仕事をしていると一度は「辞めたい」と思うことがあります。
仕事を辞めたいと感じる瞬間は人それぞれで、辞めたいと感じた瞬間に退職を決めてしまう人も少なくありません。
一度辞めたいと思ってしまうと、業務に身が入らなくなったり、やる気がなくなってしまい出勤するのも辛く感じてしまいます。
そこで、仕事を辞めたいと感じる瞬間として多いケースと、辞めたいと感じた時に考えて欲しいことをまとめました。

 

仕事を辞めたいと感じる瞬間ととして多いケース

 

仕事を辞めたいと感じる瞬間として多いのが「努力して実績を上げたのに給料に反映されないこと」「ボーナスが減ったり、残業代が出ないこと」「周囲との人間関係が悪化したこと」「実際に入社してみたら全く関係ない業務ばかりやらされること」「残業や休日出勤が多くプライベートの時間が取れないこと」が挙げられます。

努力して実績を上げたのに給料に反映されないことに対しては、仕事の成果に対して正当な評価と共に適正な給料を払うのが企業としての務めですが、現実には実績を上げても給料は変わらないので、努力して成果を上げた意味が無いと不満を感じてしまい辞めたいと思うようになってしまいます。
実績を上げるために日々努力して結果を上げたのに、会社から見たらただの労働力としか思われないのかと思うとより不満を感じ、正当な評価をしてくれるところに転職したい、今すぐ辞めたいと感じてしまいます。

不景気と言われている世の中なのでボーナスがカットされたり、減らされてしまうことがあったり、残業をしても残業代が出ないサービス残業が続くことも会社を辞めたいと感じる原因となります。
毎日のように残業しても1円も残業代を出してくれない、入社した時は問題なかったが段々と業績が悪くなってボーナスカットされたことも辞めたいと感じる要因につながってしまいます。

努力しても給料が上がらないこと、ボーナスカット、残業代が出ないといった金銭面において会社を辞めたいと感じる方も多いですが、周囲との人間関係が悪化したことで辞めたいと感じてしまうことも多いです。

仕事は一人でやるものではなく周囲とのコミュニケーションや連係プレーによって円滑に進めたり、成り立っているものです。
何らかの理由で人間関係が悪化してしまった場合孤立したり、業務が上手く進まないといった居心地の悪いものとなります。

また、セクハラやパワハラ、いじめや嫌がらせ、暴力によって人間関係が崩れて、嫌な気持ちから早く逃れたいと強く思うようになって、辞めたい気持ちにつながってしまいます。

自分が嫌な目に遭っていても周囲が無関心である場合も多く、心身ともにボロボロになってしまうケースも少なくありません。

自分がやりたい仕事が出来ると思って入社したら、実際には全然違う業務を任されてしまうケースもあります。
やりたい仕事が出来ると思っていたのに、全然関係ない業務ばかりやっているとモチベーションが下がり、続けていく気持ちが薄れ辞めたいと感じやすくなります。

残業時間は問題になっていますが、毎日の残業時間が多い職場はまだまだ多く存在しています。
残業が多いとプライベートの時間も無くなり、ワークライフバランスが崩れてしまいます。
早く帰りたいと思っていてもなかなか帰れる雰囲気では無かったり、残業しないと仕事が終わらないくらい膨大な量だったりと、1日の大半を会社で過ごし趣味なプライベートに時間を持てなくなると辞めたいと感じてしまいます。

休日出勤が多いというのもプライベートの時間が減ってしまい、息抜き出来ないのでオンとオフのメリハリが無く、働く以外に何も出来ない環境に不満を感じ、辞めたい気持ちを強くしてしまいます。

 

仕事を辞めたいを感じた時に考えて欲しいこと

 

仕事を辞めたいと感じる瞬間は誰しもあります。
仕事を辞めること自体は悪いことではありませんが、勢いで辞めてしまうのはおススメしません。

仕事を辞めたいと思った時に考えて欲しいことは「仕事で改善できる点が無いかどうか」「収入が途絶えて生活出来るのか」「これからのことを考えているのか」です。

辞めたいと感じたから辞めるのではなく、改善できることが無いかをまず考えて欲しいです。
残業が多い場合は業務を効率化出来ないか、人間関係に対しては話し合いの場を設けられないか、セクハラやパワハラに対しては相談できる窓口は無いのか、やりたい仕事は出来ない状態だがいずれは任されてもらえるチャンスは無いかをよく考える必要があります。

仕事を辞めるのは簡単ですが、せっかく頑張ってきたことを手放してしまうのは勿体ない事でもあります。
心身に支障をきたしてしまったり、どうしても改善できない場合は仕事を辞めることを決断しても良いと言えます。

また、仕事を辞めてしまうと給料が入らないので収入が無くなります。
仕事を辞めても保険料や年金、税金は払う必要があるので、収入が無くなっても生活できるのかを良く考えます。
家賃、光熱費、食費など仕事を辞めても支出は必ずあり、むしろ辞めてからの方がお金がかかります。

辞めてから転職先を探す方法もありますが、すぐに見つかるとは限りません。

自分の今の経済力を再度確認し、辞めて収入が無くなっても生活出来るかどうかをよく考えることが大切です。

辞めたは良いけど、これからが決まって無い状態だとお金だけが無くなっていく現状となり、自滅します。
在職中に転職活動を行い、順調に進んできた段階で退職を決めることで退職後の経済的な不安を減らすことが出来ます。

 

辞めたいと思ったらどう対処すればよいのか

まずは相談

仕事を辞めたいと思ったら、まずは先輩に相談する事です。自分の意見を聞いてくれながらも、先輩の立場からの意見も言ってくれるので、それを聞く事で考えを改める事ができます。

1人の先輩に相談するのもいいかもしれませんが、やはり何人かの先輩に聞くのが1番良いと思います。

そして、何よりも先輩は先輩でもまずは同じ職業の先輩に相談する事が大切だと思います。もしかしたら、その先輩も自分と同じ経験、考えをしている方も居るかもしれないので、共感して頂けるのも少しの救いかと思います。

そして、きっと的確なアドバイスをくれるかと思います。何人かの先輩に相談して、共感出来た方の真似をする事も大切かと思います。

実際、私が尊敬している先輩に相談した時にその先輩は、「壁とは超えられる人の前にしか現れない」と教えて頂いた時に、凄く励まされました。今、自分が悩んでいるのは自分の成長の為なんだ、自分にはこの壁は超えられるんだ!頑張ろう!と思えました。

その先輩が自分の経験も踏まえながらアドバイスをくださった時は、先輩も同じ経験をしてきてんだな〜。と思えると自分も頑張れると勇気づけられました。

誰にも相談せずに、そのままだと本当にしんどいと思います。女性は共感してくれる人が居ると良いと言いますが、やはり共感だけではなく、アドバイスを下さる先輩に相談する様に私はしています。

逆に、全く別の仕事をしている方にも相談してみるのも有りかもしれないです。それはそれでまた違った考えやアドバイス、ヒントをくれるかもしれません。

自分の好きな事で発散する

仕事を辞めたい時って、きっと、不満やストレスがたくさんあると思いますので、そんな時は自分の好きな事や趣味をめいっぱいすると、ストレスも発散されて気持ちも少し軽くなり、気持ちを切り替える事が出来るのかなと思います。

私の場合ですと、スポーツが大好きなのでとにかく身体を動かします。または、自分の大好きなアーティストのライブに行く、自分が楽しみだと思える様な予定をどんどん増やす事です。そうする事によって、その楽しみのために仕事が嫌だと感じても、頑張ろう!という気になるからです。

趣味がないという方も稀にいらっしゃいますが、それを探す為に色々な事に挑戦するのも有りかと思います。

自分に言い聞かせる

自分に言い聞かせるというのは、私が仕事を辞めたいと感じた時は、苦しいのは自分だけじゃない、しんどいのは自分だけじゃない、他の人も頑張ってる、他の人もしんどい。楽な仕事なんてない!そう思う様にしています。

実際考えて、自分の今している仕事よりもしんどい人なんて数え切れないくらい居るのですから。他にも、自分を応援してくれている家族や周りの方の事も考えます。

自分には応援してくれている人が居る。その為にも、頑張ろう!と思えるのです。そして、最終的には時間が解決してくれるんだとも、言い聞かせるようにしています。時間が経てば、あの時こんな事で悩んでたのか、とか思えるからです。

 

うつ気味やうつ状態は早く仕事を辞めた方が良い

 

仕事を辞めたい瞬間は誰にでもありますが、いつどんな時でも仕事を辞めたいと感じるようになったり、仕事のことを考えると夜も眠れなかったり、うつ気味やうつ状態に陥っている場合は、このまま続けていても状況が好転する可能性は低いと言えます。
辞めるまでに慎重になることも大切ですが、うつ状態というのは心身ともに限界が来ている証拠なので、早く仕事を辞めた方が本人のためと言えます。

よって、仕事を辞めたいと思う瞬間として多いのが金銭面、正当に評価されない、人間関係、想像とは違う、プライベートが少ないことに対する不満からです。

辞める前に改善できることはないか、これからどうするのかをよく考えて決断する必要があります。

良く考えることが大切ですが、心身ともに支障をきたしている場合は早くその環境から離れることをおススメします。

 

まとめ

仕事を辞めたい理由はたくさんあるかと思います。まず1番多いのは人間関係です。仕事内容は楽しくても人間関係が上手くいかないと、きっと辞めたくなると思います。

逆に仕事内容は楽しくないけど、職場の人が大好き!となると、辞めたいとはあまり思わないのかなと思います。仕事を辞めたいと思った時の対処法もその人によってそれぞれあるかと思いますが、仕事を辞めない為にも、まずは職場の人間関係から大切にしていく事も大切ではないかと思います。

結局は自分の考えだけでは負の考えになってしまう事の方が多いかもしれません。私も実際誰にも相談していなかった時は本当に夜も寝れないくらい悩んで考えていました。

が、1人の人にでも相談する事で、自分の考えの甘さを知ったり、自分はこの程度で悩んでたのか、とか、色々知る事ができました。

相談する事って簡単そうで、意外と出来ない事だったりします。なので、職場の先輩でキャリアターゲットを探しその人に話を聞いて頂けくと、より自分の尊敬している先輩からのアドバイスなのですんなり頂いた意見を受け入れ易いというのも事実です。

そうやって私は今の仕事を9年続けてこれました。仕事を辞めたい時、悩んだ時はぜひ、まずは自分の尊敬する先輩に相談してみて下さい。きっと自分に合った答えやアドバイスを下さいます!

キャリアターゲットがいない方は、まずはキャリアターゲットを探す事をしてみて下さい。なかなか見つからない方は仲のいいお友達でも、家族でもいいのです。とりあえず、人に相談してみて下さい!