転職をしたい人が一番気にすることは、新しく面接する会社がブラック企業なのかホワイト企業なのかだと思います。

実際に転職をすると言う人は、前職がブラック企業だったというケースが非常に多いです。

そのため新しく入った会社がブラック企業だと再度転職をしなければなりません。

実際、転職の際、ブラック企業なのかホワイト企業なのかを見分けるのは容易なことではないです。

容易にブラック企業かホワイト企業か見分けがついてしまうとブラック企業には誰も入らなくなってしまいますからね。

しかし面接時にブラック企業かホワイト企業かをいくつかの質問をするだけで概ね判別することが出来ます。

今回は面接時にブラック企業を見分ける方法について紹介していこうと思います。

 

面接で質問ってしていいの?

面接は面接官からの質問に答えるだけだと思っている人もいるかもしれません。

しかし面接はむこうからの質問に答えることも大事ですが、わからないことがあればこちらからドンドン質問してもいいのです。

実際、面接時には面接官と会話をするイメージで取り組むと内定をもらいやすいという話もあります。

つまりこちらから面接官に質問を投げかけているわけです。

そのためこちらから面接官に質問することはNGなのではなく、むしろ好印象に映ることも多いのです。

 

①退職した人の退職理由を聞いてみる

まず最初に退職した人の退職した理由を聞いてみるのは効果的です。

「退職した人はどういう理由で辞めていきますか?」

と聞くと、ブラック企業の場合は答えられないか、明らかに動揺した態度を取りながら嘘のことを言ったりします。

なぜかと言うと、ブラック企業から退職した人の理由は大体「残業がきついから」「ノルマが過酷だから」「パワハラ、セクハラをうけた」等が理由だからです。

こんな理由で辞めていく人ばかりなので、退職した人が辞めた理由なんて面接官が言えるわけがありません。

逆にホワイト企業にこの質問をぶつけてみるとどうでしょうか。

基本的にホワイト企業は辞める人が少ないですし、理由もホワイト企業らしい理由で辞めていきます。

そのため「定年を迎えてやめた」「結婚を理由にやめた」等、会社に対する不満がない理由ばかりです。

悪くても「よい人間関係が築けなかった」という理由くらいでしょう。

そしてホワイト企業は、自分の会社がホワイト企業だという事を自覚していますので、包み隠すようなことはせず正直に言ってくれます。

包み隠さず正当な理由を言って来たらホワイト企業、動揺したり答えられなかったりするとブラック企業と言う風に判断することが出来ます。

 

②働いている人の年齢層を聞いてみる

ブラック企業というのは、若年層に残業や激務をさせて上層部は楽をするという傾向があります。

そのため、激務や残業に耐えられなかった若年層は次々と辞めていき、年齢層が高めの人はいつまで経っても辞めずに残り続けるという仕組みになっています。

そしていなくなった若年層をまた大量に募集して激務を与え、辞めたらまた新たに募集を繰り返しています。

つまり、ブラック企業の年齢層は若年層が少なく、入れ替わりが激しい傾向があり、また高年層が多い傾向があります。

「働いている人の年齢層はどんな感じですか?」

という質問をブラック企業に投げかけると、すんなり答えられないことが多いです。

なぜなら若年層がコロコロ入れ替わるのに高年層はずっと居座っているという状態なので、すぐに答えがでないわけです。

「若い世代はコロコロ入れ替わりが激しいけど高年層は長いこといます」

とは言えないわけです。

では逆に、ホワイト企業にこの質問を投げかけるとどうでしょうか。

ホワイト企業の社員は辞める人も少なく、若年層も高年層も居座る傾向があります。

そのため年齢層をしっかり把握している面接官であればすぐに答えることが出来ます。

「20代は〇〇人くらいで30代は〇〇人くらいで・・・」

と言った感じですぐに答えてくれます。

またホワイト企業は年齢ごとに偏りがなくバランスがいいことが特徴です。

逆にブラック企業は高年層が多い傾向があります。

年齢層を聞いた時に高年層が多いという返答が来たらブラック企業の可能性がありますので、警戒した方がいいです。

 

③職場を見学してもいいか聞いてみる

面接時に職場見学をしてもよいかどうかをたずねてみるというのも一つの手です。

ブラック企業を相手に職場見学をしてもいいか聞くと、まずさせてもらえません。

なぜかと言うと、ブラック企業からすると働く前に職場を見られてはまずいからです。

パワハラが横行している職場は怒号が飛び交っていたり、激務や残業が多い会社は社員の目が死んでいたりします。

そんな光景を働く前に見せてしまうと絶対に入社してくれるわけがありませんので、ブラック企業からすると職場見学は絶対にさせてはいけないのです。

それではホワイト企業相手に職場見学をお願いするとどうなるでしょうか。

もちろんホワイト企業の中にも、時間の都合上どうしても無理だったり、セキュリティの都合上見せられないといったことはあります。

しかしそういった都合がなければ、やましいところはありませんよと言わんばかりに見せてくれるでしょう。

どうしても職場見学をしたいという人は、あらかじめ面接の日程調整の段階で職場見学をしたい旨を伝え、都合のいい時間帯を指定してもらうといいでしょう。

日程調整の段階で職場見学を断られるとブラック企業の可能性がありますので警戒した方が良いです。

④毎年何人くらい採用されるのか聞いてみる

毎年何人採用されるのか聞いてみることも効果的です。

ここで注意してほしいところは、新卒だけでなく中途採用の人も含めた数を聞いてください。

何故この質問がブラック企業かどうか判断するのに有効かと言うと、ブラック企業は採用数が多い傾向があるからです。

ブラック企業は、理由は様々ですがとにかく辞める人が多いです。

そして辞めた人の分は当然新しい人を雇わなければいけません。

つまり新しい人が入っては辞めて、また入っては辞めてを繰り返しているのです。

そんなことをしていると当然採用された人の数は普通の会社に比べると多くなってしまうわけです。

そこで、毎年何人採用されているかを聞いてみるのです。

人数が多ければそれだけ辞めていく人も多いという証拠になりますのでブラック企業の可能性が高くなります。

逆に人数が少なければ、労働環境が整っていて辞める人が少ないという事になりますのでブラック企業の可能性は低いです。

またこの質問をするときにセットでもう一つ質問しておく必要があります。

それは「会社にいる社員数」です。

なぜかと言うと、会社によってはアルバイトを多く雇っていたりして社員の数がそもそも少ない場合があるからです。

元々の社員の数が少ないところは、ブラック企業であっても1年で採用される人数は少ないです。

また、1年で採用される人数が多い場合でも、元々社員の数がものすごい多いという場合も考えられます。

つまり会社にいる社員の数と採用された人の数を比較することで初めて、ブラック企業かホワイト企業かの判別がつくという事です。

社員全体のうち、1年間のうちに新入社員として入社した人の数は平均で7%と言われています。

100人社員がいる会社なら新入社員は7人と言うのが平均値になります。

つまり新入社員の割合が7%前後だと普通の会社、7%を大きく上回る会社はブラック企業の可能性が高いということになります。

このように、「1年間で入社してきた新入社員の数」と「会社全体の社員の人数」の2つをセットできくことでブラック企業かどうかがある程度判別することができます。

まとめ

以上が面接時にブラック企業かどうかを見定める方法になります。

この4つの質問の中でも、「退職した人の退職理由」を聞いてみることは、ブラック企業からしたらかなり答えづらい質問です。

そのためこの質問をするだけでブラック企業なのかホワイト企業なのか概ね判断できてしまいます。

もちろん求人をよく読んだり、クチコミを参考にするということも大切ですが、面接時にブラック企業かどうかも判断できてしまうということも頭に入れておくと有利に転職活動を進めることが出来ます。