転職活動をする際、自力で会社の中途採用ページをみたり、求人サイトをみたりして応募するというやり方がある一方、転職エージェントに相談するという人もいます。転職エージェントを利用するかどうかは一つ転職活動のポイントになりますので、今回は転職エージェントを利用するメリット、デメリットを整理してみます。

 

転職エージェントを利用するメリット

 

 

マッチした転職案件を紹介してくれる

転職エージェントを利用するメリットは大きく3つあります。まずは、自分にマッチした転職案件を紹介してきてくれること。

自分だけで転職活動を行うよりも、転職エージェントに登録して転職活動をしたほうが、早く転職できることが多いです。

その理由は、エージェントが転職活動のサポートをしてくれるから。例えば、登録後はヒアリングをし、自分の経歴や希望に見合う企業を紹介してくれます。そのため、自分で求人企業を探す手間がありません。

転職エージェントで取り扱う求人企業は、非公開求人がたくさんあります。自分で探すだけでは見つけることが不可能な企業をたくさん取り扱っているのです。豊富な選択肢の中から、より良い条件の企業を探してくれるので、転職に成功しやすいというメリットがあります。

自力の転職でうまくいかない例として、自分のスキルと応募案件にミスマッチが生じていることがよくあります。転職エージェントに相談することで、そのミスマッチを極小化しつつ、転職希望者の望む案件を持ってきてくれます。

 

書類審査、面接のサポート

 

2点目は書類審査や面接に向けた準備や対策のサポートをしてくれるところ。

 

その他、転職に関することで不安なことがあれば、色々な相談にのってくれます。

自分で転職活動をしているだけでは、なかなかここまではできません。それだけでも、転職エージェントを利用するメリットが大きいことがわかります。

ここまでサポートをしてくれるにもかかわらず、ほとんどの転職エージェントが無料で利用できます。その理由は、転職エージェントは、求人企業側から報酬をもらうことで運営できているので、エージェントを利用する求人者からお金をもらわなくても大丈夫だからです。

スキルがたとえマッチしていたとしても、それを面接や書類でうまくアピールしなければなかなか内定には至りません。また、応募する企業により通りやすいくせや質問されやすい特徴があったりします。

そういった点は最早自助努力で完全に把握するのは困難でしょうから、そこはやはり転職のプロである転職エージェントに相談し、アドバイスを受けることで自分の応募書類や面接での受け答えをブラッシュアップすることが可能になります。

 

面接の時間調整、年収交渉もやってくれる

 

最後は、面接の時間調整や内定獲得後の年収交渉までやってくれることです。転職活動はもう社会人になってから行うため、一般的に時間が限られていることが多いです。従って自分ですべての面接アポイントを整理すると、うまく時間が合わなかったり、面接進捗ペースがずれて比較検討ができなくなったりします。転職エージェントはその点をうまくコントロールしてくれます。また、年収交渉についても、内定者がみずから行うのは実際困難な部分も多いですが、転職エージェントは自身の受ける手数料が一般的に転職者の年収に依存するので、最善の水準を目指してくれます。
このように、転職エージェントを利用するメリットは多数あります。

 

転職エージェントを利用するデメリット

 

エージェントによって得意なジャンルが異なる

 

では転職エージェントを利用するデメリットはなんでしょうか。こちらは大きく二つあります。

一つは、転職エージェントにより強い業界や企業に偏りがあるため、相談するエージェントにより、勧められる職場に差がでてしまわざるをえないこと。

どんな転職エージェントも全ての企業にアクセスできるわけはなく、必然的に自分がアクセスしやすい企業に希望者を誘導していくことになります。

真に転職希望者にあった案件が転職エージェントの守備範囲にあればいいですが、そうでない場合は、手持ちの案件がないので、知らないうちに自分の適性は二の次に、さほど望んでもいない案件に誘導されるリスクはあります。

利用者の口コミをチェックするのもおすすめです。

一部の転職エージェントに限ったことですが、転職を急かすような態度をとる転職エージェントもあるようなので、転職エージェントを選ぶ際には気をつけなければいけません。

もし、登録した転職エージェントが自分には合わないと思ったら、退会の手続きを取るようにしましょう。

地方の求人数が少ない場合がある

 

転職エージェントはたくさんあり、それぞれに特徴があります。取り扱っている求人企業のエリアが限定されているエージェントも少なくありません。

全国の求人企業に対応しているエージェントだったとしても都心から離れた地方になると、求人企業がほとんどないということもあります。

まずは、自分が探しているエリアの求人情報を取り扱っているかを転職エージェントのホームページで調べてから、登録をすることが大切です。

入社後に苦労するリスク

2点目は転職エージェントが敏腕すぎることで、本来より高いレベルの企業、手持ちスキルでは内定獲得が難しい企業に内定できてしまい、実力不足で入社後に苦労するリスクです。転職エージェントは基本的に転職希望者を内定させると、その企業から転職者の年収に応じた手数料を受けるのが基本的なビジネスモデルです。従って転職エージェントはなんとか転職希望者を内定させようとします。これは表面的には転職希望者にとってありがたいのですが、あまりに実力以上の結果となった場合、結局入社後についていけずに、転職先で思うようにキャリアが築けなくなってしまうことがあります。
このように、転職エージェントを利用するデメリットがあるのも確かです。

 

より良い企業に早く転職するためのエージェントの活用方法

転職エージェントは、数えきれないくらいたくさんあります。自分が探しているエリア、自分が希望している業種や職種を取り扱っている転職エージェントに絞ったとしても、複数の転職エージェントが存在する可能性が高いです。

地方で探している方は、もしかしたら利用できる転職エージェントが限られてしまうかもしれませんが、利用したいと思う転職エージェントが複数あるようなら、2~3社を選んで登録し、サポート内容やサービスを比較することをおすすめします。

どの転職エージェントを選べばよいかわからないのであれば、口コミなどの評判が良い転職エージェントを選ぶのが無難です。転職エージェントにより、紹介される求人企業も異なるので、2~3社のエージェントを利用することで選択肢が広がり、より良い求人企業が見つかる可能性が高くなります。

そうはいっても、3社を超えるくらいの数を登録してしまうと、自分自身が対応しきれなくなるので、登録するのは2~3社くらいがおすすめです。

利用しているうちに、紹介してくれる求人の質が低い、電話がしつこいなど、自分には合わないと思う転職エージェントがあれば、利用をやめましょう。最終的には、自分に合う転職エージェントだけを利用し、ストレスなく転職活動をしていくことが理想です。

そして、転職に成功できたら、担当者の方にお礼を伝えてから、登録していた転職エージェントを退会しましょう。退会しないと、そのまま求人紹介のメールが届くなど、転職サポートが続いてしまう可能性があります。

 

自分自身でもしっかり見極める

ここまで書いたようにメリット、デメリットたしかに両面存在する転職エージェントですが、結局は転職エージェントに任せきりにならないことが肝要です。どのようなキャリアがベストなのか、自分のスキルをいかせる転職先はどこか、自分なりに考え、それをしっかり転職エージェントに伝えながら転職活動を進めましょう。

そうすれば、より転職エージェントのサポートが生きてきますし、転職エージェントの力が働きすぎて、本来受かることのなかった企業に入社してしまうというリスクも小さくなることでしょう。

入社することが最終目的ではなく、入社後の活躍までを見据えて転職先を検討した上で、スムーズに転職活動を進めるためのツールととらえて、上手に転職エージェントを活用していくといいでしょう。

 

最後に

 

転職活動を自力ですべきか、転職エージェントを活用すべきかは、転職希望者の多くが悩むポイントです。しかし、自分のスキルを整理し、自分なりの考えや希望を持って臨めば、転職エージェントは必ず転職希望者の力となります。

闇雲に転職エージェントに相談しアドバイスを鵜呑みにするのではなく、まずは自分なりに整理し転職エージェントへ相談する準備を整えた上で、転職エージェントの利用を始めましょう。