面接で長所を聞かれたときは、エピソードを交えつつその仕事に生かせるものをそのまま答えればいいだけで比較的話しを組み立てやすいと思いますが、短所を聞かれると答え方によっては、自己分析をしっかり行っていないと判断され、不採用につながる可能性が高いです。そうならないために短所を聞かれたときの答え方や質問の意図について書いていきたいと思います。

質問の意図について

採用担当者はなぜ短所を聞くのでしょうか?その理由としては主に3つあり、まず1つ目はどうしようもない欠点を抱えていないか知るためです。もし、コミュニケーションを取ることが苦手ですとか朝起きるのが苦手でよく遅刻をしていましたとか答えたら担当者はどう思うでしょうか?そう答えることはないとは思いますが、仕事をするうえでこのような致命的な欠陥を抱えていれば、一緒に仕事をしていこうという気持ちにはならないはずです。不採用は避けられないでしょう。

2つ目は、自分のことをしっかり分析していて、客観的にみているか判断するためです。世の中に完璧な人間など存在しません。何かしらの欠点を抱えています。もし、短所は1つもありませんと答えたらどうでしょうか?自分のことを何も分かっていないと判断されて不採用になってしまいます。仕事をするときに大切なことは、物事を客観的に見て冷静に判断することです。短所を聞かれたら、包み隠さずにきちんと答えましょう。

3つ目は、短所を改善しようという努力をしているか見るためです。ただ自分の短所を答えてそれに対するフォローの言葉を言わなければ、短所をそのままにしていると判断され、不採用になってしまいます。自分の短所に対して、改善するためにこう努力していますという具体的な事例を述べれば、自分を高めようとしていると判断され、評価が高まります。

短所を面接で答えるための事前の準備で大切なこと

事前準備で大事なことは、自己分析をしっかり行うことです。学生のとき、就職してからいいこと、悪いことをたくさん経験してきたはずです。その体験を通して自分がとった行動や自分がどう感じたかについて一つずつ丁寧にまとめていきましょう。そのときに自分が何をしているときが苦手だったか、いい気分がしなかったのかを知ることができます。

また、自分だけで行っても見えてこないものがあると思いますので、まわりの信頼できる人に自分がどのような人間であるかを尋ねてみるのもいいでしょう。新しい発見につながる場合があります。面接でも私自身はそのようには思っていませんでしたが、まわりからはこう見られていますというエピソードを述べると本人の意見ではないのでより説得力がでてくることでしょう。

短所を聞かれたときの回答の仕方について

次に短所を聞かれたときにはどのように答えればいいのでしょうか?

大事なことは主に3つあり、まず1つ目は短所の具体的なエピソードを伝えることです。例えば、短所がマイペースなことだとします。面接官から短所を聞かれて、マイペースです、おしまいでは、担当者は頭のなかが?でいっぱいになることでしょう。マイペースであることの具体的なエピソードを述べて、短所があるために失敗したことをあわせて述べると話しに説得力がでてきます。それを基に長所に話しを転換することができるといいです。

2つ目は、マイナスの言葉をプラスのイメージのある言葉に変換することです。例えば、積極的になることができずに行動が慎重なことが短所だとします。慎重すぎると、判断が遅れてしまって物事に取りかかるのに時間がかかってしまいます。しかし、丁寧に仕事をするように心がけていますと答えたらどうでしょうか?仕事をするうえで大事なことはミスを少なくして確実に仕事を遂行することです。そのように答えれば、仕事のできる素晴らしい人間だと判断されることでしょう。

3つ目は、長所をあえて短所に言い換えてみることです。例えば継続力があることが長所だとします。発想を変えれば、新しいものにチャレンジすることが苦手ということになります。最初は短所から答え始めて最終的には継続力があるという方向に話しをもっていきましょう。結論の方が先に分かっていますから比較的話しの内容を組み立てやすいはずです。

まとめ

自分のことは自分が一番分かっているはずですので、短所を知るうえでまずは自己分析をしっかり行いましょう。気づかない部分はまわりの人間に尋ねることによって、自分という人間をより知ることができます。そのうえで発見した短所を仕事に生かすことができるようなプラスのものに変換することができるようになれば、採用担当者から好感を持たれるようになります。

抽象的な言葉だけではなく、具体的なエピソードをあわせて言うことによって説得力がでてきます。短所の伝え方によって、他の人たちに差をつけることができますので、話しを工夫しましょう。