臨時職員から正社員になるため転職を決意

 

25歳から市内の総合病院の臨時職員として、医療事務の仕事をしていました。

勤務時間は朝7時半から16時までの土日休みの週5日勤務、(出勤時間はもう少し早かったかもしれません)残業もありました。

フルパートの扱いでしたので、健康保険・厚生年金も加入していました。

土日休みで、普段も16時に退勤でき、家事に影響することもなく、時間的には何の問題もない職場でした。

ただ、職員の多い職場ですので、対人関係などの小さなトラブルはよく目にすることもありました。

臨時職員だけの関わりだけではありませんし、色々な部署との関わりがあるなかで自分本位の働き方は絶対認められません。

女性の多い職場ですし、さっぱりした人ばかりではないのと、ストレスの多い仕事でイライラしている雰囲気も多々ありました。

そんな中、何か問題が起きれば全て部署単位の責任となるわけですから、もちろんそれはすべての職場にも同じことが言えると思いますが、病院という職場では大きな問題になりかねないこともあり、気を張っていつも働いていました。

ただ、やりがいのある仕事でしたし、日々の大変さがあったにしても好きな職場ではありました。

約5年ほど勤務したときに、マイホーム購入などで金銭的にもう少し余裕が欲しくなり、正職員として働きたい思いが強くなったため退職を決めました。

 

希望の事務職へ2社の面接で採用が決定

 

在職中に上司に退職の相談をしていたのと、仕事を休まなくてもハローワークに行ける勤務時間だったので、転職活動は比較的スムーズでした。

希望とする職種はデスクワークでしたが、前職も医療系でしたのでハローワークの職員からは夜勤のある看護助手などを勧められていました。

紹介の中で、希望とする販売業のデスクワークの面接が決まり、面接をしていただきましたが、考えていた面接とは違い、筆記試験がいきなりあったことなどでかなり動揺し、今思い返してみても恥ずかしいくらい何も出来ませんでした。

また、デスクワークを希望していたにもかかわらず、エクセルとワードが使える程度で、面接をした職場ではホームページ作成などきちんとした知識が求められていました。

当然そこまで考えていなかったため、面接終了後に記念品の湯飲みが手渡され、数日後には不採用の結果が届きました

転職活動時には30歳ですし、新しい分野で仕事をするにはまず医療以外の知識がまったく足りないのと、探せば何とかなると思っていたのが大きな間違いでした。

興味があるだけで勉強もせず、また何かを取得するまで時間があるわけでもなかったため、考え方を変え、何がやりたいのではなく、何が出来るかということだけ考えて仕事を探すようにしました。

その後、タイミングよくクリニックの医療事務の募集があり、まずは書類選考からでしたが無事通過し、面接の運びとなりました。

面接は大きな会館で行われました。

前回不採用だった販売業での面接では1対1だったので、今回も同じような、何なら少し慣れた気持ちで面接に臨んだところ、4対1で行われ萎縮せざるを得ませんでした。

また、面接でどのようなことを聞かれるのか、自分ではある程度想定していたつもりでしたが、実際何を聞かれて何と答えたか、ひたすらアワアワしていたことしか思い出せず、面接終了後はおそらく駄目だろうと思っていました。

とは言っても面接自体はこのクリニックを含め2つ目だったこともあり、そんな簡単に転職が出来るわけがないと思ってましたので、焦るような気持ちはありませんでした。

あきらめ半分、期待半分ですごしていたところ採用の結果をいただき、私の転職活動は終わりました。

 

自分自身が満足のいく職場へ転職

クリニックでの仕事は、受付業務だけでなく少し専門的な知識も必要とされていましたので、採用していただいた以上は頭をフル回転にして覚えられることはすべて覚え自分のものにできるよう努力しました。

また、自分が携わっていた仕事が役に立つこともありましたので、経験したことが活かされる職場であってよかったと思います。

自分としましては、やってみたことがないようなことに興味があったので、色んなことに挑戦出来るような仕事ができれば、と思っていましたが、本気で仕事を探しているならばそんなことは甘すぎると痛感しました。

何よりも勉強不足ですし、漠然としすぎていました。

また、どんな仕事でもいい側面だけではなく悪い側面もあることを忘れていました。

他の方にしてみたら私の転職はスムーズだったかもしれませんが、色々考えさせられるには十分な時間でした。

金銭的な部分と、今までの経験値、自分にとってやりたいことかどうか、いろんな兼ね合いがあるとは思いますが、自分が必要とされるような仕事ができれば一番だと思います。

クリニックでの仕事は週2回は帰りが遅くなり、スタッフが少ない分休みも取りづらい状況ではありますが、それ以上にやりがいがあり、今の仕事に就いて満足しています。