができるのです。

去り際を惜しまれる人間でいよう

去り際を惜しまれるってどういう事かというとつまりは、辞める会社にとって、辞めてほしくない人間になることです。

これは辞めたいと思っている人間に対しては、矛盾と思われるかもしれません。しかしそうではないのです。

例えば三か月の間に辞めたいと言ってる人間が二人いたとします。一人はいつも仕事だるいめんどくさいとか、先輩うざいわー、仕事行きたくないなーとか、常にネガティブな言葉ばかりを発しながら仕事を適当にしている人間。

そしてもう一人は、どんな仕事にも真剣に向き合い、朝出勤したら元気よくおはようございますと挨拶をし、みんなに陽気に接し、日々先輩や同期、そして自分がしている仕事から学びを得ようとしている人間。

さてこの二人なら、どちらを応援したいと思いますか。どちらに仕事を教えたいと思いますか。どちらの話を身を乗り出して真剣に聞こうと思いますか。

このどの質問に対しても後者の人間が好かれるのです。辞めると分かっていても、教えたいと思わせるような人間になりましょう。人に好かれる力というのは会社を辞めてからも、どの会社に行っても、もしくは独立して一人でやっていくにしても、必要なコミュニケーション能力なのです。

そして辞めてからも、そこの会社の人といつまでも交流があるような、いい人間というのは、人脈作りがとても上手なのです。自分の軸を見つけ会社を辞め新しい世界へ踏み出すには、人脈や好かれる力が今後の自分の環境や仕事力、また生きる力へと変わってくるのです。

 

仕事を辞めたい時にまず考えるべき事

仕事を辞めたい、というのは誰もが必ず一度は考えています。今は立派にやっている先輩方でも間違いなく考えた事はあるでしょう。誰もが一度はぶち当たる問題なので仕事を辞めたいと考える事自体は悪い事ではありません。
ではその理由はなんでしょう?

きちんと他人に説明できるか一度考えてみましょう。辞めたい理由を紙などに書き出してみるというのもよい手段です。
では、その辞めたい理由というのは改善できるものでしょうか?

一例として挙げますが
人間関係が辛い→上司や同僚へ相談したか?
日々の業務が合っていない→上司への相談はしたか?自分で勉強するなどの努力で改善できますか?
体調が思わしくない→医師の診療を受けたか?またそれを上司に相談しているか?
給与が安い→キャリアを積んだ後にどうなるのか上司に相談しましたか?

こうした改善の努力やあなたが悩んでいるという事を周囲に打ち明けたりしていますか?周囲はよくも悪くもあなたにずっと関心を持ち続けるわけではないです。入社三カ月となるとなおさらでしょう。
悩んでいるという事を貯め込んで我慢しても周囲は評価してくれません。改善の為の努力をしてそれでもダメなら辞めればいいのです。
仕事を辞めたいと思った時にまず考えるべき事は、その原因を改善できるのか出来ないのかという事です。

長期ビジョンを持てますか?

仕事はかなり長い期間続けなくてはなりません。では10年後、20年後に自分がそこでキャリアを積んだ姿というのを想像できるでしょうか?

その仕事を10年、20年続ける事は出来ますか?という問いを自分に対して行ってみるのは重要な事です。
それを具体的に考える為の参考となるのはやはり先輩方でしょう。
一例ですが私の場合はサービス残業を続けている先輩方の姿を見て退職を決意しました。新人の私ですら毎日合計で1時間以上のサービス残業が発生していたしそれで当たり前という空気が蔓延していました。
先輩方を見るとさらにひどいもので、3時間以上先に上がったはずの先輩が残って何かの仕事をしているのは当たり前でした。

そこでキャリアを積んだ場合、未来の自分の姿がそうなのだと悟るに至りました。
まずは辞める前に今の仕事で10年後、20年後の自分の姿を想像できるか、想像した結果どうだったのかを考えてみる事も大事です。

辞める事を決断したなら

まずはちょっとだけ踏みとどまりましょう。辞めてから転職先を探すというのは実はかなり損です。
転職市場では現職中の方が価値が高くなる傾向にあります。逆に辞めた後だと足元を見られて価値が低くなってしまうという事が往々にしてあります。

次の転職先を決めてから退職するというのが最も望ましい形にはなりますが、そうできない理由もあるでしょう。
ひどいパワハラを受けて心が弱っていたり、とんでもない労働時間で転職活動など出来ない状況だったりしたなら次の仕事先を決める前に辞める事も視野に入れるべきです。

辞めるにあたっての注意点

さて、いよいよ辞める段取りが取れたなら次は会社の辞め方です。
当たり前ですが、唐突に出社しなくなるというのは危険です。場合によっては仕事上の損害を与えたり、貸与品を横領したなどと言われかねないからです。
直属の上司に退職の意思を伝えましょう。法律上では退職の意思を示した二週間後に退職する事が出来ると定められています。

上司から引き留めなどに合う事もあるでしょうが自分の決意が固い事をしっかりと示しましょう。また会社の就業規則などで1カ月は残るように定められていてもそれはあくまで会社の規則であり法律の方が上になります。
どうしても辞める事を了承してもらえなかったりしたなら、辞める意思を伝えた手紙を内容証明郵便で送るという最終手段もあります。

内容証明郵便に書いた退職日を過ぎたなら出社しなくても罪に問われる事はないでしょう。
出来る事なら引き継ぎをキチンとして辞める方が望ましいです。次の仕事先でも辞めた職場が関係してくる事は往々にしてよくあります。

円満退社を心掛けましょう。
また、どうしても自分で退職を切り出せない人もいるかと思います。私自身は全くオススメはできませんが退職代行サービスというものもあります。
オススメできない理由としては、他人が介在することで却って問題が複雑化する危険がある為です。
どうしても退職を切り出せないのであればそちらのサービスの利用も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

辞めた後はどうするの?

無事に退職できたならまずは離職票を持ってハローワークに行きましょう。辞める際に必ず離職票は希望しましょう。離職票を希望しないと出してくれない企業もあります。
離職票がないと失業保険の手続きが出来ません。
失業保険は離職した日から一定期間しか受給できません。

つまり、手続きせずに一日経てばその分受給できる期間が一日短くなると思っていただければいいです。
出来る限り速やかに失業保険の手続きに入るのが望ましいです。

なお、一年勤続していないと失業保険の受給資格はありませんし、雇用保険に加入していない場合も同様です。
あとは失業保険の手続きが終わったらハローワークの指示に従い説明会を受けて、決まった認定日にハローワークに訪問して就職活動の実績を示せば失業保険を受給できます。
次の就職先が既に決まっていたり就職の意思がない場合は失業保険受給の対象にはなりませんので注意が必要です。
説明会で不正受給にあたる要件も説明されますのできちんと聞いておきましょう。

 

最後に

 

『辞めたい』ではなく『辞めるべきだ』、と判断できたならば例えその職場での勤続が3カ月だろうが1週間だろうが辞めるべきです。

あなたの人生の主役はあなた自身であり、仕事は人生の大きな部分を構成する要件です。
周囲は『辞めたい』だけだと思ってあなたに引き留める言葉を言ったり決断を批難したりするかもしれませんが、『辞めるべき』と判断したあなたであればそうした言葉に惑わされる事はないでしょう。
この文章が仕事を辞めるべきか悩むあなたの一助となれば幸いです。