一般的な病院のブラックな現状

 

生き物(人間)相手の仕事である

まず病院は生き物(人間)相手の仕事だということがあります。それも健康で元気な人間ではなく、病気で体調の悪い人間を相手にする仕事です。

入院施設があれば入院患者の急変は24時間365日日常茶飯事ですし、外来にも予定外の急患が駆け付けます。
大概の病院は常にスタッフが不足しており、限られたスタッフでギリギリ何とか回しているのが原状です。

患者はこちらの都合を考えて調子が悪くなってくれるわけではありませんし、調子が悪くなった人間は機械と異なり「治すのは明日にしましょう」ということができません。

いつ調子が悪くなるかわからない患者を今すぐに処置する必要がある訳です。そのため医療従事者は基本的に自由な時間が少なく、いつなんどき拘束されるか予想もつきません。

疲れたから今日はもう帰ってゆっくりしようかな、と思ったときに急変があり呼び出されることもありますし、貴重な睡眠中に叩き起こされることもあれば、滅多に取れないお休みに家族サービスをしていても妨害されることもあるでしょう。

それにくわえ加え病院の仕事には、病院を運営していくためのスタッフのマネジメント業務やこまごまとした事務作業、機材のメンテナンスなど表に出にくい仕事もたくさんあります。

それらの業務は現場に人員配置する際にあまり考慮されることはないため患者が落ち着いた隙間の時間を見つけて行う必要があるわけですが、多くの病院は先に述べたようにスタッフ不足のため、実際は業務の定時が終わった後に行うことが一般的です。これではますます自分の時間がなくなります。

医療=ボランティアというイメージが強い

医療職はれっきとした職業なのですが、いまだに医療=ボランティアという印象が強くあります。実際、医療従事者は心優しい、ボランティア精神にあふれた人たちが集まりやすい傾向にあるのです。

そして雇う側はそのイメージを時として自分たちの都合の良いように利用します。

「患者のために仕事をしているのに最低限以上のお金を要求するなんてモラルがない」、とか「患者サービスは善意で行うものだ」という雰囲気があり、昇給や残業代などについて話すのは基本的にタブーな雰囲気が漂っています。
そしてボランティア精神にあふれた医療従事者はその状態を甘んじて受け入れてしまうのです。

特に残業代に関しては非常にあいまいで、定時を過ぎても仕事をするのが当たり前の環境になっている職場も少なくないのです。(もちろんサービス残業)

医療従事者は高給取り、というイメージが世間にはありますが、実際はそのようなことはなく、儲かっているのはごく一部の人だけです。

世間が好景気で浮かれている時も病院は関係なし、世間の景気が悪い時はそれに乗じて給料が削減される。
人の命を預かる、という非常に重たい責任の割に給料が少なくみあわないのが多くの病院スタッフの現状なのです

医療従事者は一般常識がない

医療従事者は一般常識を学ぶ時期である学生時代のほとんどを専門の勉強で費やします。大学のカリキュラムも独特で専門教科の勉強や実習ばかりです。

働くようになってもさらに専門知識を身に着ける必要があるうえ日々の業務が忙しいこともあり、実際、新聞やニュースすら見ない医療従事者はたくさんいます。また病院で働いているスタッフのコミュニティは意外と狭く、他職種、他業種で働いている人との情報交換の機会はあまりありません。

このような理由により、医療従事者はそうでない人と比べて一般常識に乏しい人がたくさんいます。「医療従事者の常識は一般人の非常識、一般人の常識は医療従事者の非常識」という格言もあるほどです。

結果、自分の働いている職場がブラックな環境だったとしてもそこに気が付かないのです。

世間では同世代がどれだけ貰っているかを知らないだけではなく、自分がどれだけの給料をもらっているかすら把握していない人もたくさんいます。

もっとも自分の給料を知ったところで似たようなコミュニティで比較するだけなので、なんとも思わないのですが。
世間はみんなこんなものだ、というふうに言われればそのように信じてしまうため、ますますブラックな環境にはまっていくのです。

今、世の中では働き方改革が話題になっていますが、そんなことは自分とは関係ない世界の出来事なのです。

セクハラやパワハラが多い

患者からのセクハラ・パワハラ

患者は基本的にとてもわがままです。以前は病気を治してもらう、ということで患者も遠慮して大人しくしていた時代もありましたが、現在は病院は接客業という認識の元、患者の立場がどんどん強くなってきています。

医療従事者は基本的にある程度の患者わがままは受け入れますし、患者側も自分は病人で多少のわがままは許される、という思いがあるため、気に入らないと怒鳴ったりすることも多々あります。

病院側としても訴訟になると大変(実際は勝訴してもイメージに傷がつく)なため、訴えられないよう患者の機嫌を取ることに必死です。患者からパワハラ、セクハラされた、といって相談しても取り合ってもらえないことがほとんどでしょう。

医療従事者からのセクハラ・パワハラ

医療従事者の世界は非常に狭いコミュニティで、非常に閉鎖的、かつ封建的です。

今でも昭和の価値観が根強く残っているので、上司の権力は絶大でセクハラ、パワハラなんてものは当たり前です。
訴えたところで改善することはありませんし、下手をすれば逆恨みを買って不都合な扱いを受けることもざらです。

 

 

東京と地方の病院の差を比較

雑務が多く労働時間が長い

労働時間については東京と福岡では歴然として差があります。正直、福岡県の方が労働時間が圧倒的に長いです。

なぜ長いのか(個人的見解)は、まず、医療職者の数が圧倒的に違います。その為、業務が細分化されておらず、雑務が非常に多いです。本業に取り掛かる前後に、雑務が入るため、どうしても残業という形で処理をしなければなりません。雑務を押し付けているにもかかわらず、賃金は低賃金で、サービス残業です。

具体的な雑務は病院にもよりけりですが、清掃業務(更衣室ロッカー・事務室内・ナースステーション内など)・環境整備(電球交換や備品の細かい修正や位置移動など)・書類整理(カルテ整理・保険診断書書類の作成業務)・代行業務(他科受診付き添い、患者の買い物など)などがあります。

東京では、人材が豊富なので、業務が細分化されています。上記にあげているような雑務を、専門職が行うことはありません。しかし、整った条件で勤務をしたことがないスタッフが長く勤めている病院が福岡には多いため、これが当たり前という認識がうまれています。

長く勤めている人は雑務を若手にやらせるという、文化が根付いており、新人は自分の業務以外の業務もカバーしなければいけなくなり、覚えることがありすぎて仕事が終わらないのが現状です。長年勤めている人は、自分たちもサービス残業で行ってきたので、時間内で出来なくても、時間をかけて終わらせる。終わらないのは能力が足りないと勘違いをしています。

また福岡の病院は、残業に対する美化があり、残っている人ほど、能力があり、素晴らしいと思われる傾向があります。仕事が終わって雑務をやっていると「偉いね、自分の仕事以外もやって」などの声を聴きますが、この文化こそ違います。時間内の本当は行わなければならない業務が終わっていないのです。東京では残業をしている人は能力のない人、時間外に業務を持ち越さなければ終わらないと人と思われます。その為、誰が行っても時間内に業務が整理できるような細分化がなされている印象を強く受けます。

上記の内容から東京は労働時間が短い。福岡は労働時間が長いという結論を個人的に出しています。

地方と東京では所得差が大きい

東京と福岡、全国を比較しても医療費は同じです。日本国民であれば、どこの病院にかかっても3割負担です。医療費は同じなのに、給料にかんしては雲泥の差が出ています。関東を経験したことのない人はよく、「東京は物価が高い」といいます。現状は多いな誤解があります。

東京は手当てが大きいのです。家賃手当をとってみても、上限5万円をだす病院が多くあります。福岡は上限2万5000円程度です。例えば東京で家賃10万円の1LDKの物件を借りたとすると、家賃補助があるので手出しは5万円です。福岡で家賃7万円の1LDKの物件を借りたとします。

手出しは4万5000円です。その差は、たった5000円です。賃金の差は実際の話、関東では月手取りで30万以上はもらっていましたが、九州では25万以下です。一見しても5万以上の月の所得が違うのです。年間60万違いますし、賞与にも反映しますので、多いところでは100万年収が違います。

賃金について、医療ワーカーに確認をしたところ、九州は医師・看護師が多く余っているので賃金や労働条件をあげずとも人が集まるので、低賃金のままだそうです。なぜこのような現象が起きるのかというと、九州は佐賀・長崎・大分・宮崎・鹿児島、上は山口・広島までは福岡を目指いて上京してくる医療職が多いそうです。その為、地方と比べると給料が高いと思われています。決して高くありません。福岡で働いている人は福岡しかしらないから、そのように思っているだけです。

最新の技術を取り入れず、医療水準の格差ができている

東京都比較すると、医療水準は低い印象です。古い文化に固着している医師や看護師が多く、新しいものを積極的にとりいれようとしない印象をうけます。某A病院の有名な先生だからとか、著書をたくさん書いているからなどであがめられており、他のやり方や、知識よりも自分の築き上げてきた文化を大切にする方が多くいる印象です。

その為、薬剤や医療メーカーからの最先端の勉強会なども、東京と比較すると、行われていない印象です。医療は日々進歩しており、ついこの前まで、この治療に有効性が認められていたが、今は全く違う治療方法を推奨するという事はざらにあります。救命の蘇生方法においてもそうです。

アメリカ心臓協会は5年ごとにガイドラインを見直して、有効性を裏付けて、アルゴリズムを作成しています。つまり日々、勉強を行うという環境を提供しないと医療水準をたもつことは出来ないのです。これも経営者の方針や部長職などの管理職の影響が大きいです。関東は最新のものを取り入れ、他の病院との差別化を図ろうとしますが、福岡は偉い先生のいう事は絶対という感じです。その為いつまでたっても古い方針をとっています。それが患者さんの予後に直接影響してくるのです。

好きな時に有給を取ることが出来ない

関東の病院は夏季休暇・冬季休暇・リフレッシュ休暇などがある病院も多くあります。遠方から上京している人が多くいるので、まとまった連休を取らせて消化させる傾向にあります。私が勤めていた病院の先輩などは2週間の連休を毎年もらっており、毎年、海外旅行にいっていますし、遠方からの人はこの機会に、実家に戻り、休みを過ごしています。

しかし九州では、せいぜい5日、少ないところでは3日しか夏季休暇を取らせてもらえない病院がほとんどです。希望の休暇や週の休みをずらして、連休をとることもダメといっている病院もあります。もしとれたとしても、先輩からは「自分もとったことないのに、うらやましいね」などの皮肉をいわれます。

残った有給は当然、年度末に抹消され、あらたに使わない年休が補填されます。これも有休を消化する順番が決まっており、先輩から順番・みんな均等に有休をとらせなければならないなどの考えがあるようで、順番が回ってくるまでは有休を消化することが出来ません。

管理職・経営者の考えなのでしょうが、出来るだけ少ない人数で、現状を維持したいという思いがあるようで、1人が有休を消化すると業務に支障がでるような人員配置しかおこなっていない印象です。関東は有休を消化させるために、余分に人をおおくいれています。その為に業務が滞ることなく、終わるのです。

まとめ

関東と九州の医療の違いを記入させて頂きました。病院の労働環境はブラックなところが多いことには地域差も多く関係しています。また、業務を細分化できていない病院が多くあり、労働時間内に業務が終わらないようなシステムを最初から構築しているのです。

医療の基本はボランティア精神、人に尽くすことはいいことです。そのことに誇りを持ちなさいなどの考えが根底にあるのでしょうね。その為、平気で労働時間を長くしたり、安い賃金のまま雇用したり、当たり前の休暇をとらせなかったり、最新の医療水準を保てなかったりという結果につながるのです。

病院は絶対に必要なものです。その為、絶対になくなることがないという安心感や、他病院との競争などもおこらないので、上がもうかれば下は、馬車馬のように働いても、条件が合わなければ辞めてください。あたなのほかにも働きたいという人は山ほどいるのですという考えがうまれるのでしょう。