人生から切り離すことのできないもの、それは仕事をするということです。しかし、様々な理由から今の会社に居られなかったり、転職することになったりと、理由は多々あると思いますが多くの人の頭に転職の二文字が浮かぶと思います。では実際に転職する際にどうすればいいのかということをお話していきたいと思います。

情報を収集する

 

まず、転職するにあたり一番大事なことは情報収集です。どのような仕事がしたいのか、収入はいくらくらい欲しいのかどのような事に注目して仕事を探すのか、人それぞれ注目するべきポイントはあると思います。それが見つからないと言う方はひたすらに求人サイトや求人誌を見ることをお勧めします。自分が知りえなかった仕事の情報がそこにはたくさん載っていて、こういう仕事もあるのかと色々な仕事があることを知る機会になります。

最初からこういう仕事がしたいと決まっている人はその仕事を探せばいいのですが、そうでない人にとってはやはり転職するのは並大抵のことではないのです。情報誌には求人だけでなく、セミナーの情報も載っていますのでそれを参考にすることも出来ます。いろいろなところで求人を確認していくうちに自分が本当に興味が出てくるものと出会うことが出来ます。

仕事をすることは一生付きまとうので妥協して決めてしまうと長く続かなくなってしまうのでまずはこの方法で情報収集をします。そして自分が興味が持った仕事がなんとなくでも見つかったら今度は、その仕事について徹底的に調べます。仕事内容や、収入面、就業時間などです。ネットで調べれば簡単に情報が出てきますので、必ず調べるようにします。興味はあってもその仕事のことを知っていなければ次には進めないのです。

 

収集した情報をまとめる

 

その次に調べたことを自分なりにまとめます。一番いい方法は紙に書くことです。今は電子機器などが流行っていて簡単にメモを取ることができますが実際に書くことでその仕事への執着心ややる気が変わってきます。

なので必ず自分の文字でメモをしてデータをまとめて下さい。まとめ方は自分の見やすいようにまとめます。例えば、この仕事はこういう内容で収入はこれくらいで就業時間はこの時間でこの仕事をするためにはこの資格が必要で、といった感じでまとめればいいです。そうすればその仕事が一体どんな仕事なのかが鮮明に見えてきます。そのうえで本当に自分が出来る仕事なのかも見えてきます。

もし、この仕事が自分に向いているのか不安になってしまったら適性テストを受けてみるのもいいです。ネットで調べれば出てくるので簡易的なもので構わないのでやってみるのをお勧めです。そこで出た結果が自分にとっていい結果か悪い結果かわかりませんが、例え悪い結果だったとしてもそれでも私はこの仕事がしたいんだと逆にやる気が出てくることもあります。それが自信に繋がります。そうなってくれば転職も怖くなくなるはずです。

 

やらなければいけないことが見えてくる

 

まとめることが出来たら、今自分がやらなければならないことが見えてきます。資格を持っていないと就業できないのか、就業してからでも資格を取ることができるのか、経験年数が必要なのか、そのまとめた内容によって動きやすくなります。転職は大事な事ですから興味がわいてこの仕事に就くと決めたのであれば確実にその仕事に就ける努力をしていきます。

その仕事に就くために何年経ってもいいという気持ちもその一つと言えます。要約すると、これからの人生設計をするのです。すぐに就職活動に移るというよりもその仕事に就くための就職活動といっていいです。最初にすべきことを明確にします。その仕事に就くためにはまずこれをしなければならないというこであればそこをクリアするためには何をしたらいいかを考えていきます。

就業してからでも資格を取ることが出来るのであれば就業する前から勉強を始めます。少しでも有利にするためにはやりますよと言ってから始めるのではなく言われる前から始めてしまうのです。資格を取ってから就業したいのであればその勉強の時間がとれるような繋ぎの仕事をすることも大事だと言えます。

その時間が最も取れやすいのは契約社員や派遣社員ですのでそれを視野に入れて考えることも必要です。派遣社員であればある程度の融通が利きますし最初から何ヵ月だけ仕事がしたいと言うことが出来るので繋ぎとしてはかなりお勧めです。

 

まとめ

 

最も大事だと言えるのは、これから始まる大変な就職活動で心が折れないことです。転職するにはそれぞれ理由があって転職するわけですから、周りに止められても結局は決めるのは自分なので転職するという強い気持ちをもって心が折れないようにして下さい。

折れてしまうと今まで溜めてきた情報や興味が出ていたことなどが全て無駄になってしまいます。

なかなか就職先が決まらなくて不安なときは専門家やセミナーに行って自分の気持ちを吐き出し、手助けをしてもらうこともひとつの方法です。転職することは決して悪いことではなく、むしろ新しい自分と出会ういい機会なので恐れずに進むことです。