苦手な上司がいたら転職するべきかどうか、悩むところですよね。私は、何度か転職をしたことがあります。転職すべきかどうか検討する時には、いくつかポイントを追って考える必要があります。

転職を考える際の注意点

部署の移動が可能かどうか

もし、あなたが勤務する会社が、店舗や事業所がいくつもある大きな会社であるならば、現在のいる部署や店舗から離れて、働く方法もあります。きちんとした会社の場合、直属の上司に相談しなくても、人事部や管理職などに相談して、配属先の転属の手続きができるかどうかを確認することが先決です。

また、転属しても、仕事の内容や職種によっては現状が変わらない場合もあるのかと思いますが、あなたのお勤めの会社を辞めずに継続していく方法があるのであればまずは、その点から模索するべきかと思います。なぜなら、転退職を自己都合で繰り返しすぎてしまうと、履歴書の職務経歴の説明が困難になりかねないからです。

転職の際の面接試験時には、おそらく転職の理由などを聞かれることとなるでしょう。あまりに多くの会社を転々としてしまうと、理由が「上司と合わなかった」では、先方に対するあなたの印象はあまりよくないことでしょう。

転職する業界は同一業界か異業界か

私の場合は、保険業界に大学の新卒で働き始め、目標を持って仕事をしておりました。3年間働き、目標を達成することができたので、その会社は退職し全くの異業界である飲食業へと転職しました。自分自身の夢がそうだったからです。そのために準備が3年間かかったというわけです。

この記事をお読みになられている皆様は、上司との馬が合わないという理由を中心に転職を検討されていることでしょう。本来は、磨いてきた力を生かして、同一業界への転職をすることが一番なのかと思います。さらなるキャリアアップと称して、現職場を退職します(本当は上司が苦手なためですが)。退職する前に、転職活動はするものの、転職理由は自分の今のスキルをさらに磨いていきたいという前向きな理由で活動に臨み、転職先を見つけて退職する方法が考えられます。

また、別の観点から考えますと、まったくの異業界へ転職する道も考えられます。どの業界へ進むにせよ、皆様が培ってきた力やスキルが役に立たないということはございません。私は先ほども申し上げましたように、保険業界から飲食業界へと移りました。培った営業力や事務能力は同様に役に立ちました。

しかし、そんな自分の夢ははかなく潰えて、私の立ち上げた飲食店は営業不振に陥り、たたまざる終えませんでした。2度目の転職が必要となったわけです。その後は、飲食業で培ったノウハウを生かし、飲食業への転職も考えたのですが、もう一つの夢ある、教育職へ。1からのスタートとなるため転職活動は非常に苦慮しましたが、無事に転職をし、まったく異なる業界で活躍することができました。

話を戻しますと、あなたは、苦手な上司のおかげで転職ということを考えるきっかけが起こりました。そのチャンスをどのように捉えていくかが重要です。異業種にチャレンジするのであれば、以前からやりたかったこと、子供のころから憧れている職業などなど年齢制限を除けばたくさんの職種にチャレンジすることが可能なのではないでしょうか。今まで培ってきた力は異業界でも発揮することができます。私は、どの職種、学生時代のアルバイトなど、遊んだ経験ですら、すべてが現在の職業に役に立っていると考えております。

転職資金はどうか

どうしても今すぐにでも辞めたいと考えている場合は、転職先を見つける前に辞めてしまってもよいのではないかと私は考えます。なぜなら、その上司にそこまで追い込まれて生活しているくらいなら、いろいろと投げ出して辞めてしまうのも一つの手です。

しかし、注意しなければならないのは、あなたが一人暮らしなのか実家住まいなのかでお金で苦労することは格段に異なってきます。退職した後の、家賃や光熱費、食費、通信費、税金、保険、様々な費用は有無を言わさず襲ってきます。もし、十分な貯金があるようでしたら、心に余裕をもって転職活動をすることができますが、そうでない場合は、常にお金の不安とともに戦わなければならなくなります。

現代人にとってお金の不安は上位に入ってくる不安材料です。転職するための資金という面でも検討が必要となってくることでしょう。ちなみに、私は、いつも資金不足で切羽つまり、日雇いの仕事をやりながら転職活動をした日々もあり、大変な苦痛を味わいましたが、自分らしい転職をするぞと考えていたので、なんとか乗り越えることができました。

 

転職をし苦手な上司から解放された体験談

私が苦手な上司のもとで仕事をしていた頃

苦手な上司にビクビクしたり、イライラしたりして、大事な一日一日を過ごすのは本当にもったいないと思います。

私もかつて苦手な上司にビクビクして毎日過ごしていました。自分一人で担当していた仕事だったので、誰にも相談できず、頼れず、一人で抱えこんでいました。夜の10時くらいまで怒られた記憶もあります。

号泣しながら仕事をしていました。毎回、上司に怒られた後、廊下を歩きながら一人、「私ってなんだんだろう…辛すぎる…」と悶々と悩んでいました。でも生活もあるし(一人暮らしをしていました。)、次の仕事を探す気力もない、とあきらめていました。

でも、月日が経つにつれ、上司を見るだけでビクビクしてしまって、平常心でいられず、本当に単純すぎるようなところでもミスをするようになってしまい、(日付を間違える、など…)いつもどおりの仕事がこなせなくなってしまいました。

土日休みになっても辛かったことを思いだし、ゆっくり休めた気がしません…。ふつふつと、もう、これはダメだ、と日々の積み重ねが私に教えてくれました。

それからは、転職先を一生懸命に探し、こそっと休んで面接を受けに行く日々でした。もうこの頃には気持ちが吹っ切れていて、休んで愚痴を言われても、「もう辞めるから何だっていい!」と思えましたし、「次が見つからなくたって、辞める!絶対なんとかなる!」という前向きな気持ちで毎日過ごすことができました。

バイトの情報誌を開いて、「もし、仕事がなかったとしても、このバイトをすれば大丈夫じゃん!」と自分を支えていました。幸い、次の就職先を見つけることができ、苦手だった上司から抜け出すことができました。仕事が辛くて病んでいた時期を思い出すと、「もっと早く辞めておけばよかった」と後悔はしておらず、ゆっくり、じっくり悩む期間があってよかったなと思います。

辞めた後は精神状態が落ち着いて、毎日に感謝できました。頑張った自分を褒めてあげました。辞めたことによって、休日に苦しむことがなくなり、心の底から休んだり、楽しんだりすることができて、ご飯が美味しいなぁと小さな幸せを見つけられるようになり、日曜日の夜も辛くなくなりました。

苦手な上司がいて本当に仕事が辛い方、特に、優しいお心をもつ方は敏感で傷つきやすい方もいらっしゃると思います。苦手な上司と離れることに、私は賛成派です。一気に心が晴れると思います。人生の主役はあなたです。あなたが、毎日ご機嫌で過ごせることが一番大事だと思います。

仕事を辞めた後

最後に有給をなるべくたくさん使って退職しました。その時間を使って、ゆっくり休んだり、次の職場の準備をしたりしていました。そういった時間は以前はお盆くらいしか作れなかったので、とても贅沢な時間のように感じました。

退職したおかげで、つかの間の休みがとれたことは本当によかったです。さて、新しい職場というと、もちろん、どこにでも苦手な上司はいる、と感じました。だんだんと、人間関係や合う、合わないが見えてきます。でも、以前の職場の上司のことを思い出すと、ある意味、鍛えられた経験があるので、あまり辛くなくなりました。

自分でもびっくりしていますが、信頼できる人を見つけて愚痴を言ったり、「こんなこと言われちゃったよ~」と笑いに変えて話せるようになりました。そうやって話していると、フォローしてくれる人が現れるようになりました。

さりげなく担当業務を変えてくれたり、私が元気がない時には、アイコンタクトをしたり、軽く声をかけてくれたりするんです。合う人との出会いは本当に巡り合わせのご縁だと思いますが、それ以上に、以前は一人で抱え込んでいたことを後悔しました。

誰にも話さないから、「この人は大丈夫だ」と思われたり、気づいてもらえない。タフな人だ、と思われてしまう。そういったところに気づきました。

信頼できる人を一人でも見つけておくことの大切さを学びましたし、自分自身も、苦手な上司を攻略する方法をちょっと身につけることができたのではないかと、自信に変わりました。

業務内容も、落ち着いて取り組むことができましたし、上司にも、ビクビクせずに話したり、確認したりすることができるようになりました。転職によって自分が成長していることを感じることができました。

転職は「自分に合った道を探すため」にする

今でこそ、「あの時の経験があったからこそ、今、乗り越えることができている」と感じます。仕事内容も、以前より、私にあっているな、と感じることができました。

転職することは、決して「逃げ」ではなく、「自分にあった道を探すため」だと思います。私は、何度転職してもよいと思っています。そうやって、みんな、自分にあった道を作っていくのではないでしょうか。

今、悩みを抱えている方がいらっしゃったら、悩んでいる時期があってもいいよ、悩んで悩んだ分、自分が納得いく答えが出せるよ、と声をかけたいです。

最後に

「苦手な上司がいたら転職したほうがいいのか」と考えたときに、一番大切なことは、その出来事に感謝することではないかと思います。その上司のおかげで転職を考えることになったわけですから、転職せずによりよい働き方が現在の会社で模索することもできますし、思い切って転職することも可能です。

人間は、気力と体の健康があればなんでもできるのではないかと思います。これを読んでいる皆様の心はおそらくつらい時期を乗り越えている段階で疲れていることでしょう。しかし、様々なことを前向きに考えていけば乗り越えていけます。応援しています!