女性は転職しようと思う時事務職を視野に入れる人が多いです。女性は結婚して子供を産んだ後も職場復帰を目指す人なら尚更時というのは魅力に感じる事ができる職業の1つ。ではなぜ女性の転職は事務職が人気と言われているのがその真相を確かめたいと思います。

 

事務職のイメージ

「事務職」と聞くと、どんなイメージがありますか?
簡単に言うと(会社の中で座っていて、パソコンで入力したり、電話に出たり・・・)ですよね。一言に事務職と言っても、総務・経理・秘書・営業事務・貿易事務など、色々な仕事があります。
ただ、仕事の内容は異なっても、事務職は組織の中では「縁の下の力持ち」であることが多いです。誰かのサポート業務も多く、どちらかと言うと、営業のように会社の利益に直結する仕事ではないです。
それから、ぱっと事務職している人、を浮かべるとなんとなく女性を思い浮かべませんか?それは圧倒的に事務職をしている人は、女性に多いから、です。そのわけは次で説明しますね。

事務職に女性が採用されやすい理由

事務職=女性のイメージが植え付けられえている

事務職は、メイン業務以外に、例えば「お茶入れ」「お掃除」などさまざまな雑用も入ります。(え、そんな昭和なイメージの職場なんて、今どきあるの?)と思う人もたぶんいるでしょう。

いえ、まだまだありますよ、大きな会社でもわりとそういった話を聞きます。あるいは組織では廃止していても、部署によってあったりします。例えばそこのお偉いさんが「女性というものは、まず朝きたら全員の机の雑巾がけ、そしてお茶くみ」という考えであれば、そこにいるとやらないといけないです。

実際、仕事内容が詳細に記載されている事務求人には、「毎日お茶入れや簡単な掃除があるので、抵抗ない方」とあるものもあります。机の雑巾がけどころか、小さな会社では、清掃の人がいないところだとトイレ掃除などもあります。

どれも男性がやってもいいはず、なのですが・・・掃除などはともかく、男性がお茶を入れるのはなんとなく違和感ありますよね。喫茶店では、男性のウェイターなんて沢山いるのにも関わらず。(もっとも、こちらはきちんとエプロンをつけていたりユニフォームなどに着替えているから、馴染んでいるのかもしれませんが)

それから、事務職そのものが女性が配属されやすいのです。
組織で例えば男性と女性、それぞれ5人ずつ新入社員が入ったとします。となると、どうしても「工場などでガテン」「外回りの営業」は男性が配属されます。女性の営業もありますが、まだまだ少数ですよね。(日本ではどうしても男尊女卑な人がいるので、そういった人を対応するのには、どうしても男性のほうがいいのです。また異常なク

レームなどにも、女性より男性のほうがよいことも多いです。

さて、男性がそういった部署に配属されると、女性はこのようになってきます。
パワフルな子は営業、あとは工場内軽作業&簡単な事務、総務や経理などに配属・・・といった形で、どうしても女性は事務職になることが多いのです。当人の希望する・しないにかかわらず。

また、事務職はコツコツ地道に、それから地味な仕事が多いです。男性だと、飽きてしまうこともあると思いますが、女性はそういった地味なことを丁寧にこなすのが得意なのです。女性のほうが、細かい作業が苦にならないことが多いのです。

男性だと、つい若い女の子に細かい入力やコピーなどの雑用を頼んでしまったりしませんか?その面倒なことが、事務職だと仕事そのものなのです。

転勤や残業が少ない

まず事務職といっても種類は4つほどあります。一般事務に営業事務、人事事務、総務事務になります。

種類は違いますが資料の作成や電話対応、在庫や納期管理、ねんまつかなどの給与計算など仕事自体は少し違いがあるものの大体このような書類関係と対応などが多いです。営業職だと転勤というイメージが結構あるのの営業事務だとよっぽど大きな理由がなければ転勤はないと言ってもいいです。

また落ち着いて子育てたいと考えている女性や、結婚したけど単身赴任になるとあまりいい気持ちはしません。また事務職というのは他の職種とは違いノルマというものがありません。そのため会社が定めた定時でしっかり帰る事ができます。

もちろん家に帰っても女性は洗濯にご飯など色んな仕事が残されているので残業がないのはかなりのメリットになります。大人だけならまだしも結婚して子供が産またらもっと仕事は増えます。そのため職場復帰を望む女性としても事務職は最適な職場だといえます。

未経験やブランクありでも採用されやすい

事務職はこれといった特別なスキルは必要ないため難易度的に言うとそこまで高いものではないと言えます。スキルというよりは言われた仕事をきっちりこなす真面目さだったり色んな部署の人と話す機会もあるかと思うのでそういった人たちとのコミュニケーション能力などが必要になります。

未経験でも事務の仕事に転職したい人だと一般事務もいいですがコールセンターなどの問い合わせ対応やアンケート調査、受付などの来客対応、またはイベントプランなーなどは経験がなくても採用される確率があがります。初めて事務職に転職しようと思う女性の方には安心の職場ですし、男性とは違い育休や産休を取られ女性からするとそれなりにブランクが生じます。

都内など保育園激戦区になってくると保育園の入園申し込みをしていても待機児童が多いため中々保育園にも預けられないなんてこともしばしばです。1年、2年のブランクがある人でも問題なく採用されるケースが多いのが事務職になるのでそれを見据えて今の間に転職した置くのは女性にとって有利になります。

育児または介護への理解

割と事務で働く女性の中には子育てママさんや両親の介護をしている人が多いです。そのため他の職種よりは子育て介護と言ったことに理解を得られる職種だと言えます。これなら子育てを経験されるママや子育てがひと段落したママなどは突然の子供の熱、両親の容態が良くないなど色んなトラブルが発生しかねません。

このような突然のトラブルにもわりと柔軟な対応をしてくれるのが事務職はので女性にとっては有利は職場です。もちろんこれだけみるといいですがその分競争率も高いため中々上手く転職できない場合もあります。そのため転職を考えている人はある程度資格をもっているとより有利に転職できる可能性もあります。

資格をもつ

無資格である程度ExcelやWordが使える人はいいですが何の資格も持ってないと転職する時に大変な場合もあります。簿記検定という経理の計算や記録、整理ができたりすると女性の転職には有利になりますし、2級をとれば経理には最も役立つ資格として見られるので競争率が高くても比較的取ってもらいやすくなります。

また秘書検定という言葉使いや態度、振る舞いなどを取れる資格もあればマイクロソフトオフィススペシャリストと呼ばれる資格もあります。これはマイクロソフトの国際資格と呼ばれるものでスペシャリストレベルは基本的な問題になりまさがそれでも今は全てがパソコン業務になるので持っていた損はないですし、英語の能力があるとそれも役立ちます。

もしこれから転職を考えている人がいればこういった資格をとっておくとより転職には有利になるので空いた時間に勉強してみるのもいいかと思います。また女性は容量がいい人が多いので男性と違い同時進行できるようになっています。そういった面に関して女性は事務職への転職も有利になる1つの要素ですしコミュニケーション能力も優れているので働きやすい職場になると思います。

 

男性が事務職に転職する方法はないの?

先のとおり、元々事務職は女性が多い、のです。
したがって、転職する場合も女性が有利になります。求人上ではそういったことは禁止されていますが、採用は女性のみであることが多いです。

また事務職も、経理などはそれなりに専門スキルが必要です。
あとはPCのスキルが女性は高いです。営業でも、PCが使えない人は少ないと思いますが、実際にその入力スピードや各種オフィスソフトのスキルはどうでしょう?事務職をずっとメインにやってきた人にはとてもかないませんよね。

システムのプログラムを組むとか、そういったより専門的なものだと、男性が向いているのですが、それは事務職とは異なり、事務職ではそこまで求められていません。

それから、事務職は給料が安いです。それでいながら、スキルは高い人が欲しいのです。
配偶者や子を扶養する必要がない女性でないと、生活するのに十分な金額ではないです。

雇用する側としても、雇いにくいです。(こんな安い給料で、この人はやっていけるのだろうか?不満が強くなるだけでは・・・)

仕事は十分にこなせたとしても、あまり昇給も期待できないのが事務職。そのため、女性のほうが雇いやすいのです。

事務職に転職している男性は、前職が事務職の人がほとんどです。
もし男性で、「給料はいくらでもかまわないから、どうしても事務職がしたい!」といった場合、例えば期間限定の事務職などをしてみるのも一つです。事務職がどういったものかがわかりますし、もしかしたら転職する上でのヒントも見つかると思いますので、検討する価値はあるのではないでしょうか。

 

まとめ

以上になります。男社会と言われても今では女性もバリバリ仕事をしている人も多いです。特に女性は家庭がある方だとそれなりにする事もありますし、毎日が大変だと思いますが事務職は理解のある職種ですし女性の転職はいいと思います。

女性は器用なので家でも洗濯したがらご飯を作るなど同時進行ができ、手先も器用で気が利く人が多いと思います。そういった人は事務職への転職はかなり有利になります。また真面目に働く人も多いですし働きながら資格をとってみるのも転職には有利に働きます。