転職活動を行う上で一つの関門に会社との面接があります。転職活動のためにリクルートスーツを購入して書類選考も通過して、いざ面接に向かおうとしたとき、会社から私服OKと言われて困ったことはありませんか?私服といっても「ジーンズはラフすぎてダメだろうな」「逆に私服ではなくリクルートスーツで行っても大丈夫なのかな」などと迷っしまいますよね。いっそのこと、私服OKとさえ言われなければリクルートスーツで行くのにで楽なのにと思ってしまいますよね。

では、私服OKの場合は、どのような服装で面接に行くのがよいのでしょうか。

 

私服で来てほしいのか、私服でもいいのか見極める

 

会社から私服OKと言われた場合、その会社が「私服で来てほしいのか」「私服でもいいのか」を見極める必要があります。

もし、私服で来てほしい場合は、面接に来る人の個性や好みを知りたい場合があるので、リクルートスーツなど個性がわかりにくい服装で行くのは好ましくないことになります。

もし、私服でもいい場合は、リクルートスーツなどで行っても大丈夫でしょう。ただ、私服OKという表現では、あまりにかっちりした服装をしてほしくないと受け取ることもできるので、スーツでもネクタイを外したり、暑い日などはジャケットを脱ぐなどして、多少気崩したほうが好感が持たれる場合もあるかと思います。

会社がどのような意図で私服OKと言っているのかをよく見極めることによって、最もふさわしい服装を選んだ上で面接に挑むことが採用につながる上でも重要になります。面接の連絡をもらったときに、どのような服装で行けばよいのかよくわからない場合はきちんと確認するようにしましょう。

 

私服で行く場合にNGな服装

 

私服OKだからと言って、何を着ていっても大丈夫という意味ではありません。私服で行く場合にもふさわしくない服装があります。

あまりカジュアルすぎるラフな服装は面接にはふさわしくないでしょう。たとえばジーンズやパーカー、ジャージ、半袖の襟のないTシャツを何も羽織らずに着るなどは避けたほうがいいと思います。あくまでも面接の場であるので、いくら私服OKであったとしても、社会人としてふさわしい服装が望ましいと思います。遊びに行くのではなく面接に行くので、その点は意識するようにして下さい。

また、女性の場合は、たとえジャケットやブラウスを着ていたとしても、胸が強調されたり、スカートの丈が短すぎるなど露出の多い服装をした場合は、下品な印象を与えてしまう恐れがあります。できるだけ露出が少なく上品に見える服装を心がけることが必要です。

 

好ましいのコーディネートは?

 

では面接に挑むのに好ましいコーディネートはどのような感じになるのでしょうか。
男性の場合はカッターシャツの上にジャケットをはおるなどして、短パンではなく必ず長ズボンをはきましょう。ジャケットの色とズボンの色が同じになってしまうと、あまりにもカチッとしすぎてスーツみたいになってしまい、私服感があまり出なくなってしまいます。

なので、色は違う組合せのほうがいいかと思います。少し色を外してみたり、組合せが合う色にしてみたりと多少は私服感を出しましょう。また、あまり派手な原色などは避け、パステルカラーなどのさわやかな色にしたほうが、面接官に清潔な印象を与えると思います。靴はスニーカーではなく革靴を履くことが望ましいと思います。

女性の場合は、ブラウスの上にジャケットやカーディガンを羽織り、膝下くらいのスカートを合わせるようにしましょう。スカートの丈が短すぎると椅子に座ったときに股下が見えてしまいそうになりますし、あまり長すぎて床に裾がつくと不潔に見えてあまりいい印象は与えません。

椅子に座ったときに足が綺麗に見える丈を意識して下さい。スカートではなくてズボンでもいいと思いますが、太めの幅のズボンなどはカジュアルに見えてしまいます。あまりカジュアルすぎる印象を与えないスッキリとした細めのズボンがいいかと思います。色はあまり原色同士を合わせると下品な印象になりますので、男性と同様にパステルカラーか、上着が原色なら下は薄い色にするなど、組合せを工夫して上品に見えるようなコーディネートをすることが面接官に対して好ましい印象を与えると思います。靴はもちろんスニーカーではなくパンプスを履き、靴下や裸足ではなくストッキングを履いて、足が綺麗に見えるようにしましょう。

 

まとめ

 

私服OKと言われたとしても、あくまで面接に行くということは必ず意識するようにしましょう。面接官が好ましいと思ってもらえる服装をして好印象を持ってもらうことが大切です。

服装はその人の好みや性格を反映するものです。なので、面接官も、服装によってその人となりを判断してしまいます。採用につながるためにも、少し自分の個性を出しつつも社会的常識のある面接にふさわしい服装をして、マイナスなイメージを面接官に抱かせないように注意することが大切です。