転職のキッカケ

1番初めに転職を決めた時は、24歳の頃でした。高校卒業してから、将来やりたい事がなく何となく選んだ道が、理容師の道を選びました。

その頃、カリスマ美容師が流行っており、若い人は理容室より美容室に行く人が多くなり、理容室からお客さんが離れ始めました。

将来、本当に自分は理容師になって行きたいのかと思うと、別にそうでも無かったので24歳の頃に退職し、まずお金を貯めるために期間を決めて、引越し屋で2年間働き貯金をしながら、今後、何の仕事が自分に向いているのかを考えました。

 

なぜ引越し屋を始めたのか

引越し屋を選んだ理由は、理容師の頃にお客さんに、別の引越し屋の方が来ており、引越し屋には、今の僕のような次の仕事を探しながら、お金を貯める人が多く

これまで、色んな仕事をやっていた人が多いので、その人達の話を聞くために、思い切って転職をしました。

引越し屋に、思い切って転職をしました。

転職前に、体力を作るために半年前からジョギングを始めました。

社会に出て、初めて力仕事をやってみるとやはりとてもキツかったですが、日頃から10キロの距離をジョギングして体力をつけていたので、何とか耐えれました。

引越し屋をやる前から、体力的にかなりしんどいと分かっており、日頃から体力作りをやっていた事がこの仕事の成功に繋がりました。

引越し屋は、とても給料が良くおまけに、一件の引っ越しで2千円〜2万円と言うご祝儀を一人一人貰えるので、凄く貯金が貯まりやすい仕事で、2年後思った金額の2倍は貯金が出来ました。

その頃、引越し屋で出会った人達の話を聞いて新たにやってみたい仕事が出来ました。

それは、営業の仕事です。

 

転職活動中の体験談

 

引越し屋で出会った人達と日頃から色んな人が入って来ては辞めて行き、出入りがとても激しい業界でした。

その中で、色んな人達と会話して気付かされた事がありました。

それは、自分はコミュニケーション能力が高いと周りから良く言われ始めました。

それから、人と話すのが好きだと気付き、営業の仕事をやってみたいと思い始めました。

その頃、引越し屋を始めて1年半経過し、この頃、営業の仕事の求人を見ながらそれぞれの仕事の内容を調べたり、引越し屋に来た元営業マンの話を聞いたりして調べました。

そして、照準が決まった頃、将来の自分を想像する事にして、モチベーションを高めて行きました。

 

なぜ営業の仕事に決めたのか

 

求人に載っていた営業の仕事は、食品会社やインターネット回線や建設や印刷屋や、自動車の営業に的を絞り、とことん調べたり、その仕事を分析したりして、トヨタカローラの営業マンとして働く道を選びました。

 

車関係の仕事に決めた理由は、今まで車を持った事はありませんでしたが、昔から車が好きだった事もありましたが、初めての営業の仕事だったので、営業に慣れていないうちに、飛び込み営業や他の会社にアポを取って会社に営業で訪れる事に自信がなかったのでディーラーに決めました。

ディーラーだと、お客様自らディーラーに訪れてくれ、そこで営業マンが車の説明などをして対応するからです。

 

転職後の体験談

 

 
この時、自分で理容師の仕事より、こっちの仕事の方が、しっくり来ている事を実感しました。

色んな人と話したりすることで、自分は人が好きなんだと思いました。

それから、7年後トップセールスになり、もっと自分を磨きたくなり、ペット業界の営業をやる事になりました。

近畿地方の犬・猫のブリーダーさんの所に向かい、生まれて1ヶ月以上経った子犬や子猫を買い取り、ペットショップに下ろす仕事でした。

2年に1度転勤があり、東北地方に飛ばされ、次に関東地方から九州地方に行き、ようやく大阪に戻って来れました。

3年目の頃に医療系の仕事の会長さんから気に入られ誘われ、また転職しました。

現在は、転職先の景気が悪くなり、退職願いを出して、少し気になっていた整体師の学校に半年通い資格を取り整体師として働いてます。

ここ3年間、整体師として働きましたが、この仕事は少し違うと思ってます。

しかし、最近知り合いから連絡があり、セミナーの講師をやってみないかと言われております。

また、今年か来年辺りにまた動き出すと思います。

 

転職を繰り返した事でこれまで、全く違う業種などに転職を繰り返して来て得たものは、色んな人脈とスキルと話の幅が増えました。

しかし、転職する時は、本当に勇気がいります。僕は、人生は1度切りしかないので、自分の可能性を試してみたいと思い動き出しました。

転職先で、これまでの事を聞かれ話すと、行った先々で悩みを相談される事もあり、一気に信頼関係が得られた事もありました。

 

患者さんからの声

 

現在、整体師をやってますが、定年退職された男性の患者さんに多いのが、現役の頃、もっと色んな事にチャレンジしておけば良かったと後悔の声を聞くことがあります。

そして、僕に向かって、これからも色んな事にチャレンジして行って下さいと言われました。

患者さんから、このような貴重なお話を直接聞けて現在、整体師で良かったと思いました。

色々、転職しましたが全てやってきた仕事は、何1つ無駄は無かったんだと思いました。

その患者さんから言われた『現役の頃、もっと色んな事にチャレンジしとけば良かった』と、この言葉を聞けて考えさせられました。

自分の中でいくつか考えている事が組み上がったら、独立するために起動しようと思いました。