退職しようと思った時にその意思を伝えるにはタイミングがあります。

退職の何か月前に意思を伝えるのがベストなのかを知ることで、円満に退職出来ます。
円満退職のためには意思表示は大切で、ベストなタイミングで退職する意思を伝えることで、残された方も気持ち良く送り出すことが出来ます。

退職の意思を伝えるのは1カ月から3カ月前が一般的

 

法的には退職希望日の2週間前に伝えれば良いとされていますが、退職を考えている時期が繁忙期に当たってしまったり、引き継ぎや残務処理を行うこと、退職に向けて有給消化をすることを踏まえると法的になっている2週間前では円満退職は難しいと言えます。

退職をするまでにやらなければいけないことは思っている以上に沢山あります。
それらを短い期間で急いで引き継ぎをされてしまっては相手も困ってしまいます。
退職後に業務について連絡をしたりして、退職したのに業務のことで呼び出されたり、連絡が来るということも考えられます。

なので、退職の意思を伝えるのは自分が退職を考えている日にちに余裕をもたせる必要があります。

繁忙期に当たってしまった場合は残された方への負担を考慮して繁忙期を過ぎてから退職をすることになるでしょうし、引き継ぎや残務処理には最低でも1カ月はかかります。
また、有給日数が多く残っている場合、1カ月くらいを退職までに消化をすることになるので、退職の意思を伝えるタイミングとして3カ月、遅くても1カ月前には伝える必要があります。

円満退職なら退職意思を伝えるのは3か月前

 

円満に後腐れなく退職をしたいと思うなら退職したいと考えている日の3カ月間に伝えるのがベストと言えます。

3か月前に伝えるのがベストである理由として、後任者を探したり選考を行う期間として1カ月、引き継ぎの期間として1カ月、有給消化や他の部署や取引先への挨拶周り、その他に退職へ向けて手続きを行う期間として1カ月を目安としてかかると予想されるからです。

退職の意思は最初上司に伝えることになりますが、最終的には全員に退職することを周知する必要があるので、その時間も必要になります。

特に自分の後任者を見つけるのに時間がかかると言えます。
もともとギリギリの人数で回していた部署だったり、人数が少ない部署だと後任者を見つけるのに苦労します。
目安としても1カ月間では見つからない可能性があり、最悪後任者が決まらないまま自分が退職をしてしまうなんていうケースになることも考えられます。

後任者を選出し、引き継ぎを行うことにかなりの時間を要します。
この流れで2カ月は使ってしまうことを踏まえると、お互いが気持良く送り出して、自分自身が後腐れなく去るには、退職の3か月前に伝えるのが良いと言えます。

後任者の選出、引き継ぎ、退職に向けての有給消化やその他の諸手続きを行うのにかかる期間として3カ月あれば、キツキツになることは少ないです。

労働基準法で何か月前に退職の意思を伝えなければならないと決められているわけではありませんが、円満退職をしたいのであれば退職の意思を伝えるタイミングとして余裕を持った日にちで行うべきですし、退職するまでの後任者の選出や引き継ぎ、有給消化などやることは沢山あります。
退職までに余裕を持ったスケジュールを立てることは、残された方への負担を軽減し、気持ち良く送り出してくれるでしょう。

お互いが気持ち良くいられるためにも退職意思を伝えるタイミングとして退職を考えている3か月前に伝えて、自分自身も上司や同僚、部下も余裕を持ったスケジュールで動いてもらえるようにするとより親切であり、気遣いとも言えます。

会社の規則で定められている場合は従うこと

 

会社には必ず就業規則がありますが、そこに退職の意思を伝える期間について明確に記載されている場合は就業規則に従うのが原則です。

例えば「退職の1カ月前に伝えること」と就業規則で決められている場合は余裕を持って伝えたいと思っていても、就業規則が優先となるので1か月前に伝える必要があります。

法的では2週間前、一般的には1か月前から3か月前、円満退職を重視したいなら3カ月前とさまざまなタイミングがありますが、まずは自身の会社の就業規則を確認し、退職についてどのような規定があるのかを確認する必要があります。
その中で、具体的に何か月前に伝えることと記載されている場合は就業規則に従うことが退職のマナーとなります。

よって、退職の意思を伝えるのは何か月前が良いのかと言うと、一般的には1カ月前から3か月前とされていて、余裕をもたせて円満退職したいなら退職の3か月前に伝えるのが良いです。

ですが、自分の会社の就業規則に退職意思を伝えるタイミングについて具体的に記載されている場合は就業規則が優先となることも知っておく必要があります。

いずれにしても、退職の意思を伝えるのは余裕をもったタイミングで伝え、明日辞めますとか今月いっぱいで辞めさせてくださいといった急なタイミングで退職意思を伝えることはしないことです。

辞めたいと思ってから辞意を伝えるまでの一連の流れ

まずは現在の仕事内容と仕事状況を確認する

退職と一言言っても様々な理由があって辞める方も多いと思います。病気、怪我により職務が行えない。家族の不幸、寿退社、会社業務や人間関係によるもの。理由も原因も様々です。

できればその会社でずっと働いていたい!と思っても色んな理由があって辞めざるを得ない状況になった時、会社に退職する旨を伝えなくてはなりません。

いかなる理由があったとしても、職務を任されている以上、やはり上司に対して辞職を申し出るのには勇気がいりますよね。

もちろん急な事情により止む無く即日や近日に退社しなくてはならない場合はすぐに辞職を申し出なくてはなりませんが、そうでない場合、ちゃんと会社を辞めるに当たり時期を選べる、辞職までに時間があると言う方は、会社への退社連絡もそうですが、それ以前にまずやらなくてはならないことがあります。

それは仕事の引継ぎです。辞職するということは、今まで自分が携わっていた仕事を、自身の辞職後誰か別の社員が兼任することになるということ。

そのためには、自分の仕事内容がどんなものか。現在進行している仕事の状況はどうか。期限のある案件や仕事の進み具合はどうがなどをしっかりと把握、整理する必要があります。

これは今後自分が辞めた後に引継ぎ、自分の代わりに仕事を任される方のため、何よりも会社のためにもとても重要なことです。

中には、自分しか分からない仕事を受け持っている方もいます。その仕事は特にしっかりと引継ぎをしなくてはなりません。

何故なら、長く勤めていた人などは特に、自分がやって当たり前なことで会社が機能していたのに退職してしまったらその仕事のやり方も作業方法もわからない、という状況になって後に残った方々に非常に迷惑をかけてしまうからです。そういったことを防ぐためにも、まずは自分の仕事内容を細かく書きだしてみることから始めましょう。

辞職する日に向けて引継ぎと現在の仕事を割り振る

自分の仕事の内容と現在進行している作業状況が明確になったら、今度は辞職日までの仕事の割り当て、引継ぎについて考えていきましょう。

辞職するまでの間に受け持っている現在の業務を完遂させ、なおかつ自分の業務の後を継ぐ人に対して引継ぎが必要な仕事が何かを自身でしっかり把握しておく必要があります。

前述にも述べた通り、一番してはいけないことは自分だけ分かる仕事がある場合にその内容、作業方法等をしっかりと引継ぎしなくてはならないということです。これは非常に重要になります。

また、受け持っている仕事の締切りが辞職日を過ぎてしまう場合は、辞職日から遡って余裕をもって自分の現在の仕事の進捗具合を正確に社員に伝える必要もあります。

これをしっかり遂行することで今後社員の方々や会社にとって引継ぎがスムーズになり、自分が辞職したとしても会社側が慌てることはなくなります。

一番大切なのはあなたがいなくなった時に会社にも一緒に働いてきた社員の方々にも仕事上迷惑をかけてはいけないということです。

どんな理由であれ一度雇っていただいた会社は、あなたを信じて仕事を任せています。

あなたが辞職する日まではあなたはその会社の社員です。なので、与えられた仕事は最後まで責任を持って行わなくてはなりません。

そのためにもあなたが会社から任せていただいた仕事をあなたの後釜となってくれる社員の方にしっかりと引きつぐごとが大切なのです。

仕事と引継ぎ計画をまとめたら余裕を持った退職日の連絡を

上記を踏まえた上で、しっかりと自分の仕事の状況を把握、引継ぎもしっかり行える状況を作ったうえで上司(会社)へ退職の旨を伝えます。

この時、前述で計画した内容を元に、辞職までに必要な期間が考えられます。それを踏まえて、余裕を持って会社に連絡をします。

退職時期に余裕がある、または退職時期を選ぶことができる場合は仕事の引継ぎ期間を考え、大体3ヶ月前には会社に報告をしておきましょう。

早いと思う方もいるとは思いますが、一人の人間が会社を辞めてしまうというだけで会社や所属部署の機能が混乱することはよく見るケースです。

事前に報告、引継ぎについての仕事の内容と仕事を引き継いでくれる社員の方との相談などはまず自身の上司との話し合いが大切です。

思ったよりも早く時間が過ぎてしまい、気が付いたら退職日直前になって大慌て、ということがないように準備は重要になります。

辞職報告は早くて悪いということはありません。逆に、辞職となると事務的な手続きも必要になるため、会社としては早いに越したことがないのです。

ただ、辞職日がまだ先の状況で報告をする場合は辞職日の一月前に辞職日の確認を再度行っておくといいかもしれません。

そうすれば余裕を持って仕事の引継ぎや進行している業務を終わらせることができます。そして辞職前には既に引継ぎも終わらせ、今後辞職した後のことも考える余裕ができますので退職の相談は早めにすることをお勧めします。