かつてゲームは、劣等的なモノとして扱われていました。

ゲームをしていたら頭が悪くなるなどの文言は勿論の事、ゲームという言葉にあまり良い印象は無く、ゲームに携わる仕事をしている人は、毎日遊んでいるのかと思われるほどに、ゲーム関連の仕事には、理解されない差別的な誤解があったのです。

特にファミコンが世に普及していた時代などは、その誤解は数多にあり、ゲーム会社に勤めていると知られれば、一般企業に勤める平のサラリーマンよりも低く見られてしまうと、ゲーム作りの根幹であるプログラマーの存在は軽んじられると、実に不自由な想いをしてきた時代がありました。

近年において日本のゲーム需要は減少どころか増加の傾向があり、スマホなどの個人携帯端末などの普及により、アプリとして気軽に楽しめ、無料ダウンロードからユーザーを募り、その後に課金やイベントなどを行使し、様々な企業がゲーム作成へと乗り出す様になり、プログラマーの需要は確かに増えましたが、その分に、ブラック企業なゲーム会社も増えていきました。

プログラムを行使し、ゲームを作る上で欠かせない存在である、貴重な技術職であるプログラマーを安い賃金で雇用し、使いつぶすブラックなゲーム会社に入らない様にする為にはどうすれば良いのか、今回は、現在のゲーム会社のブラックな事情や、プログラマーの雇用に、ホワイトなゲーム会社に入る進め方を教えていきたいと思います。

何故にプログラマーは軽んじられてしまうのか?

ゲーム会社に入ると、プログラマーとしての知識を得て、才能をようやくに開花しても、それで自分の好きなゲーム会社においそれと就職は出来ないご時世となっている昨今。

インターネットや通信機器の発達などでプログラマーの需要は増え、かつて才能職と言われていたプログラマーは増加の傾向があり、もはや日本だけではなく、外国に発注や、プログラマーを雇わないゲーム会社と、ゲーム作りの環境はより厳しいモノとなっています。

プログラマーを雇わなければ、ゲームは作れないのではと考える方も多いですが、最近のゲーム作りは外注が多く、ゲーム会社の社員は数人だけで行われ、大半は非正規社員で構成されているなどと、実にシビアな時代を迎えてもいます。
またプログラマーに対しての考え方を一般職とみなし、営業職をエリートとして扱うと、未だに前時代的な対応をしているゲーム会社も少なからず存在しており、プログラマーが容易に正社員として扱われると、その企業も少ない時代でもあるのです。

では何故にプログラマーが軽んじられてしまうのかと言えば、それはイメージの問題にもあります。

基本プログラマーは裏方で営業は前方と日本独特なサラリーマン環境ゆえの偏見などがあり、プログラマーはイメージ的に見られてしまう雰囲気では、偏屈でコミュニケーション能力が不足していると思われ、営業は努力家ではないと務まらず、コミュニケーション能力が無いと成り立たず、多くの契約を持って帰れば優秀と、かつての日本の戦後を支えた高度成長期時代のサラリーマンのイメージゆえにその偏見は根強く、プログラマーはまだ誕生してから日が浅く、営業に比べれば低く見られてしまうと、どうしようもない偏見が存在しているのです。

プログラマーを軽んじる傾向

最近では、とある有名ゲーム会社である事件が起きてしまいました。

それは多くのヒットゲームを世に出し会社に貢献し、様々な発想を持って海外からも評価を受けた日本のゲーム業界において巨匠と呼ばれた人物の、不当な扱いと解雇が話題になったと思います。

会社側の言い分と辞めさせられた側の言い分も、双方にあるかもしれませんがこの解雇劇は、海外からもその会社に対してのバッシングが行わ、またその巨匠がいなくなったシリーズをリリースするも不人気扱いとされ、不買運動がされてしまうと、実に散々たる顛末を向かえる等、色々な事情が連なってもいたとあるゲーム会社の事件。

これはゲーム会社に勤める人々にとっては衝撃的な事件でもあり、ゲームクリエイターやプログラマーなどの扱いを雑にしていると露わにされた事件でもあったのです。

海外のゲーム会社などはこの事件において信じられないと言う程に、プログラマーやゲームクリエイターなどを軽んじている日本のゲーム業界のブラックな一面が露わにもなりましたが、海外も同じ事が起きてもいます。

有名なアウトローな体験ができるゲームで有名な会社では、社長が有給休暇中に会社を乗っ取ると言う事件が発生すると下克上な展開もあり、しかもその会社を乗っ取られた社長が社員を全員引き抜いてしまいゲーム作りのスタッフを奪ってしまうと、実に海外ならではのブラックな会社の一面があるなどプログラマーやゲームクリエイターを軽んじるのは日本だけではないと、プログラマーを取り巻く情勢は非常に薄暗いものがあるのです。

プログラマーは取り換えがきくとパソコンなどの機器が普及した背景にはプログラマーの増加があり、その中でオンリーワンになるプログラマーも、ゲームクリエイターも、安泰の位置におらず常にその地位の奪い合いが日常化してもいるのです。

そんな厳しいゲーム業界にてプログラマーとして活躍したいと願う人はそんな過酷な環境にいる事も念頭に忘れてはいけません。

ブラックなゲーム企業と、ホワイトなゲーム企業の見分け方について

就職する事になれば、どんなゲーム会社に就職しようかと考えますが有名どころは難しく、中堅クラスのゲーム会社を狙ってみればいいと経験豊富なプログラマーはいるかもしれませんが、それも確かな正解ではありません。

以前に、求人広告を出していたぼうゲーム会社は、年収200万円を約束しゲームプランからクリエイトにまたプレゼンと企画の立ち上げと運用が出来るプログラマーを雇おうとしますが、年収200万円でそこまで出来るプログラマーは雇う事は出来ません。

年収は営業成績で上げると言うもそれは甘言であり、こういう手の会社は絶対に能力向上によっての賃金の引き上げを行う事はしません。

こういう募集を掛けている会社は、絶対にブラックなのでこういう手合の会社は絶対に選ばないようにしましょう。

ではホワイトなゲーム会社はどの様に見抜けば良いのか、それについて解説をします。

ホワイトを見抜ける観察眼を持つ事

ゲーム会社は、基本がどの仕事も過酷な内容となっており、人からみればブラックだと思う内容もあるかもしれませんが、中には良識的な作業環境を整えている会社も存在しています。

まずホワイトかブラックなのかを見抜くには、まず企業の本質を見抜く目を持つようにしましょう。

言うなれば就職の前に、アルバイトとしてゲーム会社がどの様なモノかを知り、また最近では副業的なプログラマーの仕事が幾つも存在しておりゲームの業界がどのようなものかと経験を積む事が大事な事となります。

最終的には肌に合う合わないかは自身の判断で決める事でもあり、周囲からはホワイトと言われているも実は入ってみればブラックだったと、笑えない話もあるように、ゲーム会社で働く事は、実に容易ではないのです。

またゲーム会社に入ったからといって、ただプログラマーとして活躍するだけではと世の中は上手く出来上ってはおらず、会社である以上はその中にある処世術を学び、人となりの仕組みを理解し人間関係を構築するなど、観察眼も今の時代を生きるプログラマーにとっては重要なスキルでもあります。

経験が無くてはゲーム会社で務める事は難しく、大切なのは常に経験を磨き、自分のスキルを向上させていく意識を持つことが重要となっていくのです。

最後に

ゲーム会社でプログラマーを目指すうえで、必ず忘れてはいけない事は、常にその会社の雰囲気を見抜き、プログラマーをどの様に扱っているのかを知る事にあります。

また自身がプログラマーである事に誇りを持つ事も重要であり、自分を安く相手に見下されない様にする事も重要となっています。

精神論と言われる自身の向上を押す事は確かにプログラマーを目指す方には滑稽に見える事かもしれませんが、会社にとって重要なプログラマーとして扱われるようになるには、コツコツと経験を積み上げ必要とされる人材となる向上心が必要となります。

ゲームが好きだからとゲーム会社に就職する事も大切な想いかもしれませんが、現実は厳しく、プログラマーの存在は、未だに軽んじられているなどその環境はまだ安易なものではありません。

厳しくも過酷なゲーム会社で働く事を望みたい人は、ある種の覚悟を持って務める事をお勧めします。