人間関係が原因で退職を決意

 

私は、25歳まで個人経営の歯科医院で働いていました。

20歳から働き始めたので、5年ほど経過していました。

そこでは、新人だった私はいろんなことを学ばせてもらいとても技術も向上できてとても自分のためになったなと思うこともたくさんありとても、感謝しています。

しかし、どうしても転職をしたいと思い始めたのです。

それは、やはり女性ばかりいる職場の人間関係に悩まされていたからです。

私が働いていたところでは、ひとりの独身女性の40歳近くの女性が勤務していました。

その方は、見た目はとてもきれいな形で、仕事もテキパキしている人でした。

こんなにきれいで仕事もしっかりできるしっかり者なのになんで結婚していないんだろうと入った時は思いました。

しかし、一緒に働いて見て、これは結婚できないなと思うことがいくつも出てきたのです。

まず、性格がやはりとてもきつい人でした。

なにかをいうにしても嫌味をちりばめていうような方だったので、その人と関わるのがとてもストレスでした。

また、会話の内容がとても変わっていました。

なぜか、昨日一日中なにがあったかをマシンガントークのように話され、私はひたすら相づちを打ったり、すごい!などと褒めなければ期限を損ねてしまうので、会話もかなり疲れます。

たぶん話す人がいないから、こんな風に誰かに聞いてもらいたいんだなと思い始めました。

そんな風にして最初の頃は、なんとかやり過ごしていました。

苦痛でしたが、これも仕事のうちと思い割り切っていたのです。

しかし、状況がとても悪化したのです。

私は、実は長年交際している人がいました。

その方にどんな人?と聞かれたので、全然かっこよくないし、優しくしてくれないんですよ、などと言って、嫉妬されないように話していました。

しかし、彼氏は、見た目はそこまで悪くない普通の方で、優しいひとでした。

 

そして私は結婚が決まりました。

結婚が決まり、歯科医院にいる先生やスタッフの方にも出てもらうことにしました。

式は順調に進み、職場に行くと、その女の方の私に対する態度がガラッと変わってしまったのです。

冷たくなり、話しかけても無視などされるようになりました。

それで、他の同僚に聞いてみると、結婚相手が聞いていた感じの人とだいぶ違った、嘘をつかれたと言って怒っていたそうです。

そこから、気まずい雰囲気が流れてしまい仕事がやりにくくなってしまったのです。

私は、この人に気を使いながら仕事するよりも他でのびのびとする方がいいと思い転職活動を始めました。

 

 

実際に職場へ足を運び見学しながら転職先を決める

 

ハローワークに行き、歯科医院の募集を探し始めました。

まず、いつも募集に出ずっぱりなところは、人の出入りが激しいのではないかと思ったので、そういうところは抜かしました。

そして。給料面と、家の近さを重視しました。

また、友達などから歯医者さんの情報を仕入れたり、中には患者さんになって雰囲気を見に行った歯医者もあります。

やはり実際見に行くと、掃除が行き届いているかとか、先生はどんな感じか、スタッフの年齢層や、雰囲気などがわかり、自分が働くイメージもしやすいのでかなりおススメです。

そして、患者として見に行ったところにいいなと思ったところがあったので、面接をお願いしました。

そこでは、かなり忙しい感じのところでしたが、忙しい方が好きだったし、技術も向上できるのではないかと面接することに決めました。

そして、面接するときにいつからこれるかと聞かれたので、引き継ぎがあるので、2ヶ月ほど待って欲しいことを伝えました。

そして転職が決まりました。

今まで働いていた歯科医院では、私の事情をきちんと話する事で、わかってもらいました。

スタッフの方にも、正直に転職することを話しました。

その女の方にも、きちんと話をして、お礼の言葉をきちんと伝えました。

この方がきっかけでやめるのですが、嫌な態度をとったら同レベルになると思ったからです。

また、同じ職種に着くので、わだかまりを残すより、さっと去って行った方が自分にとっても得だと思ったからです。

そして、引きつぎをして、無事に転職活動を成功させることが出来たのです。

 

人間関係にも恵まれ転職成功

 

転職後は、やはり新しい職場なので、覚えることがたくさんあり、かなり苦労しました。

だけど、人間関係には恵まれて、気を使うことなくのびのびと働くことができるのでとても良かったです。

新しい職場では、若い先生だったため、新しい技術を積極的に取り入れているのでとても勉強になります。

自分自身とても成長できたので。仕事面でもこの転職は良かったなと思います。

今人間関係などで悩んでおられる方は、その方と仲良くなるように積極的に努力して見てください。

それでも、自分の力じゃどうにも及ばないような方も中にはおられます。

そんな中で、小さくなって心が折れそうになりながら仕事するよりも、私は新しいところで、のびのびと仕事をされることをおすすめしたいなと思いました。