第二新卒として転職活動をするときには新卒に近いメリットがある

第二新卒という言葉は新卒でもない、中途採用でもないという意味合いがとても強く、両者の特徴を少しずつ反映した存在であると言えます。

一般的に第二新卒というのは、新卒で入社して3年以内の人たちのことを言います。

したがって、新卒と同様に正社員経験が全くないわけではないが、中途採用ほどに経験を積んでいるとも言い難い人たちのことなのです。

この第二新卒として転職をするときにはメリットもちゃんとあるので、そのチャンスを逃さないようにしましょう。

第二新卒でいられる時期というのは限られていますから、そのメリットを生かして転職をするというのもありです。

第二新卒のメリットとしては、やはり新卒に近いという点が挙げられるのです。

早い人だと入社して1年程度でもう転職をするという人もいると思いますし、第二新卒は基本的には20代前半から中盤くらいまでの人が対象になります。

したがって、大卒の新卒の人と比べて年齢がそこまで変わりません。

一般的に転職は年齢が上になるほど不利と言われており、逆に若い方が良いという意味では第二新卒は年齢的には非常に有利と言えるのです。

企業にとってみれば、新卒は全くの未経験だが、第二新卒は多少は経験をしているということが言え、よりリスクが低い存在となります。

そうなると、新卒に近い年齢ではあるけれども、すでに持っている経験が新卒よりも上ということは、第二新卒の明かな魅力になるので、そこは評価される可能性があるわけです。

正社員としての業務を通じてのアピールが可能というメリットがある

第二新卒は新卒にはない部分を持っているという点で有利な面があります。

それはすでに正社員の経験をしているということで、そこを生かして第二新卒として転職活動をすると、結果が伴う可能性が高まります。

なぜならば、第二新卒の転職においても面接などで自己PRなどを話す機会があると思いますが、新卒は主に学生時代の話しかできません。

当然ながら正社員としての就業経験はありませんから、アルバイトは可能でも、正社員の話はできないのです。

ただ、第二新卒は正社員としての話が可能になるので、その点において新卒と第二新卒は明らかに違う部分を持っていることになります。

第二新卒は正社員としての話ができますから、実際の業務に近い形でのアピールが可能ということが言えます。

新卒のような場合では、正社員としての仕事を経験していないがゆえに、そこから出てくる自己PRなどの話はイマイチ説得力がないのです。

特定何かの能力が業務で生きるという内容の話をしますが、正社員の仕事をしていないわけだから、本人の想像の話になってしまうので、人事としてもその話を鵜呑みにするわけにはいかないのです。

しかし、第二新卒は実際の正社員としての業務に沿った話ができるので、想像ではない、より説得力のあるアピールになります。

そこは第二新卒ならではのメリットですし、新卒と同様に非常に若い年齢なのに、新卒が経験していないことを経験しているという特異な部分を持っていると言えます。

だから、そこをうまく利用してアピールをすることで内定の確率を上げることが可能になるはずです。

ここは第二新卒ならではのメリットの1つに数えられると言えるでしょう。

第二新卒は仕事が続かないマイナスのイメージというデメリットがある

第二新卒には新卒に近い存在なのに、正社員経験がすでにあるという大きなメリットがありますが、デメリットもちゃんとあります。

良いことばかりではないので、その点はちゃんと認識をしておかないといけないのです。

第二新卒として転職活動をする際に人事が抱くイメージの1つには仕事が長続きしないような人間なのではないか?というものがあります。

第二新卒は主に3年以内で1度辞めている人間ということになりますから、短期間での離職ということで、マイナスイメージを抱かれてもしょうがないと言えるのです。

短期離職ということになると、転職をしてもまた同じように辞められる可能性を想像してしまい、採用に消極的になる可能性はあります。

実際は入社してから何年で辞めるか?というのはその人によって異なり、1年未満で辞める人もいれば、3年程度で辞める人もいるので、第二新卒の評価が全く同じというわけではないのですが、全体的にはそういう傾向があるということになります。

だから、第二新卒というのは多少なりとも人事にとって、仕事が長続きしないイメージを持たれてしまっているということは知っておかないといけないのです。

そういった部分を考慮するならば、人事にとって納得のいく前職をやめた理由を話しておく必要があると言えます。
ここは転職をする人は、第二新卒に関係なく全員が悩む部分になりますから、前もって相当練っておかないといけません。

人事もかなり慎重に話を聞こうとしている部分なので、ネガティブな印象を与えないような内容にしていかないといけないと言えます。

第二新卒が話すべき前職を辞めた理由としては、前職に何か嫌なことがあったとしても、それは話さない方が良いと思うのです。

基本的に人が転職する理由は、前職で何かしら嫌なことがあって、そこから逃げたいと思ったからでしょう。

しかし、それをそのまま言うというのは愚策になるということは知っておかないといけないのです。

例えば、新卒の学生が何で就職をするのか?と言えば、生きていくためにお金が必要で、そのお金を稼ぐためというのが本音でしょう。

でも、面接ではその本音を言わないはずで、その会社に関する魅力などを見つけて、それを志望動機にするわけです。

つまり、本音は隠してより積極的な内容として志望動機を話すということを新卒の段階で全員がやっているはずですから、それと同じことをすればいいのです。

前職で嫌なことがあっても、それは隠してもっと積極的な内容として前職を辞めた理由を話すと良いということになります。

新卒の場合と同じで、その会社の良いところを見つけるというのが重要になるのです。

その会社の良いところを見つけて、それがあるからその会社に転職をしたいという流れにすると、ネガティブな印象は消えます。

分かりやすく言えば、転職を希望する会社にこんな魅力があって、その魅力に惹かれて働きたいと思い、前職を辞めようと考えたといった内容にすると非常にポジティブな印象になります。

嫌なことがあったから辞めるではなく、働きたい会社があったから辞めるの方が明らかに好印象ですから、そういう内容で考えていくと良いと思います。

第二新卒は求人探しに苦労する可能性があるというデメリットがある

第二新卒は社会的にメジャーな存在とは言えないですし、そもそも層として人数が多いわけではありませんから、第二新卒に向けた採用活動を行っていない会社も多いです。

すると、第二新卒専用の求人が多いとは言えませんから、そこで苦労をする可能性があります。

第二新卒の求人が見つからないと、中途採用として転職するという手段も残りますが、そうなるとライバルが第二新卒のみではなくて、もっと経験豊富な年上の人たちになるので、非常に厳しい可能性もあります。

第二新卒の求人は探せばある程度は見つかるはずですが、選択肢が多くないということが言えますし、自分の希望に沿ったものが見つからないかもしれないので、そこはデメリットになるでしょう。

第二新卒として転職をするならば、第二新卒の求人に応募するのが最も内定を取りやすいはずですから、そこを目指してほしいですけど、それは思ったよりも難しいというか、求人探しの時点で大変と言えるので、そこは知っておかないといけないのです。