外資系企業への転職をする際に英語が話せなくても問題ないか?

外資系企業への転職を考えている人とって、英語の問題というのは非常に大きく感じられるのではないでしょうか?
英語がペラペラに話せる人の方が圧倒的に少ないはずですから、外資系企業への転職したい人にとって英語の問題というのはかなり重要に思えるのでしょう。

しかし、この感覚自体が実は偏見でもあると言えるのです。

外資系企業だから、英語が話せないといけないというのはあくまでもイメージでの話に近いです。

外資系企業であっても日常業務で英語を使っていない企業は割とあります。

外資系企業といっても、かなりバラバラで英語が日常的に飛び交うような職場もあれば、他の一般的な会社と同様に日本語のみの会話しかしないようなところもあるのです。

つまり、選び方が重要なのであって、英語が得意な人はそれを生かして仕事ができるようなところに応募すれば良いのですが、英語が得意じゃない人は英語を大して必要としない会社に応募すれば良いということになります。

つまり、結論を言えば外資系企業への転職で英語が話せないことが問題ないか?と言えば、問題ない場合も多々あります。

英語が話せない人が外資系企業への転職をすること可能と言えば可能なので、どういう企業を受けるか?という部分に集中して考えていけば良いと思います。

外資系企業もかなり数があるので、企業ごとの特徴をちゃんと調べたうえで応募するところを決めていく必要があるということなのです。

若い年齢の人ならば本当に全く英語ができなくても問題ない場合もある

外資系企業への転職をする際に英語ができない人が多くいるわけですが、英語ができないといっても、できないレベルが極端に低いという人もいるはずです。

多くの人にとって、英語ができないというのは仕事レベルでできないという解釈になるのではないか?と思われますけど、中にはそのレベルではなくて、日常会話すらままならないという人もいると思います。

挨拶くらいはできるが、中学生レベルの文法も危ういとか、そのレベルの人もいるかと思いますけど、そういう人は厳しいのか?というと、人によるでしょう。

そもそも外資系企業が採用の時点で英語力をどこまでチェックするか?というと、ケースバイケースなので、英語ができないことが大して問題にならないという職場の場合にはチェックすらあまりされないという可能性もあります。

また、仮にチェックするとしても年齢が若い人の場合には、もっと年上の人と比べても英語力の高いレベルを要求されないということも言えます。

それは若いからこそ仕事をしながら英語力を磨いてもらえればいいと考えている会社があるからです。

多くの会社は中途採用は即戦力として期待するけど、新卒に関しては徐々に仕事ができるようになってもらえればいいと考えるでしょう。

それと同様に、まだ若い年齢での転職の場合にはいきなり優れた能力を発揮してもらえなくても構わないという姿勢のところもあるのです。

20代後半くらいまでの年齢ならば、そういった見方をされる可能性があり、英語力に関しても最初からそれなりのレベルを求められることはなくて、仕事をしていく中で必要な範囲で磨いてもらえればと考えている会社もあることは知っておきましょう。

英語が話せなくても問題ない外資系企業は日本人が多く働いているところ

外資系企業の中でも英語を必要とする頻度が低い会社を選ぶと、英語が話せないことが仕事において問題となりづらいので、そういったところを受けていくということが重要です。

英語が話せない人が外資系企業から内定を貰うにはこういったポイントが必要になると言えます。

外資系企業といっても、外国人が大量に働いているというところばかりではないのです。

イメージではそういう感じかもしれませんが、そうじゃないところも多くありますから。

日本人の割合が高いようなところ、別の言い方をすると外国資本の割合が低いような会社を探していくと、英語が話せない人にとって理想的な環境が手に入るということになります。

そういった視点で企業選びをしていくべきですが、日本人の従業員の割合を調べるのが難しい場合には、外国資本の割合を調べていくと良いと思います。

恐らくこっちの方が調べやすいと思いますから、そういったやり方で外資系企業の中で日本色がより多く入っていると思われるところを見つけていきましょう。

実際、日本資本の割合が高く、日本人が多く働いている会社では、自分の周りにも日本人が多くいるので、それこそ外資系企業に入ったのに、外資系企業という感じではないと言える可能性があるのです。

それくらいに周りが皆日本人というケースもあるので、一緒に働く同僚や上司が日本人ならば、日本語での会話が基本になりますから、英語が話せないことが全く問題になりません。

そういったところでも英語を全く使わないということはないものの、外資系企業の割には英語を必要としないという感覚で働けると思います。

英語が話せない人にとって外資系企業への転職が不利にならないためには、そういった企業を選ぶということが重要なのです。

英語が話せない人が外資系企業に転職する場合には、本当に企業選びが重要ということになりますが、選び方の基準としてはこういった部分を知っておきましょう。

間違いなく英語の必要性が低い会社のタイプになりますから、日本人が多く働いているところ、または外国資本の割合が低いところということで覚えておいてほしいと思います。

外資系企業へのアピールの仕方を間違えないように

英語が話せない人が外資系企業に転職することは可能ではありますけど、それはどうやって自分をアピールするか?という部分も関係してきます。

外資系企業というのは一般的な日本的企業とは違ったモノの考え方をする傾向にあるとされています。

したがって、一般的な企業であればアピールになるようなことでも、外資系企業だとむしろ不利になってしまうということがあるのです。

だから、そういったところは気を付けていかないといけないのです。

例えば、会社に尽くすということを掲げて、どんな長い労働時間であっても我慢して耐えてきたみたいな部分をアピールする人がいるかもしれません。

我慢強いや忍耐力があるという意味では、一般的な会社ではそういう社員は歓迎されるかもしれませんが、外資系企業では好意的に見られない可能性があります。

外資系企業では長く、たくさん働くというと、ダラダラ働いているイメージを連想させるのです。

したがって、非効率という部分が植え付けられてしまい、仕事ができない人だと思われる可能性があります。

効率性を重視する度合いが一般的な企業よりも強いので、外資系企業ではこういったアピールは逆効果になりかねないということは知っておきましょう。

これは一例であって、外資系企業に対して自分の魅力を伝えるときに気を付けないといけないことは他にも結構あると言えます。

それは外資系企業の考え方と一般的な企業の考え方が異なっているということに由来するので、その違いをちゃんと認識したうえで自己PRなどを考えないといけないとなります。

一般的な企業に転職をする場合と明らかに対策が異なるので、外資系企業の性格やモノの考え方に関して最初に詳しくなっておいた方が良いです。

英語ができない以上、それ以外のスキルや経験でアピールをするしかないので、そこで評価されないことには転職で内定を得ることはできません。

外資系企業に特化した、きちんと評価される方向性でアピールをしていくということも重要になりますから、知っておいてください。