ワークライフバランスが重視されている昨今、待遇に恵まれないサービス業などから事務職に転職を考えている人は多いのではないでしょうか。

しかし、事務職未経験の人は「事務」という業務があまり想像できず、自分にもできるか不安に思うかもしれません。

この記事ではそんな人のために資格を目安にして、どんな資格があれば事務職に転職がしやすいか?資格がないと事務職に転職は不可能なのか?について紹介します。

事務職に有利な資格:PCスキル系

まず事務職に求められるのはPC操作能力です。
毎日の業務はほぼPCを使用して行います。
PCがまったくわからない!という状態での事務職への転職は厳しいでしょう。

現代ではPCが普及したので、ある程度使えるという人も多いとは思います。
しかし、日常の生活でのPC使用と言えば、ネットサーフィン、メール、写真管理、年賀状作成…などがメインですよね。

これは業務でのPC使用とは乖離があります。
概ね、使うアプリケーションから根本的に違うことが多いです。

ですので、「PCなら毎日使ってるよ」「PC操作は得意」という人も、実際の業務で使う能力があるのか、見直す必要があります。

とは言え、「PCスキル」と言っても大まかすぎてなんのことなのかはっきりしません。
その曖昧な対象を明確にするために、PCスキル系の資格を目安、目標にすると良いです。

PCスキル系で具体的に転職に向けた資格としては、これが圧倒的に評価が高く有利です。

Microsoft Office Specialist(MOS)

事務業務最重要ソフトであるMicrosoft OfficeのWordやExcelなどの操作能力をテストします。

事務職ではほとんどの場合WordやExcelスキルは必須です。
Microsoft OfficeのWordやExcelは圧倒的なシェアを誇っているので、使用していない会社を探す方が難しいです。

この資格のWord部門とExcel部門の資格を保持していれば、最低限実務が可能なことをアピールできます。

すでに操作に堪能な人でも、ただ使えると言っても説得力がありませんが、この資格があることによってWordやExcelを使えることを証明することができるので取得をおすすめします。

また、「使える」レベルも主観的で、どの程度なのか伝えるのは困難ですので、資格による尺度があると採用担当者も安心できるでしょう。

PCがまったく使えないという人は、この資格の取得を目指して勉強すれば目安になって良いでしょう。

WordとExcelのどちらが必要かについては、担当業務によって片方だったり両方だったり異なりますが、できれば両方あるとカバーできる範囲が広がります。

MOSの詳しい内容についてですが、まずMOSはワード、エクセル、パワーポイント、アクセスなどの科目ごとの試験に分かれています。

このうちワード、エクセルについては事務職を目指す方は取得しておきたい資格です。

パワーポイントというのはプレゼンテーションなどを行う時に使用するソフトですので事務職の方にとってはあまり使用する場面が少ないと思われます。

アクセスについては会社によっては必要な場合もあるかとは思いますが、基本的にはエクセルの知識があればいいかと考えます。

このワード、エクセルの試験ですが、スペシャリストとエキスパートの試験に分かれています。

ワードのエキスパートについては文章へのコメントや変更履歴などの内容ですので事務職の方はあまり必要としないかと思われます。

ただエクセルに関してはスペシャリスト、エキスパートともに実務で使用する内容が多く含まれているので両方取得しておいたほうがいいでしょう。

まとめるとワードのスペシャリスト、エクセルのスペシャリスト、エキスパートの両方を取得するのが事務職を目指す方には必要だと言えます。

事務職に有利な資格:ビジネスマナー系

PCスキルなどと比べると補助的な能力にはなりますが、いわゆるビジネスマナーは事務職だけでなく社会人すべてに求められる能力です。

特に転職では、社会人経験があるわけですからビジネスマナーを身につけている人を対象とした採用になります。

そこでビジネスマナーを会得していることをアピール、証明するために資格があると有利です。

ビジネスマナー系で評価が高いのはこの資格です。

秘書技能検定試験(秘書検定)

秘書と名前に付いていますが、オフィスワーカー全般に役立つビジネスマナーも含んだ検定で、秘書志望者以外にも幅広く受験されています。
企業側からも採用対象を秘書枠に限定せず評価される資格です。

ビジネスマナーと言っても幅が広くいろいろですが、この資格は知名度が高いので、取得しておくと採用担当者にわかりやすくアピールができます。

秘書技能検定試験は1級、準1級、2級、3級と分かれています。

まず3級ですが、これは基本的な内容ですのでこの3級を取得しているだけでは事務職への転職へのアピールとしては少し弱いです。

2級になりますと、秘書の役割、備えるべき要件、一般常識、マナーなどの能力を試されてきます。

準1級になりますとこの2級の内容にプラスして経営学の知識と面接試験などが試験内容になります。

1級になりますとこれらに加えてほかの資格を取得していること条件になってきます。

総合すると、事務職への転職を目指す場合には最低でも2級、準1級まで取得しておけば尚良しといった感じになります。

ただこの秘書技能検定試験の内容の中でも文書作成やグラフなどの出題もありますのでパソコンのスキルは必ず必要になってきます。

事務職(経理系)に有利な資格:簿記

事務職の中でも経理事務や経理を含む一般事務に限定すると、圧倒的に有利なのは簿記の資格です。
応募条件になっていることも多いです。

簿記の資格はいくつか種類がありますが、知名度と評価が高く転職向きなのはこの資格です。

日商簿記検定

利益を追求する会社では数字に関する書類を作成します。

財務諸表という損益計算書や貸借対照表を作成するのが仕事ですので、簿記の知識は必須と言えます。

事務職の中でも一般事務、営業事務、経理事務などありますが、特に経理事務の方であればかなり高度な簿記の知識を必要とされると考えられます。

簿記の資格としては日本商工会議所(日商)の簿記試験がメジャーなものになります。

日商簿記の資格には、初級、3級、2級、1級とあります。

まず初級ですが、これは簿記の基礎中の基礎ですのでこの初級を取得するだけでは事務職としては不完全です。

3級が社会人全般に必要な簿記の基礎知識、2級が商業高校で学ぶレベル、1級が会計事務所などで必要とされる高度なものといった感じです。

1級は少し高度な専門的レベルですのでここまでは必要とはしないかと思いますが、一般事務を目指す方は最低でも3級、経理事務を目指す方は2級までは取得されるのがいいかと思います。

 

事務職への転職を目指す方が取得するべき資格の優先順位

事務職への転職を目指す方が取得するべき資格は上記の物になりますが、その優先順位について書いていきます。

まずは技術系の資格を取得してからマナー系の資格を取得するのがいいでしょう。

技術系の資格の中でもまずはパソコンの資格取得から始めて、それから簿記検定試験、秘書技能検定試験という順番でやっていけばいいかと思います。

いきなり秘書技能検定試験から始めてもパソコンができないとどうにもならないからです。

 

 

資格がないと事務職に転職できない?

以上で紹介した資格はあれば有利になりますし、資格によっては応募条件になっていることもあります。

ではもしそれらの資格がなかったら転職は不可能なのか?

答えは「狭き門だが可能」です。

実際のオフィスでは、事務職員の業務が単純作業ばかりでそれほど高度でないことも多いです。

また、「実務は入社後に先輩社員などから教育をすればよい、それよりも人柄、意欲、コミュニケーション能力を重要視する」という考えの会社も一定数あります。
仕事ができるよりも周囲となじむ、和を求めるということです。

ですので、面接などでそういった面をアピールする機会があれば、会社によっては有資格者に勝つ可能性はあります。

しかし、同程度のレベルで有資格者と無資格者がいれば、有資格者が有利なのは明らかです。

特に異業種からの転職は、適性があるか伝えるためにも、資格があると採用担当者が安心できるでしょう。

まとめ

事務職への転職は特定の資格の取得で有利になることを紹介しました。

また、資格がなくても事務職に転職できる可能性もあります。

ただ、能力的なことだけではなく、なによりもやる気のアピールになりますので、時間やお金に余裕があれば資格取得をおすすめします。