現在の日本では終身雇用という考え方が薄れてきて、高校や大学卒業後に入社した会社で定年まで働くということはあまりなくなってきました。

とはいえある程度社会人経験を積んできた40歳代になって転職するというのは正直簡単なことではありません。ここでは40代での転職経験者である私の体験談から考える転職する際のポイントと転職したほうがいいのか、あるいは転職しないほうがいいのかについて述べていきます。

 

履歴書や職務経歴書の書き方、面接の対策をしっかりする

20代の転職の場合には、同業の転職であったとしても、未経験の分野の転職であったとしても、この仕事をしっかりやり遂げたいという熱意を押し出した受け答えを面接で行っていれば、将来性がありますので採用につながるということが多くあります。

しかし、40代で同じようなことをやっていれば、まず採用になることはありません。将来性ではなく、即戦力になることを求められています。

まずは、履歴書や職務経歴書などの書類の書き方や面接の対策をしっかり行いましょう。

過去に行ってきた仕事で、他の人にはないようなものを残すことができたということもあるはずです。

ただ抽象的になるのではなく、できたら具体的な数字をあげてアピールをするようにしましょう。

ただし、10年以上前のものをアピールしても意味がありませんので、直近の仕事のなかからアピールできるものを選択するようにします。

採用したらどのようなメリットが会社にあるのかを説得力をもって伝える必要があります。

また、面接では採用されたらどのように仕事をしていきたいのかという質問が必ずでてきます。

企業をホームページなどからあらゆる情報を集めて、その企業にあった将来のビジョンをしっかりと伝える必要があります。それから、面接では面接官が年下ということもよくあります。

だからといって、横柄な態度をとるようなことをせず、会社のルールにのっとって常識ある社会人としての行動をとるようにしましょう。

最終面接にたどりつくために、自分を最大限アピールできる書類を提出し、面接対策をしっかり行うことが大事です。

 

転職サイトに登録する

 

今現在40代で会社員として働かれている方で様々な理由で転職することを検討されている方もいるかもしれません。

ここで注意していただきたいのが、転職を決意したからといって安易に現在勤めている会社を辞めてしまわないようにすることです。毎日の残業時間が異常であり、今すぐにでも仕事を辞めて休養を取らないと過労死の危険があるなど命にかかわる場合であれば別ですが、それ以外の場合はまず今の会社に勤めながら転職する時の準備をするのです。

どのような準備をするのかと言いますと、今現在の自分の市場価値がどのようなものかを把握するのです。市場価値は自分自身のキャリアや経験を積み重ねて自分が考えていることと企業側が求めているものに差があってはいけないので客観的にとらえてみる必要があります。

方法は転職サイトに登録して、それで判断してもらう方法です。

私が使用していたDODAの場合で言いますと、自身の経歴や希望職種、希望年収などを登録していきます。するとDODAの方から自分の希望するような求人案内が届きますのでまずはそれをチェックします。もちろんこの段階で転職するわけではないので応募するわけにはいきませんが、こういった求人案内をチェックしていけば自身の希望に近い求人があるか、あるいはないのかといったことがわかるようになります。

そしてある程度の数の求人案内を受け取っていってから今度は大手有名企業の合格可能性診断というものが受けられます。私もこれを診断してもらったことがありますが、それこそ企業名を言えば誰でも知っているような有名企業ばかりでした。

まずはこの診断を受けてみれば現在の自分の市場価値がある程度はわかるかと思います。

私の場合はここで合格可能性は0だと診断されましたが、ここでどこかの企業に合格する可能性があると診断されれば自信にもつながるはずです。

イベントへ足を運んで企業と接触する

 

これまでは自分自身の家での書類作成やネットでの転職サイトへの登録という準備について述べてきました。実際に転職するわけではないのでできる準備はここまでかと考えてしまいがちですが、まだできる準備はあるのです。

それはDODAなどの転職サイトが開催している転職フェアというイベントに行くことです。私の場合はDODAで登録していると、転職フェアに出る企業からのスカウトメールをいただいたので行ってきました。転職フェアは東京や大阪などの大都市では3日間同じ会場で開催されるパターンが多くて、1日に出店する企業は15~20社ぐらいだと思われます。

私の場合はいただいたスカウトメールはアルバイトで働いていた会社名がたまたまスカウトメールをいただいた企業の取引先という関係であったみたいで、私の経歴が企業側の求めるものとマッチングしていたわけではありませんでした。私の経歴は大学卒業後に食肉のルートセールスをやったり、用紙を扱う物流会社でのフォークリフトオペレーターなど現場作業員を経験してきました。ドライバーの経験はルートセールスをしていた時に2t車を乗っていたぐらいですが、運送業のドライバーをしたことはありません。

このように物流業界でもドライバーではなくフォークリフトの経験しかない私ですが、DODAからの求人案内や転職フェアでスカウトされたのはタクシー会社でした。ただ私の場合はフォークリフトの運転は苦になりませんが、車の運転はかなりしんどいという感覚があったのでこのオファーは丁重に断らせていただきました。

この転職フェアの利点としては、通常企業に応募する際には書類選考を通過しないと会社側の人間と話すことができないのに対して、この転職フェアでは書類選考なしの段階で会社側の人間と話をする機会ができることです。

私はこの転職フェアには3日間のうちの1日だけ参加しました。私がこの転職フェアでスカウトされたのはタクシードライバーの仕事と物流会社のリフトマンの仕事でした。IT関係や建設関係など未経験職種の企業のブースにも行きましたが、未経験職種ですと話す話題もありませんし、企業側の人間もあまり熱のこもった対応にはなりませんでした。

転職するべきかどうかの判断

 

ここまでの準備を現在の会社に勤めている段階でやっておけばある程度自分の市場価値がわかってくることと思います。40代の応募者に対して企業側が求めるものというのは次の2つです。

1つはその分野での実務能力であり、もう1つは管理能力です。

新卒採用と違って40代の中途採用となればこれはある意味当然のことであり、新卒のように将来的なビジョンでのポテンシャル採用などはありえません。

私の場合はこの実務能力はフォークリフト作業の経験がありますが、管理能力に関してはありません。一応物流会社で主任という立場にはいましたが、現場作業を1人でやっていて荷主との対応なども事務員さんがやっていたので、実質は完全な現場作業員の経験だけになります。

ここまでを書いてきて私の場合はフォークリフト以外に経験したことがないので現在の会社を自分から辞めるべきではない状況でしたが、そうせざるを得ない状況になってきたので転職をしました。

管理職に就くならマネジメントスキルは必須

40代になると仕事上における一通りの知識を身につけていて、もし解決するのが難しい問題に出会ったとしても、周りからの助けを借りなくても解決することができるものもたくさん出てきていることでしょう。

また、新入社員が次々と入ってくるような会社では仕事を一日でも早く覚えてもらえるように指導をする機会も多くなっていることでしょう。

もし、現在管理職に就いていなかったとしても、現場全体を見渡す機会は多いはずです。

後輩に対する指導の能力を身につけておくことはもちろんですが、マネジメントスキルを身につけておくことも大切なことです。

マネジメントとは、組織のトップと現場の風通しを良くして、組織の力を最大限に高めていくための仕組みをつくることをいいます。

つまり、組織への理解を深めることが重要なことです。目の前の自分が行っている仕事や部署全体で行っている仕事に目を配っていくことももちろん大切なことですが、40代になっているのであればすべての物事を線でみることが大切です。

若い年代のころは、物事の全体像がみえていませんので、上司から与えられた仕事を一生懸命こなすなかで、見えてきたものを一つずつ吸収していきましたが、40代では、一つ一つの仕事を点でみて、業務のプロセスの流れを完全に理解して、組織全体をきちんと見ていてというように、全体を線でつなげて理解していることが大事です。

自分だけでできないような仕事は、まわりに仕事を振って、役割を分担できるような資質をもっていることが大切になります。

 

仕事を覚えようとするやる気や活力を忘れてはならない

40代で転職をするということは、ある程度の知識や技術をもっていて即戦力になることができる会社で仕事をするということになります。

未経験の業種に転職をするということは、この年代になれば、ほぼ不可能といえるでしょう。転職をすれば、仕事上の知識に問題はありませんので、入社した段階で他の社員よりも十分な知識をもっていることになります。

だからといって、偉そうにしていてはいけません。40代でも、その会社では新入社員なのですから会社ごとの特殊なルールというものも存在するかもしれません。もしそれで分からないことがあったとしたら、たとえ後輩の年齢であったとしてもきちんと聞くことが大切になります。

コミュケーションをとらなければ、年下の社員からは距離を置かれてしまい、仕事がやりにくくなってしまいます。一方で、上司からは、すぐに結果を出してほしいという期待感がオーラから出ていることを実感するでしょう。

まわりからの様々なプレッシャーから、縮こまるようなことがあってはいけません。そこは、年長者としての気持ちの余裕を見せていきましょう。

余裕をもって仕事をしている姿は、何も言わなくてもまわりにはきちんと伝わります。

仕事ができる姿をまわりに見せることができれば、若い人たちは信頼をもって寄ってくることでしょう。いったん信頼を獲得できれば、仕事がやりやすくなって、円滑に物事を運ぶことができるようになります。

いくつになっても、仕事を一生懸命にやろうとするやる気や活力を忘れるようなことがあってはいけません。

私の転職先でも、基本的な仕事は同じようなものでしたが、細かなルールなどはやはり異なりました。細かなルールについて疑問に思ったら早い段階で誰かに訊いて疑問を解決しておく必要があります。

もし疑問を解決せずなんとなくで仕事に取り組むと、やはりミスが多発してしまい二度手間になってしまうケースが多いです。

転職をしたほうがいい場合

 

自分の市場価値を考えてみると転職すべきではなかったのですが、私は12年務めた物流会社から会社都合退職を余儀なくされて、転職することになりました。

ここで注意したいのが退職した後には社会保険や雇用保険、住民税など会社員時代には会社任せになっていた諸々の手続きに時間を取られることが多いということです。こういった手続きよりも次の就職先を探す方が先決ではないかと考えがちですが、この手続きをきちんとしないと健康保険や税金で損をすることになります。特に健康保険や年金については手続きをきちんとすれば軽減されるようになっていますので、面倒くさがらずにやっておくのがいいかと思います。

会社都合退職の方は特にこの手続きはきちんとしないとかなりの損金が発生してしまいます。

私はこの物流会社退職後はハローワーク主催の職業訓練校に通ったのですが、この職業訓練校のルールで3か月後の卒業以降に期日を決められて、どこかの会社でパートでもアルバイトでもいいので働いてくださいというルールがありました。私はこの時に派遣会社でのフォークリフト乗務員の仕事があったので応募して8か月ほど労働しました。ただこの8か月経過した時に突然契約を解除されてしまいます。

この件を機に登録していた派遣会社自体も退職して転職活動を開始します。そして10か月後にようやく現在の正社員での採用してもらえる企業に合格して現在に至ります。この派遣会社での労働をされている方ははっきり言って長い目で見れば転職をしたほうがいいかと私は思います。

もちろん派遣会社もたくさんありますし、ずっと継続して仕事がある派遣会社もあるかもしれませんが、基本的には仕事がなければすぐにポイ捨てで首を切られるのです。おまけに派遣会社の社員というのは交通費については制約が厳しくて、交通費が1部だけの支給、ひどい場合は交通費が全く支給されないという派遣会社もあります。

交通費というのはやっかいなものであり、正社員の会社であっても交通費を全く支給しなくても違法にはならないのです。私が転職を考えたきっかけとしてこの交通費というのは割と大きなウエートを占めています。

お金を稼ぐために会社に通っているのにその会社に通う交通費で赤字になるというのが全く理解できない理不尽な点であり、労働年数が増えてくればその損金も大きな額になると考えて派遣会社を辞めて正社員募集の会社を探しました。

 

まとめ

 

40代になって転職するというのははっきり言ってかなりのリスクを伴います。

なので現在転職を考えている方のその動機として現在の給料などの面で考えている方は少し考え直す必要があるかもしれません。基本的には転職をすると勤続年数もまた1からの出直しになりますし、その会社での地位もまた1から築き直す必要があります。

なので私が考える40代で転職したほうがいい場合というのは基本的には次の2点です。

1 現在の会社の労働時間が滅茶苦茶で過労死の危険がある場合

2 現在派遣会社で労働していて、いつ仕事がなくなるかもしれないという場合

今現在正社員で働いていて多少給料に不満があるぐらいの理由での転職などは考えないほうがいいかと思います。私も無職の10か月間にかなり貯金を使い果たしましたし、やっと決まった状況です。

私の場合は物流関係の経験からの体験談でしたので、IT関係など異業種の方は全く別のご意見があるかもしれませんが、その点だけご了承のうえで読んで参考になれば幸いです。