状況が悪化し転職を決意

 

私が今の会社に転職したのは28歳の時です。

転職前の会社は大学卒業後に就職した会社です。

大学時代に学んだ工学的な理系の知識や研究室で実験や計測したことを生かせる会社と感じたことがきっかけで、縁があり入社します。

俗に世間で言われる大手の部類に入る会社でしたが、内定式や入社当初から大勢の同僚や先輩社員の方々と接するのが合わないと思ったのと会社の雰囲気が合わないと感じており、数年は我慢して働き、その後に転職を本気で考えるようになります。

それから就職してから数年が経ち、転職するきっかけが何点かあります。

まずひとつは、会社の売り上げが大きく下がり始めたことです。

就職して間もない頃は、営業売り上げも好調で景気も良かったのですが、年を追うごとに売り上げが下がっていき、一部の事業が撤退するという知らせが出されます。

営業所が赤字になることもあり、営業部は必死になって売り上げを上げようとするのですが、なかなか伸びない状況だったと思います。

こういう先が見えない不景気の状況で、日々仕事をしていると、将来に不安を感じてしまいます。

二つ目のきっかけは、労働時間の延長が挙げられます。

不景気の中で、突然、会社から労働時間の延長の知らせが入ります。

会社側の言い分では、競合他社を意識して労働時間を長くするなどというのが理由でしたが、私は納得できなくて腑に落ちないのが本音です。

裏の本音があるように感じます。

おそらく、労働時間を増やすことができれば、残業時間を削減することができるので、人件費削減に繋がり、不景気な状況で会社にかかる支出を少しでも減らしたいというのが、会社の本音だと思います。

三つ目のきっかけは、会社の雰囲気です。

上記で述べましたように、かなり売り上げも下がり、労働時間も長くなったという中で当時の私は危機感や不安があったのですが、周りの同僚の方々は、危機感がない感じだったのを覚えています。

あまり自分事にとらえていない方が多くいらっしゃったのかなぁと思います。

当時の私はそういう状況を見て、この会社は大丈夫なんだろうかと思うようになっていきます。

以上の三点から転職を本気で考えるようになります。

 

転職サービスを活用した転職体験談

 

 

具体的には大手の転職サイトの登録を行いました。リクナビやマイナビ、DODAなどに登録しました。

なかでもおすすめなのが、リクナビ系列のリクルートです。

こちらのサイトは、職務経歴書を事前に提出して、一度時間を決めてじっくり一時間ほど面談をするのですが、面談の中で自分に合った職種や業界を再確認出来たり、ネットだけでなく、様々な企業の方々と会われている人材会社のプロ方から最新の会社情報や各会社の今までの面接内容を知ることが出来るので、理想の会社を見つけやすく良い転職活動ができると思います。

書類審査が通り、会社の面接が決まったときは、再度面談があり、そこでは面接を受ける会社用に面接の練習をリクルートの方と練習することができます。

この経験はなかり良かったなと思います。

転職活動中に面接の練習をだれかとするのはなかなかできないと思いますし、自分の良かった点や悪かった点やもう少しこうした方が良い点などが客観的に見られてアドバイスして下さるので、本番の面接にはかなり役に立つと思います。

ちなみにこの面接の練習で初めて知ったのですが、面接時にドアをノックする回数は3回が基本なのだそうです。

それまでは2回だと思い込んでましたがそうではないみたいです。

実際にこの転職活動では2社から内定をもらい転職します。

リクナビのリクルート利用して他の良い点は、内定辞退の連絡を自分でする必要がなくて、リクルート側からしてくれるという点です。

自分でするとなると言い出しにくかったり、気が引ける点があると思いますが、リクルートさんが言ってくれるとかなり助かります。

内定するまでには半年も掛かりませんでしたが、応募した数は20社くらいありました。

その半分以上が書類で不合格というのが多いかったです。

不合格というと落ち込むイメージがありますが、何回も経験すると人間て慣れてきます。

不合格と聞いて自分には縁がなかった会社なんだとか、もっといい会社が見つかるかもしれない、合わない会社ということが早めにわかってよかったとか、不合格にした会社を見返してやる!とかプラス思考に考えていったほうが、気が楽です。

最終的に一つの会社に絞るわけですから焦らずにすすめたほうが良いと思います。

 

 

良い環境へと転職成功

 

転職した会社は、前から興味のある業界でしたので、自分の理想に近づけたかなと思います。

ただサラリーマンというくくりのなかでは共通するなと感じる部分も多いですし、前の会社で当たり前と思っていたことが、今の会社では当たり前ではないこともあり、軽いカルチャーショックを受けたりします。転職する会社のことは転職会議などのネットで会社の情報は調べると入社する前にいろいろとわかったりします。

転職して仕事がしやすいのは、転職者を歓迎してくれる会社が良いと思います。

新卒社員でがっちり固められて中途採用者の入る余地もない感じですと居心地は悪いと思いますので、適度に中途採用の方が周りにおられる方が会社に溶け込みやすいと思います。