面接のなかで一通りの質疑応答が終わった後に、最後に何か質問はありませんか?という質問をされることがよくあります。面接が終わったと思ってホッとしてはいけません。この質問は自分をアピールすることのできる最後のチャンスです。ここでしっかり答えることができれば、内定にグッと近づくことになります。そこで、この質問をされた時にはどのような質問をするべきかについて書いていきたいと思います。

自分の長所を入れた質問をするといい

転職をするうえで気になることとしては職場の雰囲気であることが多いです。会社のホームページや求人票などをみても分からないことでしょう。例えばすぐ仲良くなることができるのが長所であれば、私は初対面の人間とも人見知りをせずにすぐ仲良くなることができますが、職場の雰囲気はどうですか?というような質問をするといいです。また、他の誰にも負けないようなスキルを持っていたとしたら、私は今までの会社でこのようなスキルを身につけてきましたが、御社でどのように生かすことができますか?というような質問をするといいです。

それまでの質疑応答のなかでアピールしきれなかったものを最後にアピールすることが大事ですし、一番アピールしたいものを最後に再度アピールすることも大事です。

ただし、アピールはいいですが押し付けになってはいけません。相手がマイナスの気持ちを持つことがないように一つ一つ言葉を選びながら慎重に質問しましょう。この質問をするときに一番大事なことは、自分の長所がしっかり分かっていないといけないことです。学生の時、あるいは働き始めてから誰かに感謝されたこと、効率的に物事を行うことができたことはないでしょうか?エピソードを一つずつまとめていって、長所をまとめてみましょう。最後の質問までにその長所を伝えることができなかった場合は、ここでアピールを行いましょう。

仕事に対するやる気がはっきり分かるような質問をするといい

会社の事業内容を理解しているとはいえ、もし会社に入ることになればまずどのような仕事を行うのかは気になるところです。そこで、どの部署に配属されて、最初はどのような仕事を行うのでしょうか?と質問をするといいです。もっとイメージを膨らませたいのであれば、私と同年代で入社している方は、どのような責任ある仕事を任されているのでしょうか?と質問をするといいでしょう。

仕事のイメージができれば、入社することになった場合に備えて自分に足りないものを準備することができます。採用担当者から見れば、仕事に対するやる気をはっきり見ることができて印象が高まることでしょう。また、質疑応答のなかで疑問点や心配な点が出てきた場合であれば、最後に再度質問をするのも悪くありません。

同じことを聞いてしまうから採用担当者の心象を悪くするかもしれないと思うかもしれませんが、採用担当者も疑問点をなくした状態で入社して欲しいと思っています。自分の会社へ快く入社して欲しいので、このような質問をしたとしても分からないことを積極的に質問してやる気があると見られることでしょう。

聞きづらい条件面についても質問をする

もし新卒であれば、仕事をまずは覚えることを最優先して、条件面についてはある程度譲歩していましたし、そもそも就職試験で条件面の質問をすることはなかったでしょう。

しかし、転職活動中の面接は違います。すでにある程度の収入がある状態で試験を受けていますので、仮に採用されたとして収入が大幅に下がってしまったというのでは何のために転職したのかが分からなくなってしまいます。

そこで、最後の質問の時に条件面について質問をするのも悪くありません。しかし、ストレートに給与はいくらですか?とか残業はどのくらいしますか?という質問をするようでは、お金やプライベートが一番大事で仕事にやる気がないのかなと思われてしまい、印象が悪くなるでしょう。

質問するときは、繁忙期の仕事の流れを教えてくださいとか遠回しの質問をするといいです。残業時間がどのくらいか予想することができます。どうしても具体的に知りたい場合には、前職では月にこのくらい残業をしていましたが、同じくらいでしょうか?とか具体的な数字を出して質問をするようにしましょう。条件面について質問をするときに一番大事なことは、仕事の内容について的確に質問をしたあとに、最後のおまけぐらいの感じで質問をすることです。

まとめ

最後の質問について大事なことを述べましたが、気合を入れ過ぎて的外れな質問をしてしまうと、質疑応答で積み上げてきたものがなくなってしまう可能性があります。もし質問がないのであれば、時間をとってもらった感謝の気持ちと仕事に対する意欲を述べて話しを終わらせても悪くはありません。しかし、的を射た質問をすることができれば、印象を最後にあげることができますので、面接の空気を読みながら質問をしましょう。