人間関係が悪化し退職を決意

 

私は、建築資材の会社に、正社員の経理事務担当として勤務していました。

私はチームリーダーというポジションで、2人のアシスタントの女性と一緒にお仕事していました。

2人のアシスタントよりも、私のほうが後に入社したのですが、それがおそらく気に入らなかったようです。

言い方がきつかったり、目を見て話さないなど、ちょっとおかしいなと思うことはいろいろあったのですが、気にしないようにしていました。

ある日、窓付きの封筒で書留を送ることがありました。

窓から住所が見えていなければならないのですが、私の書類の折り方がよくなかったようで、住所が見切れてしまっていました。

書留をアシスタントの女性に書留を渡して、郵便局まで行ってもらいました。

すぐに戻ってくると、私の目の前で、ビリビリと封筒を破いて、「こんなもの出せません。」と言いました。

腹が立つとか、怖いとかより先に、「こんな人と一緒に働きたくない。」と思いました。

それまで我慢していましたが、退職することを決意しました。

私は、どちらかというとおとなしい性格で、自分の意見を相手に伝えることは苦手です。

対人ストレスも抱えやすいほうです。

半面、黙々と作業をし続けることは得意で、ミスなく安定して働き続けることができます。

正社員で働き続けてきましたが、ストレスを抱えてビクビクしながら働くよりも、お給料は安くて構わないから、少し気楽にお仕事したいと考え、派遣社員としてお仕事することにしました。

 

派遣社員としての転職活動

 

派遣会社は、リクルートスタッフィング、テンプスタッフ、アデコ、パソナに登録しました

大手のほうが案件数が多く、仕事を見つけやすいと考えたからです。

リクルートスタッフィングは、マイページを開設すると、マイページ上にお勧めの求人が掲載されます。

その中から興味のあるものにエントリーします。

また、直接電話がかかってきて紹介されるときもあります。

マイページからエントリーするよりも、電話がかかってきた案件にエントリーしたほうが社内選考に通りやすい気がします。

電話をしてエントリーする人が見つからなかった案件を、マイページに掲載するのかもしれません。(これはあくまで私の感想です。)

パソナのHPには、あまり求人が掲載されていないように感じます。

電話での連絡をメインにしているのかもしれません。

登録の際の印象はとてもよく、その場でエントリーしましたが、その後連絡がなく、他社での就業が決まってしまいました。

テンプスタッフはジョブチェキというサイトからエントリーします。

テンプスタッフのグループ会社の案件も掲載されていて、エントリーすることができます。

アデコもHPからエントリーできますが、電話がかかってきてそれに対してエントリーすることが多かったです。

テンプスタッフのグループ会社の派遣会社であるテンプスタッフメディアの案件にジョブチェキからエントリーし、顔合わせまで進みました。

テンプスタッフメディアは以前の社名を日経スタッフといい、日経新聞のグループ会社だったそうです。

今でも日経新聞のグループ会社との付き合いが多いらしく、私の日経グループの企業に、顔合わせに行きました。

顔合わせした際にお会いした方の印象が暗く、神経質な印象でした。

しかし通勤しやすい場所だったので、翌週の他社の顔合わせが終わるまで、返事を待ってもらうことにしました。

もう1社顔合わせが決まっていたのは、アデコから紹介された案件でした。

顔合わせの20分前くらいに企業前で待ち合わせをし、担当者から面接の流れ、質問内容、面接してくれる方の説明などをされました。

テンプスタッフメディアの説明よりも丁寧に感じました。(というかテンプスタッフメディアの担当者は、求人票の内容を読むだけであまり参考になりませんでした。)

顔合わせの際にお会いした部長さんの印象も柔らかだったし、時給もこちらのほうがよかったし、何よりも派遣社員から正社員登用の実績があることが決め手となり、就業することに決めました。

テンプスタッフメディアには、他社での就業が決まった旨、連絡して、就業をお断りしました。

顔合わせの1週間後からお仕事を開始しました。登録日から3週間後でした。

貯金もあまりなかったので、早くお仕事が決まったことに安心しました。

 

派遣社員から正社員になるべく奮闘する日々

実際にお仕事を始めてみると、皆さん穏やかな人ばかりで、対応も丁寧だし、落ち着いてお仕事できます。

派遣社員やアルバイトから社員登用された方も複数いらっしゃって、何か問題を起こさない限り、社員登用されるようです。

ただ、社員の方のアシスタント的なポジションで、依頼がある時だけお仕事をする感じで、業務量がとても少なく、時間を持て余しているのがつらいです。

しかし、私のように、スキルアップや給料アップよりも、落ち着いて働きたいと思っている人には都合のいいお仕事なのではないかと思います。

このままお仕事を続けて正社員に登用されるよう頑張ろうと思います。

派遣社員は不安定だと敬遠される傾向にあると思います。

しかし、需要はあるので、派遣の仕事はかなり供給過多の傾向があるようです。

直雇用登用ありの案件もあります。

紹介予定派遣という方法もあるので、正社員にこだわりすぎず、派遣社員も選択肢に入れてもいいのではないかと思います。