面接では、面接官が何を知りたいのかよくわからない質問を受けることがあります。何をアピールすればよくわからないまま思いついたことを答え、その結果、不合格になってしまうという場合も起こります。

そのような何を知りたいのかよくわからない質問の中で、定番となっている質問が「あなたにとって仕事とは何か」というものがあります。凄く深いような浅いような質問ですが、どう答えていいか非常にわかり難い質問の代表です。その質問でいい印象を与える答え方について紹介します。

面接官はなぜこの質問をするのか?

そもそも面接官は、なぜ「あなたにとって仕事とは何か」という禅問答のような質問をするのでしょうか?その答えは、面接官が面接の質問で採用候補者の何を知りたいと思っているのかがポイントになります。

もし、面接官が採用候補者の能力や経験を知りたい、会社にとって必要な能力や経験を十分に持っているかを知りたい、と思っているのであれば、「あなたにとって仕事とは何か」という質問はしてきません。この質問をしても、採用候補者の能力や経験が話される可能性は低いので、能力や経験を知りたければ「あなたが仕事で最も苦労したことは何ですか」「あなたが最も自信を持っているものは何ですか」などの質問をします。

そのため、「あなたにとって仕事とは何か」という質問するという時は、能力や経験を知りたいのではなく、仕事に対する姿勢を知りたいという時になります。

つまり、面接官は、採用候補者がちゃんと仕事に取り組んでくれるかどうか、不真面目に働くような人ではないか、を確認したいと思っています。したがって、その面接官が知りたいと思っていることに合わせた回答をしてあげることが、いい印象を与えるためのポイントになります。

この質問に対する本音

この「あなたにとって仕事とは何か」という質問に対して、具体的にどのように答えればいいのかを説明する前に、本音を整理しましょう。面接官が何を知りたいのかや何をアピールすればいいのか、という発想を一旦脇に置いておいて、自分の本音を考えておくことが必要です。

なぜなら、たとえいい印象を与えるために作った型通りの回答をしたとしても、その後面接官から追加の質問をされた場合に、上手く答えることができなくなる危険があるからです。事前に用意していなかった追加の質問に対しても、しっかり答えられるようにするためには、自分の本音を整理し、自分の言葉で色々な質問に答えられるようにしておくことが必要です。

そのために、「あなたにとって仕事とは何か」という質問の本音を挙げておくことが重要です。そして、いい印象を与えるということを無視すれば、「お金のため」「生活のため」「生きていくため」といった本音が出てくるかもしれません。

その本音の中には、仕事に対してマイナスのイメージを持った回答を持つ人が多いと思います。そのマイナスイメージをそのまま回答しては、いい印象を与えることはできませんので、答え方を工夫することでプラスのイメージにすることがポイントになります。つまり、本音を語ることで予想外の質問にも答えられるようにしておくとともに、答える際に使う言葉などで上手くアピールすることが重要になります。

本音の伝え方を変える

「あなたにとって仕事とは何か」という質問に対して、たとえその答えが本音であっても、仕事に対してマイナスイメージを持っているという印象を与えるような直接的な回答はNGです。

なぜなら、面接官はこの質問で仕事に対する姿勢がチェックしたいと思っているからです。そのため、仕事に対して真剣に取り組むこと約束します、というアピールになるような回答をすることが必要です。そのアピールによって面接官にはいい印象を与えることになります。

例えば、「あなたにとって仕事とは何か」という質問に対する本音が、「お金のため」というものであれば、「自分にはやりたいことがたくさんありますが、それを実際に行うためにはお金がどうしても必要です。そのため、自分にとって仕事は、お金を稼ぎ自分がやりたいと思っていることを実現するための手段と考えています。」といった回答があります。

この回答では、本音であるお金を稼ぐために仕事をするということを嘘偽りなく伝えつつ、嫌々仕事をしているのではなく自己実現のために主体的に仕事をする考えを持っていることを伝えることができます。

仕事を真剣にやります、というアピールすることができればいい印象を与えることができます。しかし、だからと言って自分の気持ちに嘘をつくような回答をしてはいけません。

例えば、本音では「仕事はあまりしたくないけど生活のためにしなければいけない」という場合に、「仕事は楽しいものだから、遊びと一緒です」というような回答をしてしまうと、追加の質問をされたときに応えられず困ってしまいます。「どんな時に仕事を楽しいと思いますか」といった追加の質問をされたら、楽しい思い出を探さないといけません。

ところが、本音が「仕事はしたくない」という気持ちを持っているのであれば、なかなか仕事で楽しい思い出と言っても面接の場ですぐに思い出せるかわかりません。そうならないためにも、本音と全く異なる回答を用意することは非常に危険です。本音を残しつつ、その伝え方を工夫することで仕事に対する真面目な姿勢をアピールすることが重要です。

面接官が望む回答をする

面接は、採用候補者を実際に採用するかどうかを判断するために行います。しかし、だからと言って面接の場だけでその人の全てをわかることはできないということも、面接官は当然しています。そのため、面接官の多くは、面接の前に今回の面接で確認したいことを予め考えています。

その面接官が確認したいことに対して、面接官が望んでいることに近い回答をすることができれば、いい印象を残すことができます。面接官にいい印象を残せば、実際に採用される可能性は非常に高くなるものです。

そして「あなたにとって仕事とは何か」という質問を聞いてくる面接官は、仕事に対する姿勢をどうしても確認したい、という気持ちがあるから聞いてくるのです。

例えば、その面接官にはやる気のない部下がいていつも困っているとか、仕事に対して根性がなくすぐに辞めてしまった、といった経験がある可能性が高いです。そのため、面接の場で、仕事に対してどういった考え方を持っているのかを確認したいと思っているので、「あなたにとって仕事とは何か」という質問をするのです。

面接官がどのような回答を望んでいるかを事前に知ることは非常に難しいことではありますが、全く方法がないわけではありません。

例えば、転職エージェントに今回の募集理由を確認しておけば、それが新しいポジションの採用なのか退職者の代わりのポジションなのかわかります。もし新しいポジションであれば、「自分にとって仕事は成長するための挑戦です。新しいことをどんどん挑戦したいと思っています。」という回答することでそのポジションに合ったアピールをすることができます。また、退職者の代わりであれば、自分はすぐに辞めたりせずに真面目に働く意思があるということを伝えられるような回答をするといい印象を与えることができます。

一緒に働きたいと思ってもらえる回答

この「あなたにとって仕事とは何か」という質問は、仕事に対する姿勢を確認するための質問です。そのため、あなたがどういった気持ちで働いてくれるのかを確認するために、面接官はこの質問をします。

期待する能力や経験を確認するためのものではありません。面接官が、これから一緒に働くことになったとき、あなたはどのような気持ちで働いてくれるのかを知りたがっているのです。

そうした面接官にいい印象を与えたいのであれば、しっかり働きますよ、期待に応えられるように頑張りますよ、ということを自分の言葉で答えることが重要です。用意された形式的な回答をするよりも、自分の言葉でちゃんと回答してくれる人の方が一緒に働きたいと思ってもらえるはずです。