不満を解消するためやただ逃げ出すために転職をするとうまくいかない

転職をする大きな理由の一つとして、現在の会社に対する不満ということがあります。

休みをきちんともらえないとか毎日の深夜までの残業で体力的、精神的にきついなど理由は人それぞれでしょう。

しかし、そのような不満を第一に考えて、それからただ逃げ出すことだけを考えて転職をしてしまうと、また同じような壁にぶち当たってしまいます。

特に人間関係を理由に転職をしてしまっては同じことの繰り返しです。

どの会社にも最低一人は後輩に対して厳しすぎる先輩や嫌味を言ってくる先輩がいます。

毎日の圧力に耐え切れず、転職という選択肢をとるのも分からなくはありませんが、転職先でまた同じような先輩にでくわすことでしょう。

人間関係だけではなく、どの会社に勤めていても、大変なことや辛い思いをすることが少なからずあります。

一時は大変かもしれませんが、それをどうにかして乗り越えたときには、人間として一回りも二回りも成長して、自分に自信をつけて次の仕事に向かっていくことができるでしょう。

しかし、少し大変なことがあったからといって、自分にはこの状況を乗り越えることができないと簡単に考えて転職をしてしまっては、人間として成長をすることはできません。

ただ年齢を重ねるだけになってしまいます。また、待遇に対する不満を基に転職をしてもうまくいきません。

給与は会社の売り上げが上がったからといって、すぐに影響が出るものではありません。会社の規則に沿って、少しずつ上がっていく場合が一般的です。売り上げを直接給料に結び付けたいのであれば起業をするべきです。

待遇に不満をもって転職しても、どの会社でも結局不満をもつことになってうまくいきません。

やりたいことが明確になっていないとうまくいかない

転職をしたいと思う理由として、現在の仕事の内容に対してやりがいがないと思っていることがあります。

職場には一日24時間のなかの大部分の時間を過ごすところですので、やりたいことをやっていなければ、時間が過ぎるのも遅いことでしょう。

もし、やりたいことをできているのであれば、一日が過ぎるのはあっという間です。

ただし、転職先を決めるときに、やりたいことが分からない状態で何となく探していると、転職はうまくはいきません。

転職がうまくいくうえで大事なことは、やりたいことがはっきりしていることです。やりたいことができる会社に転職すれば、いきなりそれができるとは限りませんが、いずれはその仕事につながっていくと考えて、目の前の仕事にやる気をもってあたっていくことができることでしょう。

誰もが知っているような会社に就職すれば、周りからはうらやましいと思われるかもしれませんが、もしやりたいことが全くできていなく、今後もできないことがはっきりしているのであれば、その人にとっては何も価値がないことになって、再び転職を考えることでしょう。

自分にとって、何をすることが喜びなのか、過去の体験などから分析をしてそれに基づいてやりたいことを探していきましょう。

その通りの会社に転職できれば、きっと長続きするはずです。

自分のできることを分かっていないとうまくいかない

やりたいことを明確にすることは大事なことですが、それが自分のできることとかけ離れていては転職はうまくいきません。採用をする側は、ある程度社会人としての経験を積んでいますので、一日でも早く戦力になってもらおうとある程度の能力を持っている人間を採用しようとします。

転職活動をする側としては、少しでも自分自身が能力をもっていることを知ってもらおうと、そのままの能力をアピールすることもありますが、場合によっては、少し話しを盛ってしてしまうことがあります。

他の人と同じようなアピールをしていたのでは採用されないのではないかと思ってしまうためです。

他の人にはないものをアピールして、その場は採用を勝ち取ることはできるかもしれませんが、入社後に自分の首をしめることになってしまいます。

面接の場でできるとアピールしてしまったものが実際はそれほどできなかった場合がその最たる例です。

会社側は嘘をつかれたと不信感をもってしまい、仕事の能力を疑われてしまい、重要な仕事を任されなくなるかもしれません。

大きな仕事をしたいと思うのはよく分かりますが、いきなりそれをすることはなかなかできません。

その会社に入れば、どの年齢であってもまずは新入社員ですから、どれだけその業種の経験があったとしても、まずはその会社のルールに沿って一から仕事を覚えていく必要があります。

仕事内容を分かっていたとしてもそのようなスタンスでいかないといけません。

少しずつ信頼を得て、仕事をやっていく必要があります。自分のできることやまだできないことをしっかり把握して、転職活動をしていくことが大事になります。

会社の状況などを簡単に判断する人はうまくいかない

転職活動をする時には、まずは求人情報から雇用条件などをチェックして、働いてみたいと思ったら、企業のホームページなどをみて仕事内容を把握して応募するのが一般的な流れです。

転職がうまくいく人は、少ない情報だけでその会社を判断するのではなく、実際に会社を見学に行って会社の雰囲気を感じるようにします。

ホームページなどだけでは、実際の会社のなかを知ることはできません。

会社側からすれば、仮に悪いことがあった場合には、それはホームページに記載しなければいいだけです。

生きた情報を手にいれることによって、判断する情報が増えて、やりたい仕事がしっかりできると判断し、採用されたとしても会社とのミスマッチが起こりにくいなどメリットだらけです。

悪いことは何もありません。転職に失敗する人は、他の企業よりも給与が高いからとかこの会社といえばこの仕事だから入社すればきっとできるだろうとか、自分に都合のいい解釈をして、少ない情報で簡単に会社を信用し、応募することになります。

給与が高いということは、それ相応の仕事をするわけですし、仕事の内容もその人の立場によって大きく変わってきます。

入社したら、会社とのミスマッチが発生し、会社にとっても働く人にとっても何もいいことはありません。不幸せになるだけです。

そうならないためにも、情報を様々な手段を使って、できる限り多くの情報を集めて、判断材料を増やすことが大切になります。

今までやってきたことが役に立たない業種に転職する人はうまくいかない

転職をするときには、今まで経験したことのない新しい業種に転職をしたいと思うことも多くあります。

もし、20代であれば、未経験の業種に転職する場合、この仕事をやってみたいという熱意を前面に押し出してアピールすれば、もしかすると採用ということになるかもしれません。

30代以降であれば、この手法では、極めて採用が難しいのは明白ですが、20代であっても大事なことは今勤めている会社の業種と少しでも関係する会社に転職することです。

全く知識のないものよりも、多少なりとも知識を活用することのできる会社に就職できれば、早めにその会社の戦力になることができます。

何も対策をせずに全く未経験の業種に転職すれば、失敗する可能性が高くなります。

失敗しないためにも、その業種に関係するような資格を取得しておくとか、すんなり入っていけるように人脈を得ておくとか自分なりに努力をしてから転職活動をすることが大切になります。