会社に入った後、一定期間を経過すると正社員であれば有給休暇を取得することができます。有給休暇の使い方についてはそれぞれの会社の就業規則等で決められていますが、基本的なことはどこの会社でも同じことでしょう。

しかし、有給休暇がせっかくあるにもかかわらず、使用することができないということがあります。そこで、有給休暇を使うことができない原因についてまとめていき、その会社はブラック企業にあたるのか検証をしていきたいと思います。

 

有給休暇をとる権利

有給休暇は正社員でも、パートでも、アルバイトでも、派遣社員でも、入社して半年(6か月)経過していて、出勤日の8割以上出勤していれば基本的に誰にでも付与されなければならないものです。

これは労働者の当然の権利として保障されているものです。
所定労働時間や、一週間の所定労働日数によって、付与される有給休暇の日数などは変わりますが、正社員だけのものではないことは知っておきましょう。

基本的には、労働者が指定した日に有給休暇が与えられます。
ただし、事業の正常な運営が妨げられる場合は、使用者に休暇日を変更する権利があります。

有給休暇の申請に関する細かいルールは、各企業の就業規則などに記載されているのが一般的です。その場合、何日前までに申し出ることなどが定められていたりします。

会社によっては、体調不良などやむを得ない状況では、事後の有給申請も認めてくれるところもあるでしょう。

人数ぎりぎりのところで仕事を行っているから

有給休暇を使うことができない原因は、使える状況にないことと使えるにもかかわらず使わせてくれない状況の2つがありますが、まずは前者の場合です。比較的従業員数が余裕のある会社では何人か休みをとったとしても、人の配置を考えることによって、仕事の効率を落とさずに仕事をまわしていくことができます。しかし従業員数に全く余裕がない状況では、1人休みをとってしまうと業務が滞ってしまう状況になることを考えると、休ませたくても休ませることができないということがあります。

人数が少なければ、一人一人が抱えている仕事の量が多く、他の従業員が仕事の内容を把握しきれていないことがありますので、その人が休んでしまうと仕事が進まなくなり、納期までに終わらせることができない可能性があります。

立ち上げたばかりの会社でこれから成長していこうとする会社や退職者が大幅に出てしまって求人を出しても穴が開いたところを補充しきれていない会社や倒産しかかっている会社などにこのような傾向があります。上の人間に休ませてあげたいけど休ませることができずに申し訳ないという気持ちがあるのであれば、改善する余地がまだありますので、ブラックな会社であるとはいえないでしょう。

有給休暇を取ろうという空気がないから

次は後者の1つ目の原因です。有給休暇をとろうと思っても、会社内でとっている人がいない場合、特に会社内での立場が下の方であった場合、自分からこの日に有給をくださいと言う勇気がでてこないことがあります。立場が上の人が、有給を活用してくださいということを全員に周知すれば、立場が下であったとしても積極的に使うことができます。

しかしそのようなものもなく、立場が上の人も有給を使っていない状況があれば、仮に有給を使うとまわりからは、全員が一生懸命仕事をやっているにもかかわらず、なぜあいつが有給を使っているんだということをささやかれてしまうことを心配し、有給をとることがなかなかできません。このような空気になっている原因は、一番トップの社長にあることが多いです。

例えば一代で築き上げた会社であれば、会社を大きくするために社長は寝る間を惜しんで働いたことでしょう。最初は右も左も分からず、ただ一生懸命に仕事をして、次第に人脈が広がっていって、業績を伸ばしていった、周りの助けを借りながらも自分が会社をここまで大きくしたという自負がありますので、従業員に対しても同じものを求めてしまいます。

生産性の高い仕事を求めることは間違いであるとはいえませんが、無理強いをしてしまっては意味がありません。生産性の高い仕事をするためには、適度な休息が必要です。時には仕事のことを完全に頭の中から離して、自分の好きなことをしたり、大好きな恋人や家族と過ごしたりしてリフレッシュをすることにより、頭のなかが整理されて休み明けはフレッシュな状態で仕事をすることができて、より良いアイディアが浮かんできたり、効率的な仕事をしたりすることができることでしょう。

社長が率先して仕事の空気づくりをしなければいけないところを怠っているようであれば、会社の空気はどんよりしてしまいます。活気にあふれなくなり、一人一人の業務の効率も下がってしまい、いいことが何もありません。よって、ブラックな会社であるといえるでしょう。

世界の中でも、日本は有給休暇の取得率が低いようです。

有給の申請をすると上司に嫌みを言われたり、休む理由をしつこく聞かれたりした経験をした人も少なくないかもしれません。しかし、本来有給休暇の取得は当然の権利ですから、理由を伝えなければならない義務はありません。

でも、業務を円滑にするためや、職場での人間関係を良好に保つためにも、ある程度の融通や、一般的な会話は必要でしょう。業務が忙しくなる時期が分かっていながら、たいした理由もないのにあえてそこで有給休暇を取得したいなどと主張するのは、権利の濫用となるかもしれません。

雇い主側も、従業員側も、お互いに思いやりや誠意をもってよりよい職場環境を作っていこうという心構えも必要です。

そもそも有給休暇の存在を知らせてくれない

後者の2つ目の原因です。有給休暇は労働者に認められた権利のなかの一つですが、自分から積極的に言ってしまうと心象を悪くしてしまう可能性があるため、言いにくいものです。そのような状況を避けるために、会社からは今年度は何日有給休暇がありますので、できる限り使ってくださいというようなことを周知してもらえれば、積極的に使うことができます。

しかし、そのようなことを会社からは一切言うことはなく、そもそも有給休暇が存在することを労働者に知らせていない場合があります。有給があるのかないのかを聞くことは大変勇気がいることです。勇気をもって、聞くことができれば、会社は従業員に対して説明する義務がありますので答えなければなりませんが、聞かない限りそのままになって全く有給休暇を使うことができません。知らせるべきものを知らせないということをしていますので、このような会社はブラックであるといえるでしょう。

会社の売り上げのことしか考えていないから

後者の3つ目の原因です。会社はどれだけ売り上げをあげたのかを気にすることは当然のことです。ただし、売り上げだけを優先するがあまり、それ以外のことがおろそかになっていることがあります。売り上げを出すためには、それ相応の労働力が必要なのはもちろんですが、労働力を確保しようとして従業員を休ませないことが出てきます。

有給をもし取ろうとすれば、会社のことを一番に考えて働いてくれ、お前はみんなが一生懸命働いているときになにをしているんだと思い、従業員のことを何も考えていない場合があります。頑張っている従業員に対してたまには休んでいいよという親心がなく、数字だけが上がればいいと考えています。

もし、忙しすぎる仕事に耐え切れず退職しようという人がでてきたとしても、今の数字がよければそれでいい、後はいなくなった部分は補充して今までどおりやっていけばいいと頑張っている社員に対して失礼な態度を取り続けます。仮に会社の繁忙期であれば、百歩譲って今は大事な時期だから一生懸命働いてくれという気持ちがあることも事実です。

その分、繁忙期を乗り切ったら適度に休んでいいよというフォローをしておくことは欠かせません。さほど忙しくない時期になって有給を取ろうとしたら、何も理由を言わずに却下されるということがあれば、その会社が有給を従業員が取ることに対してかなりマイナスなイメージを持っていることを否定することはできないでしょう。有給を申請しても通らないことが確実な状況では、その会社がブラックであることは間違いありません。

 

有給を取りやすい環境へ変わってきた社会

しかし、有給休暇の取得率を上げようと取り組んでいる企業も多くなってきています。なかなか有給を取らない社員には、会社の方から有給の消化を促すというところもけっこうあるのではないでしょうか。

過労死防止や、労災事故などの防止のためにも、従業員の健康を考え、有給消化を推進している企業が増えていますよね。政府も、働き方改革で、年間の有給休暇消化日数が5日未満の従業員には、会社が有給休暇を取得するべき日を指定することを義務付け、平成31年4月から施行されます。

上司の顔色一つで、休めたり休めなかったりというのは、もう時代遅れになってきています。

 

ブラックと言われない会社

少なくとも労働法関係の法律に違反して、労働基準監督署などから指導を受けていたり、送検されているような会社はブラックです。最低限のルールさえ守れていないということです。

しかし、労働基準法はあくまで最低限のルールですから、それに定められている以上に従業員に優しい、より良い労働環境を作ろうと努力していく企業もたくさんあります。有給休暇についても、毎月一回は有給休暇を消化することを推奨しているという企業もあると思います。

当日風邪をひいてしまったので、急遽欠勤した場合でも、あとから有給休暇にできるという会社もあるでしょう。

また、有給休暇を時間単位で取得できる会社もあるかもしれません。
時間単位とまでいかなくても、「半休」というかたちで、有給休暇を0.5日単位で消化できる会社もあります。
そんな会社がある一方で、いまだに「有給休暇なんてあるわけないだろ」なんて当たり前のように非常識なことを言っている会社もあるわけですから、そんな会社に言いくるめられないためにも、正しい知識が必要です。

あえて会社と揉めることはありませんが、本来当然の権利として与えられるべきものは、ちゃんと主張して良いのです。雇われる側にちゃんとした知識があることが分かれば、会社側の態度も変わってくるかもしれません。

ブラックな会社は、何も主張してこない、何も知識がない、大人しい従業員にはとことんブラックな条件を押し付けてくるかもしれないからです。

正当な権利を主張することは、決して非難されるべきものではありません。有給休暇を取得したいというのは、わがままでも怠け者でもないのです。

会社に協力できるときは、しっかりと協力して、誠実に仕事をこなし、休むべき時には、しっかり休めるというのが、正しい労働の在り方なのです。

まとめ

有給休暇を取得できない会社は、一部の理由を除いては理不尽な理由が絡んでいることが多いですので、ブラックな会社であると考えて間違いありません。しかし、理不尽な理由とはいえ、自分一人で解決しようとしてはいけません。立場が悪くなってしまう可能性があります。

その会社を退職して他の会社に転職しようと思っているのであれば、問題は放置して構わないと思いますが、もし働き続けたいと思うのであれば、ハローワークや労働基準監督署などの力を持っている機関に一度相談してみるのがいいでしょう。問題があるということを伝えれば、もしかしたら行動を起こしてくれるかもしれません。問題が解決する方向に向かう可能性がありますので、一人で悩まずに試してみる価値はあるでしょう。