雇用主が違う

契約社員と派遣社員はどちらも期間限定で雇用される雇用形態です。その中で一番大きな違いは雇用主が違うことです。

契約社員は働く先の会社に直接雇われる形になります。

一方で、派遣社員は派遣登録する派遣会社に雇われる形をとります。ですので、働く先の会社とは直接雇った雇われたの関係はありません。

契約社員と派遣社員の違いの一番大きな点は雇用主の違いとなりますが、では仕事をしていく中で具体的にどのあたりに差が出てきて、それぞれのメリット・デメリットはどういった部分に現れるのかを見ていきたいと思います。

派遣の方が無茶な働き方を強いられにくい

派遣という働き方は、派遣会社と働く先の会社が労働者派遣契約という契約を結び、派遣会社の社員に来てもらって仕事をしてもらうという形をとっています。

ですから、例えば「遊びに行くから有給休暇を取りたい」とか、「子供が小さいから残業はあまりできない」といった社員個々の要望を派遣会社を通して働く先の会社に伝えてもらいます。

働く先の会社は「個人からの要望」という形ではなく、「企業からの要望」という形で受け取ります。

一方の契約社員はあくまで「社員から会社への要望」という形になりますので、「そうはいっても忙しいから休まないでくれ」とか「残業もやってもらわないと困る」とか言いやすい環境になります。

また、派遣会社は登録された派遣スタッフがいてはじめて会社が利益をあげることができます。

ですから、派遣先の企業のいうことを聞きすぎて登録スタッフに無茶な働かせ方をし過ぎるとスタッフはほかの派遣会社に移ってしまいます。

それは困りますから、ある程度「わがままかな?」という要望を伝えても叶えてくれる可能性は高くなります。

派遣会社に守ってもらえるというメリットは、派遣社員にとって大きなメリットの一つとなります。

ただし、派遣社員を使い捨てるような派遣会社も中には存在します。

インターネット上での口コミやハローワークの情報などをうまく利用して、そのような会社に登録してしまわないように注意しましょう。

また、一つの職場への派遣が終わって次の職場へ行く時、多くの派遣スタッフは同じ派遣会社に登録をします。

前の職場で一緒に仕事をしていた仲間がそれぞれ別の会社に派遣されていくのですが、その後もプライベートで交流を続けるなどして横のつながりができていくことが良くあります。

そうすると、『派遣先のどの会社がブラック』だとか、どこの『派遣会社は派遣スタッフを大切にしない』だとか、そういう生の口コミ情報がどんどん入ってくるようになります。

そうなると、ブラック企業にあたる可能性がどんどん薄まり、よい仕事のしかたができるようになっていきます。

派遣社員のデメリットはいろんな職場を転々とせざるを得ないところですが、逆に派遣スタッフ同士の横のつながりを作ることで、ほかの働き方には真似できないネットワークを作ることが可能で、ホワイト企業を選んで仕事をすることも可能になってきます。

派遣社員を辞めさせても解雇にならない

会社は労働法によって解雇を厳しく制限されています。解雇には正当な理由が必要となり(もっとも、企業は正当な理由を強引に作ってしまうことが可能ですが)ますし、また、正当な理由があって解雇をしたとしても、その人数は行政に把握されており、助成金や補助金が受けられなるなど社会的に不利な立場に追いやられることになります。

契約社員は何月何日~何月何日までという期間を決めて雇用する形です。

こうした期間を定めて雇用する場合、正社員よりも解雇に必要な正当な理由を行政から厳しく吟味されます。

なぜなら契約社員の場合はただでさえ期間が決められており、更新できるかどうか、期間満了のたびに緊張を強いられます。その上簡単に解雇できてしまうことは、労働者に与える精神的な不安が大きくなりすぎるという理由です。

会社は社員が退職するときに必ずハローワークに届け出が必要です。

その際に退職の理由をチェックされます。

自己都合退職であれば退職届のコピーを提出しますし、雇い止めであれば雇用契約書のコピーを提出して本当にその日が期間満了かを確認されます。解雇の場合は解雇の理由をチェックされます。

この際のチェックが厳しくなります。

また、解雇が不当であるという訴えが出された場合に会社は言い訳が通りにくくなります。

会社に復帰させなければならなくなったり、賠償金を支払わせられることも少なからず発生します。

一方で、働く先の会社が派遣社員を辞めさせたい場合、派遣会社に「もうあの人は来ないでほしい」と伝え、派遣会社が了承すればそれで終わりです。

雇用契約ではなく、労働者派遣契約に基づいているので、「解雇」ですらありません。会社に何のペナルティーも無く「明日からクビ」を実行できてしまうのが派遣契約なのです。

ただし、そうなった場合、派遣会社は翌日から別の働き先を見つける必要が発生します。

派遣会社に登録しているということは派遣会社に雇用されている社員ということですから、見つけられなかった場合は派遣会社が休業手当を支給するか解雇しなければならなくなります。

社員側からしたら派遣でも契約でもクビはクビなので大きく変わらないかもしれません。

でも、その辞めさせられ方に大きな不満があって訴えたいとき、契約社員なら訴えることも難しくないですが、派遣社員の場合は働く先の会社と派遣社員と直接の関係がありませんので、関係ない人が関係ない人を訴えられません。

派遣社員は残業代が必ずつくがボーナスがない

派遣社員は残業代が必ずつきます。

派遣会社と働く先の会社は時間単位で契約単価を決めています。

残業代は固定で派遣契約を締結する事はまずありませんから、派遣会社が残業代をごまかしたり固定残業代にするということは、派遣会社側が断るのでまず無いと言ってよいです。

また、派遣会社側でも派遣スタッフ確保のためには残業代を全額支給します。

契約社員は会社との直接雇用という関係上、給与テーブルはすべて会社が準備したものとなります。

月給制の場合でその会社が全体的に固定残業代の制度を採用していればそのままその制度が適用されると思います。

また、時間給での採用の場合は残業代もつくことが多いですが、例えば出社時間前に来た時間は切り捨てられたり、何時間以上の残業はつけてもらえなかったりすることはあり得る話です。

一方で、派遣社員にはボーナスがほとんどの場合ありません。派遣契約はあくまでそれぞれの月の仕事をした時間に応じたお支払が発生するだけです。

もしボーナス支給のある派遣会社があったとすると、その会社はとても派遣スタッフを大切にしてくれている会社であると言えます。

では、残業代なしボーナスありの形の雇用と、フルに残業代はつくけどボーナスなしの形の雇用でどちらが年間収入が多いか比較すると、多くの場合前者になります。

派遣社員は大手で仕事をする機会が多い

派遣会社の利益分も含めた時間当たりの派遣単価と契約社員の経費(給与+社会保険料+α)を比較すると派遣単価の方が大きくなります。そのため、派遣のお仕事は大手から出されることが多いです。

派遣契約は、経費を余分に支払っても不況になったらいつでも大勢クビにしたいという考えから締結されるのです。

好不況によって何百人、何千人単位で人数を増減させたい大企業に派遣の大きなニーズがあります。

ですから、派遣スタッフとして大企業でお仕事をする機会はとても多い反面契約社員だと中小企業が多くなります。

大企業でいろんな人とかかわる機会を持ちたいのであれば、派遣社員でのお仕事をおススメします。