転職は、周りになかなかする人がいないこともあってか、なかなか内定がもらえるか、不安ですよね。
事実、新卒は企業として 「毎年〇人は採用する」 といった決まりをもっている会社が多い中で、中途採用は 「いい人材がいればほしいけど絶対採用しなけらばならないわけではない」というのが企業の本音ではないでしょうか。

ちょっとハードルが高いからこそ、自分が無事内定がとれるか、不安ですよね。
今回はなかなか内定がとれない人の特徴をまとめてみましたので、自分が当てはまってしまっていないか、
そしてもし当てはまっていたらどうしたらいいのかの対策までをまとめました。

スキルがない

転職となると、新卒のように「とにかく大学を出ていればいいよ、あとはうちが一から教育してあげるから大丈夫」という訳にはいきません。
転職をして中途で入ってくる人に、企業は当然何かしらのスキルを求めます。
ただただ言われたことをこなすだけでは、企業としては、他の余計な色のついていない、年齢も若く、企業に対するコミットメントが望める新卒を当然採用するでしょう。

そこで、転職を希望する場合、「私は新卒とここが違います。」 「歳はとっているけど、それだけこんなスキルがあります」としっかりアピールできないと、なかなか内定へはこぎつけないでしょう。
もちろん、国家資格や需要の多い資格を持っていつ人はこれをどんどん押していきましょう。

でも、こういった資格がなくても、転職する人誰にでも共通して必ずあるのが 「経験」 というスキルです。
「これは特に資格じゃないし、ただ毎日働いていただけなんだけど。。。」
なんて考えなくても大丈夫です。
中途採用をしている企業が一番求めているのはむしろこの「経験」なのです。

なぜなら、今時資格を在学中に取得している、資格を持った新卒だっていくらだっているからです。
でも経験だけは時間をかけないとえられるものではありません。
当たり前ですが、3年の経験には3年かかるのです。
自分の過去の職場での「経験」というスキルを武器に、戦ってみましょう。

前職を辞めた理由

もうひとつ企業が必ず注目してくるのが前職を辞めた理由です。
「御社での仕事を希望するから辞めてきました」というケースであればよいのですが、要注意なのは体調不良と介護や結婚・出産などの理由です。

まず、体調不良で前職を離れた、となると企業としては「仕事をよく休まれたら困るな」 「また具合が悪くなってすぐ辞められたくない」 「本当は鬱病なんじゃないのか」等と懸念して、内定を躊躇してしまいます。
でも、実際に体調が悪くなったことは仕方ないないこと。
今は完治した、又は病気のコントロールがしっかりできている、この仕事に支障はない、という事をしっかりとアピールしましょう。

かえって 「日過去の経験から、人一倍気を付けるようになりましたので、自分の体調管理はしっかりできます」と強調するチャンスにもなるでしょう。

次に、なかなか難しいのは介護や結婚・出産がからむケースです。これは世間からさんざん言われている事ですが、どうしても企業は家庭での役割が大きい人を避ける傾向にあります。
一般世間ではこれを理由に内定を出さないというのはよくない事とされているので、企業はなかなか本音を言ってくれません。
事前に、エージェントがいれば、社内で介護や子供がいる人がどれくらいいるのか、確認してもらいましょう。

 

違う職種から来た人

なかなか内定が取りづらくなってきてしまうのは、転職を機に職種を変えようとおもっている人です。
簡単に言うと「畑替え」ですね。

この場合、過去の職場で培ってきたスキルや経験が評価されづらいのです。
こんな場合はやっぱり、一番大事になってくるのは「なぜ今新しい分野に挑戦しようと思ったか」です。
資格があったり、経験があったり、こういった事は履歴書やデータで数値化できますよね。
でもわかりづらい、でも実は働くにあたって一番大事なことのひとつがその人の仕事に対する意気込みです。

自分がなぜあえて前の会社を辞めてまでこの分野に飛び込んでみたいと思ったか、なぜその新しい分野に自分が魅力を感じることとなったのか、アピールするチャンスです。
新卒はどちらにせよどこかしらに就職をしなければなりませんが、転職の場合、新しい仕事のためにわざわざ前の職場を辞めてきているのです。
覚悟と意気込みが違うことをアピールしましょう。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。
せっかく新しいスタートを切って始める転職活動、できれば内定をもらいたいですよね。

今回は内定をもらえない、もらいづらい人の特徴をあげましたが、これらをうまく、自分をアピールする突破口に使ってみてください。
すぐに内定が出なくても、自分がなんで転職をしたいと思ったか、その最初の意気込みを振り返って、是非これからも転職活動を続けていってみてくださいね。