転職面接でブランク期間についての質問は避けられません。ここで印象が大きく変わることもあるでしょう。
だからと言って話を盛ったり嘘をつくことは決してしないのが大事です。たとえブランク期間に話せることをしていなかったとしてもです。その場合も正直に話しましょう。
ではこの質問に対しての準備はどのようにしていけば良いのかを3点に分けてお話しさせていただきます。

 

ブランク期間の事をまとめる

 

面接は面接官にアピールしなければなりません。そのためには曖昧な回答や嘘ではなかなか上手くいきません。
面接官の質問に対し、スムーズに的確な回答を口頭ですることが求められます。履歴書に事細かに記載したとしてもその内容を口頭で説明できなければ意味がありません。
面接官は履歴書を見て、その内容を掘り下げてくる事がほとんどです。記載した内容に対して自分が面接官になったつもりで深く考えてみてください。

たとえば、この期間は飲食店でアルバイトをしていた事を記載したとします。それに対しての質問を考えるのです。
・どんな作業をしていたのか
・どんな自分はどんな立場で仕事をしていたのか
・なんのためにそのアルバイトをしていたのか

そのほかにもたくさん質問が浮かぶと思います。その回答を全部考えておくのです。質問が10個ほど思い浮かべば自信にもなり、本番でもスムーズに質問に答えることが出来るでしょう。思い出している間は問題ないですが、変に間が空いてしまうとは嘘を考えているのではないかと疑われたり、意識的に働いていなかったのかと思われてしまうこともあります。

面接官にプラスな印象を与える

 

先ほどはスムーズな受け答えについてのコツでしたが、続いて回答で印象をあげるコツです。

まず、印象を上げるコツは、
・スムーズに回答できる事
・前向きさや誠実さが伝わる事
・面接した会社に入って自分のできることをアピールできる事
・元気な事

他にもありますが、今回は上記についてお話いたします。
まず、スムーズな回答がなぜ印象を上げることが出来るのか。面接官は時間を作って面接をしています。
それを理解して質疑応答がスムーズにできればお互いの時間を効率的に使うことが出来るので印象が良くなるのは分かると思います。

前向きさや誠実さは仕事に取り組む姿勢ということです。前職や過去に対してネガティブな発言の多い方と一緒に働きたいとは誰も思いませんよね。面接官は自分が一緒に働きたいと思う人を採用するのです。
そして自分の出来る事をアピールするという事は自分の事を理解していて、自信があることになります。自分の事を理解できていないと面接官もあなたの事を理解するのが困難になります。

最後に元気さはどんな仕事においても必ず人間関係を良好にすることが出来ます。逆に元気がないと悪くなるのは今まで見てきたことがあると思います。
元気でいることは良い効果しかないのです。ハキハキと笑顔でいる事で周りまでもいい影響を与えます。そして何よりも信用してもらえます。笑顔がなかったりハキハキしていない人の話はあまり信用できないのです。

 

スキル、経験をまとめる

 

これはブランク期間に身についたことを話すのがいいですが、過去に身についたスキルにも話を広げていったり、アピールするのには絶好の機会です。
スキルとは資格や検定だけではなく、人間としての長所も含めています。たとえば聞き上手だったり元気な事、趣味の経験が仕事に良い影響がでるのであればそれもスキルと言って良いでしょう。スキルについての話は面接官に自分を具体的に仕事でのイメージをつけやすくなります。

一番良いのは面接した企業で活かすことのできるスキルです。飲食店ならば日ごろから料理を作っているというのもひとつのスキルになるでしょう。同業種の飲食店をよく利用しているというだけでも無いよりはマシです。
もちろん資格や検定などが企業にあっていれば文句なしですが、あまり関係ない場合はむしろ好きという気持ちをアピールする事が好印象の場合もあります。

勉強して知識があっても経験がないとうまくいかない職種もあり、そのような場合は知識を語るよりもどのような経験をしてどのような結果だったのかを話すほうが面接官にの印象には残りやすいと思います。そこから具体的な仕事内容に話が広がり、より印象をつけることもできます。

 

まとめ

面接とは、面接官が面接者を理解するためにするのではなく、面接官に自分をアピールする場だという事を意識して準備してください。

上記に記載してことが全てではないですがが、必ず採用に近づくコツではあります。準備をして自信をつけて本番は必ず元気な挨拶と受け答えをすれば大丈夫です。
ブランク期間の自分を見つめなおし、まとめて自分を理解し、面接官が一緒に働きたいと思うような受け答えを意識してください。