就職活動において自分の長所を聞かれることは必ずと言っていいほどあります。
長所なので自分のいいところだけを伝えればいいと思う方は多いと思いますが、短所も長所にするといった苦手を克服していますというような内容も加えるとポイントになるのでそれを説明していきます。

自分の長所を知ることが大切

まずは、話す前に自分の長所を知りましょう。大体の人は短所はたくさん出てくるけど長所は出てこないという方が多いと思いますが、自分の長所は必ずあるはずなので周りの人に聞くや自分の得意なことなどから知っていくと長所が分かるようになりそれが自身に繋がるのではないかと思います。しっかり自分の長所を見つめることがポイントとなってきます。

例えば、何事も最後までやり遂げる粘り強さが長所だとしたら、資格を取ったや何かを頑張った経験を例としてあげ、資格を頑張りました。自主勉強で最後まで粘り強く資格勉強を頑張り、習得しましたなど具体的に伝えることで、この子は自信があるなと思ってもらうことができます。

しっかり自分の長所を何個かあげ、自分は何が一番自信があるのかなどを考えるとわかりやすく伝えやすいと思います。自信を持ってここは誰にも負けないというような所を見つけるとさらにいいと思います。長所は自分のいいところです。人間はいい所より悪いところを見がちなので、ここは自信を持ってアピールできる所を探せると完璧だと思います。

短所を知ろう

ここで、長所ばかりに気を取られて短所を見つめられないといい所ばかりで自分の短所を直そうや克服しようなど努力が曖昧になってしまうことがあります。

短所もしっかり知りましょう。短所であればたくさん出てくるのではないかと思いますが、3つほど自分のこれは絶対苦手だなどということをあげていきましょう。

これをすることで自分の長所になる部分を見つけることも可能になります。またここで短所を上げすぎてしまうと自身をなくしてしまいます。自信を持つためにも何個かに絞ってかんがえていきましょう。
例えば、飽きっぽいや短気や集中力がないなど上がったとしたらなぜ飽きっぽいのか、なぜ短気なのか具体的に上げていくことが大切です。

飽きっぽいであれば、最後までやらず、途中で投げ出してしまうことが多いや色々なことにチャレンジしたくなるなど具体的に例を挙げて考えるとわかりやすく伝えることもでき、また長所と絡めてアピールすることが可能になるのではないかと思います。

短所はある意味自分の魅力の塊だと私は思います。
苦手をわかっていれば、これは苦手なので教えてくださいなどと、仕事にも役立つのではないかと思います。
出来ない事をできるようにしようと思う気持ちも高まると思うのでしっかり見つめていきましょう。

短所を克服しよう

短所を克服する場合、克服したらそれは長所になります。克服を考えて、何をどうしたら苦手を克服できるかを考えます。それを伝えることで自分は努力します

自分を理解していることをアピールすることができます。例えば、飽きっぽいところが短所であればそれを克服するために、飽きる前に楽しみを見つける楽しさを考える、飽きてしまったとしても投げださず最後までしっかりやり遂げるなど明確な例があるといいと思います。

これを聞けば短所を直そうとしてるなや努力を伝えることが出来、相手もわかりやすく聞くことができます。
短所を短所として置いておかない、もっといい自分になろうと努力することで魅力がアップするのではないでしょうか。

短所は全てが苦手なこととは限りません。やってみたら出来たや意外とうまく出来たなどと意外と出来ることがあると思うので短所を見つけそれに挑戦してみてもいいかもしれませんね。実際に短所を体験してみると実体験として話もできアピールしやすくなります。

伝えることが苦手だと思うのであれば、周りの友達などに自分のことを話す練習などしてみると意外と苦手だとおもっていたけど出来たというような事もあるのではないでしょうか。
克服をすることができることはたくさんあると思うので書き出してみたりするといいかもしれませんね。
自分は無理だと思うことも相手からしたら出来てるよなどということもあるので、友達などに私ってどんな人と聞いて探すこともいいのではないでしょうか。

 

まとめ

 

面接の長所と聞いてくる時は自分のことをどれだけ知っているかそれを仕事にいかせるかなどの事をふまえ聞いてくることが多いと思います。
しっかり自分を見つめ、長所と短所を踏まえて自分の最大の魅力を伝えることが大切になってきます。
自信を持ってアピールしましょう。自分の魅力はここだよとしっかり伝え、こんな人と伝えられるよう
自分を見つめ、自分で考えるだけでなく周りの人に聞いてみるのもいいと思います。面接で最大限に自分を伝え意思をしっかり面接官に伝えていけるよう事前にしっかり努力しましょう。