低賃金、パワハラが原因で退職

 

自分が前職からの転職を決意したのは昨年の4月でした。

今の仕事を初めて半年以上経ちましたが、なにもない限りはこの続けたいと思える仕事につくことができました。

前職の退職理由は会社方針の変更と給与の減額。

元々転職活動中に知り合いの会社が人手不足で困っていると話を持ちかけられて入社しましたが、知り合いが経営陣の人間で、その伝手で入社した人間という事で変な壁を作られ、特別扱いをされ、仕事もきちんと教えてもらえずにスタートしました。

入社後は細部まで教わらなかったことを逆手に取り業務の効率を倍以上にしたりして、少しずつ壁を取り払っていましたが、経営人の会議の場の場で全従業員の給与を一定額減らし、交通費も減額すると決まったとの事で、研修期間が終わり、賃金の上がるはずでした

しかし、何故か研修期間の給与を基準にして減額されてしまったため、最低時給計算すると最低時給をも下回る金額になると知り、貯金を切り崩さないと生活ができない状態になり、この減額だと生活ができないと会社に伝えると、その紹介してくれた知り合いからの明らかなパワハラが始まり、退職の意を伝えました。

前職といってもいくつかあり、自分は大学に行くほど裕福ではなかったので高校を卒業してすぐに社会に出て働き始めました。

最初は誰でも聞いたことのあるような東証一部の大手に就職が決まり、周りからとても祝福されましたが、多くのパワハラや上司指示での勤怠履歴の詐称、退勤打刻をしてから3~4時間の残業、賃金が出ない休日出勤。

そんな事が日常になっていた時に激務の部署に移動になり、朝の6時から深夜の2時まで休憩10分という勤務が長期間続き、体を壊してそのまま退職しました。

 

ネットの求人情報を信頼すべき

 

その後も何度も就職・退職を繰り返していましたが、殆どの企業で求人内容と全く違う内容や、給与の未払い、パワハラなどが非常に多く、仕事も身につかずに履歴書の職歴欄だけが短期間の仕事で埋まっていくのを焦りながら何とかしないとと思っていました。

何度も転職をして知ったのが、ハローワークに出ている求人の殆どが”雇う気が最初から無い求人”と言うことでした。

自分がハローワークで職を探していた時はパートの人を正規雇用するために出された求人、安い給与でもとてもいい人材が流れてくるかもしれないという期待で出された求人などが殆どでした。

中には面接に行くと社長のストレス発散のために怒鳴られ、怒られ、出て行けと言われるような会社もありました。

履歴書を丸めて投げ返されたり、目の前でシュレッダーに投入されたりと、今では笑い話にできていますが、アニメや漫画の中でしか無いような事をしてくる会社も非常に多かったです。

他にも就職してみると求人表の上では年間休日日数:120日となっている会社でも月に一度休めればラッキーというような年間休日数が一桁台の会社もありました。

また、基本給は”ただの目安”と考えている企業もあり、求人票の額面から総支給で5~6万少ないという会社もありました。

ハローワークに求人を出しているすべての会社がそうとは全く思いませんが、求人を出す際に費用がかからず、またある一定の期間採用者を雇用すると国から助成金が会社に支払われれるという制度があるため、入社時はとてもいい会社でも半年経過した辺りからパワハラなどが多くなり、自分を含め経営陣以外は退職に追い込むという会社が多かったです。

それこそ同期で4人入社して働いていて、その四人が呼び出され「お金でたからもう明日から来ないでいいよ」と急に言われるという会社もありました。

丁度その頃からインターネット上で職探しができるサイトが少しずつ目立っていていて、段々と自分もそちらを利用するようになりました。

理由はインターネット上での求人サイトに掲載するには広告料や掲載料がかかっているという点でした。

求人を出している企業がお金を出してでも人材がほしいと感じている企業が多く感じ、応募したときのレスポンスの速さが全く違うように感じました。

飾り求人情報もゼロではありませんがとても少ないのではないかと思います。

そしてインターネットを使用しての求職活動では初の会社(今の職から2つ前の会社)に採用されました。

その会社は仕事内容が合わずに自己都合退職してしまいましたが、インターネット上だとネットで登録した簡易的な履歴書を申し込みの段階で相手企業に送ることができるので面接時に書面での履歴書持ち込みでもとてもスムーズに進むことが多いように感じました。

もしも今後また転職活動をするとしたら

・知り合いの会社には入社しない

・極力ハローワークでの職探しはしない

という二点だけは注意すれば極端に痛い目にあう可能性は減らせるのではないかと思います。

現在の仕事もインターネットの求人サイトから応募した会社の一つですが、その会社で扱っている商品が自分の趣味の延長線上にある商品だったので今はとても充実した仕事ができていると感じています。

面接を受けている際に「この質問を聞いたら採用されないのではないか」と思う質問が浮かぶことは多いと思いますが、休日や給与に関しては何が何でも聞いておいたほうが良いと思います。

それで採用されなかった場合は例え面接で採用されてたとしても後々公開する可能性はとても高いのではないかと思います。