転職をすると言うことは現在の環境を変えることです。
環境が変わることで不安を感じることは当然のことで、転職後の職場で上手く働けるかどうかと考えてしまうとより不安が大きくなります。

転職をするにあたって不安は付きものですが、不安に負けてしまうのは良くありません。
そこで、転職することに対する不安を拭い取るために心がけたいことや行動を紹介します。

何が不安の原因となっているのかを明確にする

転職活動をすることになると、様々な不安を持つようになります。今の会社で経験を積んできてはいるものの、同業の会社に転職したいと思っていたとしても自分の経験や技術が通用するのかということや、もし未経験の分野ならついていけるのかということや、人間関係も一からのスタートになりますのでうまくやっていけるのかどうかということです。

不安は頭のなかで考えるだけで頭の大部分の面積をそのことで占めるようになってしまいます。考えれば考えるほど不安が大きくなっていって、時間がたったらそれが消えてなくなってしまうことは絶対にありません。

大きくなると心理状態が普通でなくなり、簡単にできるようなことでもできなくなってしまいます。その状態になってしまう原因は、頭のなかが整理できていないということです。

転職することに不安を感じている方は何に対して不安になっているのか、その原因を特定する必要があります。
具体的に何が不安なのかを明確にすることです。
原因の分からない状態だと毎日どんどん不安がつのる一方です。
転職することに対する不安を拭い取るための第一歩として不安の原因を知ることと言えます。

漠然とした気持ちで転職をするのではなく、不安になっていることをはっきりとさせることが必要です。不安になっていることが分かったら、転職するに当たってどんな条件を希望するのか、転職したらこういう職場で働きたいという望みも明確にします。

やりたいことや希望がはっきりしない状態で転職活動を行うと、もう何でも良いと妥協してしまい、結局転職前と同じ状況に陥る可能性があります。

大事なことは、紙にでも不安に思っていることを書き出してみることです。

そうすることによって、はっきり不安なことが分かるようになり、客観的に物事をみることができるようになります。

簡単に解決することができる場合も意外とありますし、簡単に解決できないものであったとしてもマイナスなものを形にして吐き出すことになりますので、心を楽にすることができます。

次の行動にやる気をもっていくことができるようになります。不安に思ってしまう原因として最も大きなことは、分からないということです。

自分自身が行動をおこしてこういう結論に行き着くということがもし最初から分かっていれば、自信をもって行動に移すことができます。

しかし、転職活動はゴールがなかなか見えません。どのように履歴書や職務経歴書を書けば、志望する企業に良い印象をもってもらえるのかとか、面接でどのような受け答えをすればいいのかなどということです。

はっきりした正解があればいいですが、企業によって欲しいと思う人材は異なりますので、正解はいくつもあって一つではありません。その企業によって正解を探していかないといけません。

また、転職することができたとしても、その企業の雰囲気というのは実際に入ってみないと分からないので、入るまでは不安に感じてしまいます。

しかし、入社してある程度の期間がたてば雰囲気にも慣れて不安が少しずつなくなっていきます。少しずつ分かるようになっていくからです。つまり不安なことを書き出して、自分のことを分かることがとても大事になります。

 

自分の好きなことをしてリラックスする

自分のやりたいことを実現できるような会社にたどり着くために転職活動をしますので、一生懸命努力をするのはもちろんのことです。

しかし、それを自分の生活の中心に置きすぎていては、うまくいけばそれでいいのかもしれませんが、なかなかうまくいかなくなった場合に自分の首をしめてしまうことにもなりかねません。

時には逃げ道を作っておくことも大事になります。今まで生きてきたなかで、これをしている時は嫌なことを忘れられるぐらい夢中になることができるものが一つはあることでしょう。

それをすることによって、心をリラックスさせて、またフレッシュな状態で転職活動をすることができます。

ストレス解消で効果的と言われているのがランニングなどの有酸素運動です。汗を流して身体のなかの悪いものを外に出すことができますし、血液の流れもよくなって身体が自然と元気になります。

特に自然豊かなところで有酸素運動を行えば、太陽の光を浴びて細胞を呼び起こすことができますし、新緑は心も身体もスッキリさせます。また、何も考えずにすることができるという点でもストレス解消をするうえでおすすめの方法の一つといえます。

 

ネガティブな発言に耳を傾け過ぎないこと

転職するに当たってネガティブに思う人もいます。
同じところで長く勤めるのが美徳と考えている人が多いのが現状です。

そういった人から「転職して本当に変われるの」「今のところで働けないのなら転職しても同じこと」「辞めたら終わりだよ」と言うネガティブな情報を与えて、不安をあおってくるケースもあります。

転職しようと意気込んでいても、不安を抱えている状態であれば、転職しても何も変わらないと言われると説得力を感じてしまいます。

転職して環境が変わることで本当に好転するのかは正直分かりません。
しかし、ネガティブな情報に振り回されて諦めてしまうのは勿体ないことです。

今のところで働けないなら転職したとしてもやっていけないというのはよく言われることですが実際は転職してからイキイキと仕事に集中出来たり、転職で環境が変わったことで良い方向に向かったと言う話も多く聞きます。

転職にすることに対してネガティブなことを言う人もいますが、ネガティブな言葉や内容を真に受けないこと、転職をするというのは悪いことではない、自分を変えるために行うのだと心にとどめて、振り回されない心を持つことが、転職することに対しての不安を減らしてくれます。

ネガティブな情報ばかり耳に入ってしまうような環境であれば、知り合いや友人など実際に転職した人に話を聞いてみたり、上手く行った人の体験談や情報を集めるのも不安を減らすための有効な方法です。

転職を経験している人からの話を聞いたり、見たりすることで自分がこれまで抱えてた不安を解消してくれたり、視野を広げてくれます。転職成功した人の体験談は不安な気持ちを払拭し、転職しても良いのだと自信を持たせてくれます。

転職するための情報を収集すること

転職するに当たって不安を感じる方は情報を集めることがオススメです。自分が転職したいと思っているところの情報や、転職先として希望しているところの情報、やりたい仕事に転職するには何が必要なのか、この企業は転職後の自分の希望に合っているのかをネットや人からなど幅広くどんどん情報を集めることです。

情報が無いと人は不安になります。
転職するに当たって不安に感じる方の多くは情報不足です。
情報を集めることで自分が今悩んでいることや抱えている不安について減らせて、解消出来ます。

 

転職のプロの意見を聞く

転職活動は、自分の目標を達成するために基本一人で行うものです。しかし、ずっと一人でやっていては行きづまった時に困ってしまいます。解決する時間がかかってしまい、効率的な行動をとることができません。そんな時は、プロの助けを借りるといいです。

特に転職エージェントでサポートを受けることは非常に効果があります。職エージェントは、転職に成功した人をたくさん見てきているため、自分の知らないことをたくさん知っています。失敗した人もみていますので、してはいけない行動も知っています。

企業の採用担当者と定期的にコミュニケーションをとっているため、会社のなかに入らなければ知ることができない情報をもっています。仮に面接を受けて不採用になってしまった場合でも、不採用と判断された理由を知ることもできますので、自分にとってアピール不足だったところや改善するところを比較的簡単に知ることができます。

転職は一つでも多くの情報を得ることができた人が、自分が理想的に思う企業へ転職することができます。一人で抱え込まずに、知識を持っている人に相談をすることが転職の早期達成につながり、不安を解消することにつながります。

 

まとめ

転職するに当たって誰にしも不安に感じるものです。
その不安を少しでも減らし、払拭できる方法を知ることで転職に対する不安を解消し、自信を持てるようになります。

転職に大切なのは前向きな気持ちを持つことです。
前向きでいられるためにも情報を集めたり、自分の条件を書き出したり、ネガティブな情報に振り回されない強い心を持つことを心がけてこそ、転職の成功につながると言えます。