面接中にどの企業でも、面接官担当者から受ける質問です。
ですが、実際にはっきりと「受けてます。」と答えるのは、不採用につながるかと心配になりますよね。どんな回答が、正解に近いかは、分からない就活生が多いでしょう。
この質問をこなすためには、質問の意図と、どのように対応するかが、重要なポイントです。

 

この質問の意図を知ろう

企業の面接担当者の立場で、質問する理由を考えると分かり易いです。

面接担当者としては、数多くの志望者から、優良な人材を選択する必要があります。
ですが、優良な人材であっても、すぐ辞めてしまっては、意味がありません。
今の時代、辞めることに対して、周囲からタブーと批判されることは少ないでしょう。無理に在籍することよりも、転職することを勧められるはずです。
採用される側にとっては、ある意味良い時代へ変化しつつあります。

より優良な人材で、辞めそうにない人が、企業が欲する人材です。
面接担当者は、企業のトップに代わって、みなさんを面接していることを、肝に命じてください。

この質問の意図は、大きく二点あります。
一点目は、どれぐらいの志望する熱意があって、申し込んでいるのかです。
面接の中で、志望動機はもちろん確認済みですが、この質問に対しての答えからも、面接担当者は読み取ろうとします。
志望動機と答えに、相違が無いように注意してください。

二点目は、今現状進んでいる就活が、どういった状態であるかの、状況確認の意味です。
例えば、「あります。」と答えた後、面接担当者から聞かれる質問があります。「業種・職種」についてです。全く違う業種や職種だった場合、今まで聞いた志望動機の真意が、そこで判断できます。統一性が必要となります。
就職活動をするにあたっても、できるだけ統一して受けた方が、スムーズにいきますよね。

上記の二点からし、振り落とす対象であるか、そして内定通知をわたしても入社するかを、判断する材料にします。

回答する時の注意点は?

どんな面接担当者でも、就活している段階で、複数同時に申し込んでいることは、分かっています。だから、うろたえる必要はありません。
下手に嘘をついて、墓穴を掘る方が、信用できないというレッテルを貼られてしまいます。しっかりと、正直に答えてください。

ついつい衝動的に「他社は受けてません。」と答えたくなります。
ですが、面接官によっては、計画的に率先して就職活動をしていないと、判断されてしまう場合があります。さらに、不審な印象も、与えてしまう可能性があります。

実際に、一点集中型で就職活動することは、冷静に考えてリスキーな行動ですよね。

この企業を志望する情熱の高さと、この企業で働きたい意思をアピールしてください。他社も受けているのに、なぜ応募しているのかと、面接担当者に疑問を抱かせないようにしてください。
他の企業は受けているが、この企業が他と〇〇が違うので、志望しているかが、伝わることが重要です。

面接担当者も、内定を出したい人物であっても、他の企業で採用されそうだと、ダメだと判断されてしまいます。
なので、赤裸々に全てを、ありのままに伝える必要はありません。答えの中に嘘を含まないように、迂回して適切な回答をすれば良いだけです。

基本は、「〇〇業界の他社の選考は、〇〇まで進んでいます。志望している職種は、〇〇です。」といった内容を含め、肉付けをして進捗状況を伝えてください。

他の企業を受けている回答に対しての、質問の対応も重要

同じ業種・職種で受けていることを伝えた後、面接担当者からは「その企業から、内定が来た場合はどうしますか。」といった質問が来ます。
面接担当者は、内定を出しても来てくれるかを、最終確認します。

この回答に対して、必ず躊躇してはいけません。
この企業に入りたい意思を疑われてしまいます。自信をもって、ハッキリと「御社の企業へ就職したい」ことを伝えてください。
一瞬の迷いは、面接担当者には必ず伝わってしまいます。

この質問は、分かっていても動揺してしまうものです。
事前に、しっかりと準備して、答えれるようにしてください。最後の最後で、志望度の低さが伝わると、内定はもらえないのが道理です。

失敗したと感じ、後から付け加えても、嘘に嘘の上塗りと感じ、その時点で面接担当者としては、この人はダメだと話を流してしまいます。
どんな人でも、一度自分に関係ないと思った話には、真剣に聞くことはありませんよね。面接担当者は、よりその傾向があると意識してください。

面接担当者は、多くの志望者と、数々の面接をこなす必要があります。
公平にと思っても、面接担当者はみなさんと同じ人間です。
数日で終了すれば良いですが、大きな会社となれば、毎日定期的に、その期間中だけですが、体感では果てしない時間だと感じてしまうでしょう。
どうしても、数をこなすために、一瞬の印象と根拠のある志望する情熱などを、他の志望者と天秤にかけ、判断していきます。

おわりに

先ほどお伝えした点を、全て踏まえて、自信をもって回答してください。
バラバラの業種の企業を、もし受けていた場合、今受けている企業と同じ「業種・職種」の進捗状況を、回答することをお勧めします。

この質問を終盤にされるということは、内定の可能性があるということです。
せっかくのチャンスです。一点集中の気持ちで、面接に挑んでください。