現在勤めている会社からの転職を考える際に、リクナビネクストやエン転職といった転職サイトに登録したり、リクナビエージェントやビズリーチに登録して、転職エージェントを使用して転職活動を始める方が多いと思います。本記事ではそれぞれのメリット・デメリットと共に転職サイトと転職エージェントを使い分けるポイントをご紹介します。

転職サイトのメリット・デメリット

転職サイトといえば、リクナビ、エン転職、マイナビといった大手サイトを思い浮かべる方が多いと思います。
これらのサイトでは企業が直接募集中の職種を掲載していたり、エージェントを経由して掲載しているケースがあります。

転職サイトのメリットとしては様々な業種の案件が掲載されており、各案件に関する説明が多い点にあります。
自分が今後どのような職種に就きたいか、明確に定まっていない方にとっては、新しい出会いが見つかる可能性もあり、様々な職種を検討する上では情報が豊富にあります。

また転職サイトのメリットとしてフォーマットで履歴書の作成が出来ます。

転職活動で必要となるのが履歴書、職務履歴書です。いざ書こうとなるとどういった内容でまとめればよいのか一から書くとなると手間がかかります。

転職サイト・エージェントに登録する場合、最初に履歴書の元となる自分自身の経歴を入力します。面倒だと思うかもしれませんが、資格や事故PRなどは後で入力することが可能です。また職務履歴書はどんなことを書けばいいのか分からないという人も、サンプルやフォーマットを用意しているサイトが多いので項目に従って入力していけば形にすることができます。

また転職サイトを見ることで会社の情報や仕事内容を把握することが出来ます。

転職サイトを見ると、企業の基礎情報やどんな仕事内容なのか写真付きで掲載しています。

最近だと職場の雰囲気を動画があったり、仕事の向き不向きまで掲載してあります。企業のホームページの求人から探すのも勿論いいですが、転職サイトだからこと残業代や福利厚生など細かい情報が載っているのがメリットです。きちんと掲載されている内容を読み取る能力が必要にはなります。

一方で、デメリットとして、情報が多い反面、掲載されている職種についてはあまり高年収向けや専門職向けへの情報は少ない傾向にあります。

特に戦略コンサルや金融系職種への転職を考えている方、管理職や経営層レベルの転職を検討している方にとっては転職サイトを使うメリットは少なく、あまり良い選択肢ではありません。
また、応募した後はすべて自分で直接やり取りをしなければいけない点も、仕事で忙しい方にとってはデメリットとなります。

転職エージェントのメリット・デメリット

転職エージェントを使用する際は、まず最初に各エージェントと面談を行い、自分自身のこれまでの経験から希望する職種等を伝えます。

転職エージェントは基本的に依頼者の希望する職種か、依頼者の経歴を考えて可能性のある職種しか紹介しません。
全然異なる職種ばかり紹介してくるエージェントはあまり良くないエージェントだと考えた方が良いです。
転職エージェントを使用するメリットとしては、上記の通り自分自身の希望する職種を厳選して紹介してくれる点と非公開求人を多数持っている点です。

転職サイトには公開されていない案件も数多く保有しており、このような案件は条件も良く、高年収を期待できることが多いです。
応募後の面接日程の調整等もすべて代行して行ってくれるため、仕事が忙しくても無理なく転職活動を進めることができます。

また転職エージェントを利用することで、履歴書の添削も行ってくれます。

エージェントの方から履歴書や職務経歴書の内容を無料で添削してもらえます。希望する職種に対して第三者の目線でアピール方法を提案してもらえるので一人で考えるのが難しいと思う方はエージェントを利用することをおすすめします。

 

一方で、転職エージェントについては、担当するエージェントによって、当たりハズレがあります。
上記のように自分の希望を無視した案件ばかり紹介してくる人や、これまでの経歴から紹介してもあまり採用されそうにないと判断してあまり求人を紹介してくれない人等にあたってしまった場合は、別のエージェントへ相談することをお勧めします。

転職エージェントを使用する際は、まず登録して複数のエージェントに会ってみることが大事です。
上記の通り当たりハズレもありますが、エージェント毎に保有している案件も異なり、そのエージェントのみが保有している求人案件がある場合もあります。
エージェントによっては、企業のトップとのコネクションが深く、スムーズに選考まで進めるケースも多々あります。

転職エージェントに頼り切りでは進まないというところもデメリットです。
転職エージェントに登録すればすんなり転職できるというわけではありません。紹介される求人が自分にぴったりのものだけではありませんし、応募して面接するのは自分自身です。

またエージェントで募集されている求人は募集人数が多く、書類選考で落とされる場合もあります。紹介された求人に応募したけど落とされた、と落ち込まず自分から率先して動きましょう。

 

何からしていいか分からないと悩むなら転職エージェント

転職エージェントは無料で登録することができ、担当のスタッフが転職活動のサポートをしてくれます。

転職を決意したものの何から始めていいか分からず前に進めない方はとりあえず申し込むことで転職の一歩を踏み出すことができます。登録した後、今後の転職についてヒアリングをするため電話もしくは直接会って話をする機会があります。

転職についてまだ具体的に決まっていないという場合でも、実際言葉にすることで今後の転職についての考えが見えてきます。おすすめなのは具体的に転職すると決意してから申し込んだ方がだらだらと引き延ばしになりません。また直接エージェントの方と会って話をした方がより具体的にアドバイスをいただくことができます。

実際転職エージェントに登録し、ヒアリングとしてエージェントの会社に行きました。事前にネット上で履歴書を記入しておくと、ヒアリングがスムーズにいきます。

聞かれる内容はエージェントによって違うと思いますが、なぜ転職をしたのか・転職してどう変わりたいのか・どんな仕事にチャレンジしたいのかなど聞かれます。エージェントという人を介しているので、ある程度要望に合うような仕事内容を提案してもらえたり、別の視点でこういうことに向いているとアドバイスをもらえます。

一人では踏み切れないという方は、履歴書から面接、入社までサポートしてくれるエージェントを利用すればスムーズに進むのでおすすめです。

色々な求人を探すなら転職サイトも利用する

転職エージェントに登録したけれど興味ある求人がない、と悩む方は他の求人サイトにも登録をしましょう。それぞれの求人サイトによって取り扱う求人は違います。

またここでしか募集していない求人もあるので、幅広く探すにはやはり複数登録をしておけば後悔はないかと思います。

複数登録していると管理が面倒と思うかもしれませんが、履歴書や経歴書は使いまわしができますし、メールの設定をすれば必要な情報だけを手元に届けることもできます。

高年収、専門職への転職を希望する人は専門の転職エージェントへ

戦略コンサルや投資銀行、証券会社や管理職以上の経営層への転職を検討されている方は、それらの業界を専門としているエージェントへの相談をお勧めします。
有名なところとして例を挙げると、コンサル系であればMovin’やConcord等、金融系であればコトラといったエージェントでしょうか。

上記エージェントはこれまでの実績から、各企業の筆記試験や面接対策等の情報を蓄積しているため、その情報を閲覧できるだけでもとてもメリットがあります。

経歴や年齢から明らかに応募基準に満たない場合は、応募を断られることもありますが、エージェントを通して応募した場合、筆者の経験では8割ぐらいの確率で書類選考は通ります。その後の面接についても、上記の面接に関する過去情報の紹介や模擬面接も行ってくれるため、ある程度自身を持って面接に臨むことができます。
まだ転職は考えてないけど、将来的に転職を考えているという方についても、現在の職種・経験から2~3年後までに積んでおいた方が良い経験等のアドバイスと頂けるので、一度相談してみることをお勧めします。

会員制転職サイトもおススメ

また、近年だとビズリーチ等の会員制の転職サイトもお勧めです。
有料会員でないと機能が制限されますが、自分の経歴、希望職種を登録しておけば、エージェントからスカウトが来るため、自分自身で探すよりも良い求人案件に出会えることが多いです。掲載されている案件も高年収のケースが多く、筆者はビズリーチを通して出会ったエージェントに紹介して頂いた求人案件で年収300万円アップを実現しました。

デメリットとしては、目立った経歴がないとあまり声がかからない点でしょうか。自分の経歴を登録する際は、なるべく詳細に、かつ自分が主体的に動いて成功させたプロジェクト等について記載しておくと良いです。

 

 

 

最後に

現在転職を考えている、または将来転職を考えている場合、希望する職種や専門性が明確な場合は転職エージェントを、特に決まっておらず色々検討したい場合はまずは転職サイトを使用してみることをお勧めします。
転職エージェントを使用する際も、複数のエージェントに会って相性の合う方と転職活動を進めていくことが重要です。