転職活動を行なっているあなたは、いくつか面接を受けていると思います。
そんな時に、しばしば「勤務地の希望はあるか?」という質問がされることがありますが、正直に答えた方が良いのか悩んだ経験がある人が多いのではないでしょうか。
面接の合否に関わるので答えに迷いますよね。
そこで、この記事では「勤務地の希望はあるか?の問いには正直に答えるべきか」について解説させていただこうと思います。

質問の意図

そもそもこの質問の意図はどのような点にあるのでしょうか。
実は、勤務地を聞かれるということは、企業側に少なからず採用の意図があることが伺えます。

あなたも面接官であれば、全く採用する見込みがない人には具体的な質問はしないでしょう。
「この人を採用したらどこで働いてもらえるか」「転居を伴う異動は可能なのか」などの具体的な採用後の計画を判断するために聞いていると受け取って構いません。

もし全国に支店がある企業で全国転勤可能な人を採用したい場合、転勤が出来ない人であれば採用を見送る可能性が高いです。
そのため、希望の勤務地を聞かれたら採用される見込みがあると考えてください。

希望の勤務地を聞かれたら基本的には正直に答えるべき

上記を踏まえると、希望の勤務地を聞かれたらなるべく正直に答えた方が良いと思います。
なぜなら、企業側はあなたを採用したいと思っているからです。
ここで嘘をついて採用されてから辞退をすることは、企業側に迷惑がかかることになります。
全国転勤出来る人を求めている企業の面接を受ける場合、それが不可であれば正直に伝えましょう。

特に志望度が高い企業であれば、希望の勤務地は正直に答えておくと後々楽になります。
筆者は、全国転勤可能な人を求めている企業に転職面接を受けに行ったことがあります。
しかし、希望は転居を伴わないエリア型の企業でしたので、面接ではその旨を伝えました。
もし嘘をついて知らない土地に飛ばされたら…と思うと不安だったからです。
結果としてその企業とはご縁がありませんでしたが、無理に採用されないでよかったと思っています。

家族がいる人にとっては、希望の勤務地で働けることが転職の前提条件だと思います。
異動が多かったり未知の地域に飛ばされてしまった場合、家族の生活も変えなければなりませんよね。
様々なリスクを考えると、希望の勤務地を聞かれたら正直に答えるべきだと思います。
必ずしも希望通りの勤務地で働ける保証はありませんが、採用する上で考慮はしてもらえるはずです。
「希望の勤務地を言ったら落とされるのではないか?」と考えず、面接では正直に答えましょう。

志望度が高くなければ正直に答えなくても構わない

一方で、あまり志望度の高くない企業の面接で希望の勤務地を聞かれることもあります。
この場合は、必ずしも正直に答える必要はないでしょう。
なぜなら、採用されても辞退をする確率の方が高いからです。
転職をする際には、一社だけを受けるという人は少ないと思います。

一般的には、何社も受けてその中で納得のいく企業に転職をするという形が多いでしょう。
企業が人を選ぶように、こちらも企業を選ぶことが出来ますよね。
何社も受ける中で、言い方は悪いですが「面接の練習」や、「志望度は低いけれど面接に呼ばれたからとりあえず受けてみる」という理由で面接に進むこともあると思います。
志望度の低い企業で実際に面接に進んだ場合、そこまで正直に答える必要はありません。
質問の回答で企業側は採用を決めるので、その時点で求人したい人柄に合っていなければ落とされる確率が高いです。

筆者の経験ですが、志望度の低い企業の面接では、希望の勤務地を正直に答えていませんでした。
採用されても働くイメージがなかったので、転居を伴わない場所を答えていた思い出があります。
しかし、なかには「志望度が低いけれど内定を得ておきたい」という人もいるでしょう。
そのような場合は、実際に働くイメージを持って正直に答えておくこと良いと思います。
内定を持っておいた方が、志望度の高い企業を受ける際にも安心ですよね。

以上のように、志望度の高くない企業の面接では正直に希望の勤務地を答える必要はありませんが、とりあえず内定をたくさん持っておきたい場合は正直に答えておくのも方法の1つです。
転職活動を有利に進めるためには、1つでも多く内定を持っていた方が採用されやすいと思います。

まとめ

この記事では、「勤務地の希望はあるか?の問いには正直に答えるべきか」を解説させていただきましたがいかがだったでしょうか。
記事の要点は、

・上記の質問には基本的には正直に答えるべきである。
・志望度の低い企業の面接では必ずしも正直に答える必要はない。

の2点です。
転職活動でこのような質問に当たったらラッキーと考えた方が良いでしょう。
なぜなら企業側はあなたを採用する見込みがあるからです。
これらを念頭に入れた上で、希望の勤務地を答えてください。