今の仕事の給料じゃ生活の質が上がらない!もっと稼ぎたい!そう思って転職活動を始める方もいるでしょう。ですが、「年収は上げたいけど、それは面接で伝えるべき?印象が悪くなるのでは…?」と悩まれた事はありませんか?

そこで、転職活動の際の年収交渉について、筆者の経験も踏まえてお話していきます。

 

年収交渉は合否に響くのか?

 

結論から言うと「転職活動における会社面接での年収交渉は直接合否には響かない」です。

面接官の立場になって考えてみましょう。転職活動中の志望者が面接に来ました。

どうやら前の職場では労働時間が長い割に給与が低く、昇給もほとんど無かったそうです。清潔そうな身なり、受け答えもハキハキとしていて是非採用したいと思える人物です。ですが、前職の経験があるとはいえこの会社で活かせる様なスキルはまだ持ち合わせて無さそうです。

そこで、彼に前の職場より+1万円の月給を掲示したとします。そこで彼が申し訳無さそうに年収交渉を始めました。

・前職は年収○○でこんな生活をしていた、給与が足りずやりたかった事を諦めて来た。

・具体的には○○程上げてもらいたいと考えていた。

・もし年収を更に上げて頂けたらこんな事をしたい、そして会社にとって利益になる様な仕事をしたい。

例えばこの様な交渉をされたとして、面接官のあなたは「なんて身の程知らずで無礼なんだ!こんな奴は絶対に採用しないぞ!」と思うでしょうか?

転職をする大きな理由として二つ挙げるとするなら、本当に携わりたい職種への希望、そして年収だと思うのです。

心からやりたいと思える仕事であれば、多少年収が下がってでも従事したいと思えるかもしれません。ですが多くの人は「転職をするからにはより良い暮らしをしたい=年収を上げたい」と考えるはずです。
面接をする担当者も、それは分かっているのです。

 

会社は提示した年収で満足してくれればそれでいい

 

筆者は転職活動中に3社受けたのですが、3社とも年収交渉を行いました。上記の様に現在の年収と生活状況、具体的な希望年収の掲示、そして重要だったのがやはり年収を上げて頂けたらこんな事を生活にプラスしたいという熱意だったのかなと思います。

ちなみに前職では生活するのに精一杯の手取りだったため、月給が上がった分は習い事に使い自己研鑽を積みたいと話した所、3社とも採用を頂くことが出来ました。その時の面接を思い出してみても、年収を掲示したからといって嫌な顔をされたり、嫌味を言われたり、傷ついた思いをした事はありません。

むしろ習い事の話が出たのでそこから趣味の話に発展したり、近くに習える所があるのかとか興味を持って頂けたり、面接も和やかな雰囲気で進められたと感じています。その結果もあり採用が頂けたのかもしれません。

ですが3社とも希望年収に適ったわけではありません。というのも、採用に関してはやはり会社の掲示した年収で納得出来るのなら採用したいというものだったからです。

 

年収交渉をする代わりやる気と経験をアピールする

通常仕事と言うものは、業務の難易度や量、責任の重さで年収が決定します。

業務の難易度に関しては、誰でもできるような仕事は基本的に給料が低めに設定されていますし、普通の人にはできない高度な技術や知識が必要な仕事は給料が高めに設定されています。

業務の量は、当然ながら楽で作業量の少ない仕事は給料が低いですし、忙しく大変な仕事は給料が高いです。

責任の重さに関しては、上の役職へ行けば行くほど責任は重くなってきますが給料は上がっていきます。

これらの3要素と年収は基本的に釣り合っているわけです。

つまり年収を上げるという事はそれに見合った業務の難易度、量、責任の重さがなければなりません。転職してきた人は上の役職へいきなり行くのは難しいですから、責任の重さに関してはアピールすることはできません。

そのため、業務の難易度や量をこなしていくことをアピールする必要があります。

他の人と同じだけの能力、やる気では年収交渉をしても意味がありません。

「年収を上げてもらう代わりに、自分は他の人よりも経験を活かしたり仕事を頑張ります」

ということをアピールする必要が出てきます。

自分の経験を活かすということをアピールしなければならないので、全くの未経験な業種、職種へ転職する際は年収交渉をしても相手にされないケースが多いです。

企業が転職をしてくる人に求めているのは即戦力です。即戦力にならない上に年収交渉をしてしまうと図々しいと思われてしまい印象は良くありません。

そのため、年収交渉をする際は自分が経験してきた業種、職種を選び、かつやる気をアピールすることで年収交渉をスムーズに行うことができます。

どうしても内定が欲しい場合は年収交渉を避けるべき

 

希望年収には届かなかったものの、交渉の結果全ての企業から採用を頂けた=年収交渉は失礼に当たらないと感じました。但し、考えて頂きたい事がひとつ。
どうしてもここで働きたいと希望する企業があったとします。そこは人気企業で自分の他に数人希望者がいるようです。スキルや年代も差がなく、面接担当者も迷っている所でその内の誰かが年収を上げてほしいと交渉しました。

どうでしょうか?数人の希望者の中で一人、年収交渉をしてきた…これは、ふるいにかけられてしまうと思います。企業にとってそれは失礼に当たらないとしても、採用に当たってはその企業の希望に適った人物を選びたいと思うわけです。ましてや、同じようなスキルを持っているのなら尚更、企業として人件費を抑えられる方を選ぶのは当然です。

残念ながらその場合は採用の枠から外されてしまうと考えて良いでしょう。なので、年収交渉をする場合は受ける企業への本気度や、採用状況をよく考えてからにしましょう。

心から希望する職種で、どうしてもこの企業の一員になりたい!と思う程情熱を注いでいる所に関しては年収交渉は避けるべきです。

何ヶ所か受けていて、例えここが不採用になったとしても次がある、まだ道はたくさん選べる、というフレキシブルな気持ちで挑める場合はどんどん交渉して良いと思います。

まとめ

 

やはり、面接で重要なのはその人の人となりや熱意です。生きていく為の年収交渉は企業にとっても採用の目安になりますし、それで希望年収に届いたら嬉しいですよね。

実は私も転職活動の分際で年収交渉なんて失礼かな…と考えて、当初交渉は辞めようと思ったのですが、やはり自分の生活がかかっている問題なのでそこは勇気を持って伝えました。

年収は伝えても大丈夫だという事をお伝えしましたが、これは年収以外でも応用して頂きたいなと思います。例えばワークスケジュールや業務内容について、自分の希望があれば具体的に掲示してみましょう。自分が面接官だったら…と考えてみると、多くの事は失礼に感じないはずです。ぜひ、勇気を持って下さいね。

読者の皆さんの転職活動が上手くいきますように!