転職活動を進めていくと何度か面接を受ける機会があると思いますが、時には面接官の方に対して逆質問をする機会があると思います。逆質問は理想の仕事を探す上で知りたい情報を手にいれる絶好のチャンスです。

そのような機会において、事前にしっかりとリサーチをした上で質問を投げかけることによって不明点を事前に解消したり、面接での印象をより良いものとすることができます。ここでは、どのような逆質問をするのが効果的なのかを見ていきたいと思います。

 

会社のホームページの内容を質問する

多くの企業ではインターネット上に自社のホームページを公開しています。そこでは会社が発展してきた歴史や企業理念、取り扱っている製品やサービス、企業によっては応募者向けに仕事内容や先輩社員の紹介などが詳しく書かれているところもあります。最近では自社のホームページの他に、リクナビやマイナビなどの企業ページに詳しく掲載している企業も多いです。

面接を受ける前にこれらを注意深くチェックし、その中でよくわからなかった点やもっと知りたいと思った点についてまとめておき、それを逆質問の場で確認する、というやり方です。これなら面接官も「自社のことをきちんと調べてくれている」と好印象を持ってくれることでしょう。

自分の応募している職種ついて質問する

自分が応募する職種についての仕事内容について詳しく質問をするのも良いでしょう。もしその会社に入社した場合、実際に自分がその仕事に就くことになるわけですから、その内容について前もってきちんと考えておくことは非常に重要です。

面接官としても「入社後の仕事についてきちんと考えてくれている」という印象を残すことができます。職場の雰囲気やその職場ならではの苦労する点や面白味などを質問しましょう。

また、総合職などで入社後に職種が変わる可能性があるのであれば、応募職種以外の仕事内容や職場について質問してみるのも良いと思います。入社してみたが自分が考えていた仕事のイメージと違うといったケースがあるので、よく確認しておきましょう。

会社の風土や理念、社風について質問する

どの会社にも、大切にしている理念や考え方、会社のカラーというものがあります。具体的にはどのような人柄の人が多いか、どのような雰囲気のある会社か、どのような理念を大切にしているか、取り扱っている製品にはどのようなこだわりがあるのかといった情報は、会社のホームページを見るだけではわからない貴重な生の声と言えます。

これらを逆質問で確認して社風や会社の考え方を知ることは、入社後に自分と企業がマッチするかどうかの判断材料となります。逆に言うと、自分が会社のカラーと合わないと判断すれば、その時点で辞退してミスマッチを防ぐことができます。

応募する業界について不明な点を質問する

応募する企業が未経験の業界である場合は、事前にある程度自分で調べた上でさらに知りたい情報を聞いてみたり、よく理解できていない内容を質問するのも良いでしょう。

また、業界に関する質問からその会社特有の製品に関する質問につなげてみても良いでしょう。また、同業他社との関係性や違いについて聞いてみることで、会社の特徴をつかめる可能性があります。業界全体がこれから伸びていくのかどうかを見ることも大事です。

こういった質問はNG

逆質問の場では上記のような前向きな質問であったり、ホームページに載っている情報だけではわからない生の声を聞かせてもらうためには非常に有用な場です。しかし、貴重な時間を割いて、ホームページを見ればわかるような質問をしてしまったりするのは時間がもったいないと言えます。

その他、まだ決定していない会社の事業計画や守秘的な内容等も、面接官が答えづらい可能性があるので、控えた方が無難です。また、給料や休暇、福利厚生といった待遇面についての質問ばかりするのはあまり好印象とは言えません。こういったことは内定後に個別に相談をして決めた方が良いでしょう。

選考にあたって転職エージェントを利用しているのであれば、こうした待遇面についてはエージェントの担当者経由で企業に質問したり交渉することでスムーズに進めることができます。

まとめ

以上、面接での逆質問の場で効果的な質問についてまとめました。逆質問では自分が選んだ仕事について本当に知りたかった情報を聞かせてもらえる貴重な場です。会社説明会では企業側も表面的な説明になってしまうことがあり、こうした選考の場で質問をすることは非常に効果的であると言えます。

事前にきちんと聞きたいことをまとめてから質問を投げかけることで、自分にとって有意義な時間となりますし、面接官にも良い印象を残すことができます。そのためにもまずは、自分がこの会社の選考を受けたい理由ときちんと整理し、その上で知りたい内容を整理した上で選考に臨めば、自分にあった理想の会社をみつけられるのではないでしょうか。